ここから本文です
すってんてん
釣り、猟のお話など無軌道に射出中です。

書庫全体表示

捲土重来、鴨川討伐!

いやね現地到着後、車降りたときに波音が大きいなとは思ったんですよ。
出発前の予報では1.5mウネリありだったんです。
昨日の波が2-1.5mウネリありだから、

当然今日は安パイだと思うのが初心者スペック













しかし海はこの状況だ!
イメージ 5
昨日よりもワイルドな海・・・・・

堤防の上。
絶望とともに立ち尽くす、
ただ、置物のように立ち尽くす。
行って見なけりゃわからないそれが海(プロスペック)
ずーんと立ち尽くす。

そしてそっと背を向ける。


まったくよー、もうちょっと待ってればおさまるんかー?
現状投げるのきついべよー

と言う訳で地元に取って返しました。


イメージ 1
なんて平和な内房の海

浜で投げようかと思ったのですが、雑魚でもいいから釣りたい!
なにせ昨日の夕方も夕日眺めただけだったし!(えーえー、例によって富浦撃沈)

ここなら母のような愛情でささくれ立った私の心を癒してくれるはず。


それがここ↓
イメージ 6


ここからジグサビキを投げれば、エソ、いわし、カマス、アジなんかが釣れちゃうのです。
ついでにマゴチもつれちゃいます。

イメージ 7
2週間ぐらい前。ジグサビキ、ジグパラ40gに食いついたマゴチくん。夜のお刺身行きw

イメージ 3
ジグサビキ、小物から大物まで楽しいですよ。因みに使ってるサビキはこれ

何かしら釣れてくれるときが多いのでモチベーションを保てます。

一回ジグを海の底に沈めてから。

(着水したら少し糸を巻いてルアーの重みを感じながら数を数えてして着底を待ちます
数を数えるのは深さを知る為です。底まで6だったら3で巻けば中層を引くことが出来ます。
底にいる魚、中層や表層にいる魚によって引くところを変えて釣っていきます。
着底は竿先が少し下がってもどり、ルアーの重みを感じなくなります。
慣れてくると竿先を見なくても手元の感触でわかるようになります。
私を含めた初心者にぴったりな釣り方なので是非)

竿をしゃくって一回リールを巻く。何でも釣れるワンピッチジャークってやつですね。
ワンピッチジャークでたまに底を取りながらやってると必ずつれてくれる菩薩のようなお魚が

それがこいつ!(天ぷらで私の朝飯にw)
イメージ 2

エソ菩薩。貴方に何度癒されたことかw
一投目、三投目とぽんぽんつれたが、その後満潮潮どまりでピクリとも・・・・
まったくよー、菩薩パワーも潮どまりにはかないません。

ふと堤防の横を見ると
イメージ 4

まったくよー堤防の上でバーベキューやるんじゃないよ!あげくに残骸捨てていくし・・・・
このゴミは私が持ち帰りました。


まったくよーな朝マズメから、本日も始まるのでありました。

夕方釣れるかなーまったくよー

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事