ここから本文です
M-あ〜と・さ〜くる (臨床美術とくしま)
(臨床美術とくしま)として活動を始めました。尚、ブログ内の画像の転載はご勘弁を・・・

書庫ギャラリー

すべて表示

イメージ 1


1月のセッションは昨日『なにか不思議な形(カード仕立て)』という臨床美術プログラムを実施しました

〜折りたたんで描いた形が、紙を開くことで新たな形を生み出します。そして、新たな形の間を即興的に結び付けて描く面白さを楽しみます〜

プログラムの説明どおり 直感で即興的に描く墨の線や形 また色鉛筆で彩色していく過程から 出来上がった作品はこちら!
 制作時間実質40分ほどのスピード感とライブ感に心地よく浸ることができ 気持ちに余裕の余韻も感じられたひと時でした


詳しい説明は規定により記載できませんので
画像でご覧いただきましょう

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

イメージ 6

個人差はありますが 完成までの制作時間はほぼ1時間足らずですが とても集中できました

今年最初の鑑賞会は時間的な余裕ということもありゆったりした気分で始まりました

イメージ 7

この日お久しぶりにご参加されたHさん(差し入れをありがとうございました)
それぞれ初対面の方もいらっしゃるので 軽く自己紹介などもすませ
並んだ作品について 会話も弾みます

・墨を画材に使うと 迫力があるねぇ
・着色部分の斬新で個性的な発想に 刺激をもらいますね
・先日TVで目にしたガウディーの作風に感化されて表現してみました
・描いていくうちに歌舞伎のイメージが重なって表現していました
・春の芽吹きのイメージがしますね
・風の流れや香りを感じる画面になっていますね
・描いているうちに 痛みや憂鬱や焦りが無意識に画面に顔を出した気がします

などなど 様々な感想が交錯しました

その後はフリートーク♪
普段の仕事や雑事に追われ 自分の時間がなかなか持てない大人にとって
アートを通じて贅沢な時間になりました


さて この日管理人&メイン講師Mは 数日前に左腕を骨折6日めだったため
片手だけのセッション実施でした
それでも 参加された皆様のお心遣いをいただき 無事実施でき 感謝でした
何より 管理人M自身が 臨床美術に癒された2時間でした


来月は現時点では2月16日(土)セッション実施予定です
初めての方も含め 皆様のご参加をお待ちしていますね〜( ^)o(^ )






本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事