北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]


この記事の続きは、昨日書いてアップしようと思っていたが、いろいろ予定がたて込んでいて遅くなってしまった。
それにしても、なかなか書き方が、難しい。

当初の予定では、『朝日新聞』が5日、6日と連続して掲載した『慰安婦問題』の特集記事に関して、かなり詳しめに取り上げようかと思った。
しかし、この時期、急にいろいろ用事が出来てしまった。

(昨夜は、よせばよいのに、『特定秘密保護法』の施行令、運用基準案のパブリック・コメントに関する『学習会』にまで参加してしまった。なかなか難しい内容を含んでいるが、ぜひパブリック・コメントは自分でも提出するようにしたいと思っている。)


そこで、書くべきことの最低限にしぼって書いていきたいと思う。

今回の『朝日新聞』の対応については、不可思議な点が多い。
まず、なにゆえに、朝日が単純な『訂正』『謝罪』をしないで放置してきたのか、ということである。
第二は、逆に、なにゆえに、朝日がこのタイミングで『訂正』『謝罪』をしたか、ということである。

朝日は、何を考えているのか?
(もっとも、朝日の意図がどのようなものであったとしても、その通りに事態が動くとは限らない。)

私の印象では、今回の『訂正』『謝罪』の対象となったこと(その中心は、吉田清治なる人物がしゃべったり、書いたりしたことである)は、特に『訂正』『謝罪』をしなくとも、『慰安婦問題』に関心を寄せたおおかたの日本人にとっては、既に『常識?』となっていたことであったと思う。

だから、今回の『訂正』『謝罪』があったとしても、『慰安婦問題』についての、日本国内の対立構造が一挙に解消することはないと思う。

というのは、現時点では、むしろ『慰安婦問題』について、『日本は何も悪くない』として『戦時下における<慰安婦>と呼ばれた女性の問題』を全く、『問題ではないと考えるかのような見解』−−こうした見解が正しいのか、正しくないのか、このことが中心論点に移行しつつあるように感じている。

いわば、『産経新聞』をはじめとする、『反<反日>』を掲げる人々は、『やりすぎてしまった』のである。
彼らが、声高に『反<反日>』を叫ぶほど、ますます『日本のイメージ』が低下するという現象が、今日、生じている。
これこそが、今日の中心論点である。

彼らは、あたかも朝鮮半島という、当時、日本の植民地であった地域に住んでいた女性たちのこのような『あり方』が、自ら望んで性を商品として提供して『極めて高い報酬や待遇』を獲得する、そのような人々であったかのように描き出している。

こうした『描き方』『とらえ方』が、今日の日本人の、『物事のとらえ方』として、果たして胸を張って主張できるような類のものなのかどうか、それこそがむしろ、問題なのだと思う。

はっきり言って、『朝日新聞』の今回の対応は、極めて疑問が多い。
(しかし、私としては別に『朝日新聞』を信じてきたわけではないので、それほど『意外な』印象は受けない。)
だが、それ以上に、今回の対応により、むしろ『ボール』は『産経新聞』やあるいは安倍首相の側に投げ返されたと言っても良い。

はたして、安倍首相が今後、どのような対応をしていくのか?
『産経新聞』が何を主張していくのか?

それを見守り、必要な反撃をしていかなければならない。


 
 
 

[https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
 
 にほんブログ村のランキングに参加しています。
 この記事が面白いと思われたかたは、上記URLをクリックしてください。


閉じる コメント(20)

顔アイコン

貴方はもう少し当時の朝鮮半島の生活がどのように悲惨で過酷であったを知るべきだ。その後、慰安婦問題云々を語ったほうが良いと思うよ。

2014/8/9(土) 午前 8:04 [ rin*3*22*to ] 返信する

顔アイコン

大変、恐縮ですがあなたは私の書いていることをまったく、誤解されておられます。私の書き方が悪いのだと思いますけど。私の書いていることはあなたの書いていることと、同じ趣旨です。

2014/8/9(土) 午前 8:11 [ 北京老学生 ] 返信する

顔アイコン

補足します。上記のコメントを書かれたかたのリンクをたどって、このかたのブログをのぞいてみました。ざっと見た感じでは、私の主張とだいぶ、異なっているようでした。私の上記、コメントの趣旨は、あくまでもこのかたの(コメントとして)書かれた内容に対応したものです。

2014/8/9(土) 午前 8:17 [ 北京老学生 ] 返信する

顔アイコン

中国とか朝日新聞とか、やはり自分の好きなものに対する批判は急に歯切れが悪くなりますね。
ネトウヨも日本に対する批判は歯切れが悪くなるし、その点は右も左も一緒ですねえ。

2014/8/9(土) 午後 2:26 [ - ] 返信する

顔アイコン

残暑お見舞い申し上げます。
お久しぶりですね。

老学生さん、読解力不足であったり、特に文章を斜め読みだけして自分の都合の良いようにしか解釈しない読み手というのは、その釈明や反論をも同じように斜めにしか読まないので、言うだけ無駄のような気がします。

このページの記事以外にも、勝手に決め付けて勝手に勝者気分になっているコメントを見かけましたが、不愉快にさせられるというよりも、何だか変な必死さを感じてしまいます。

こういう何かの手先みたいな読み手に翻弄されることなく、老学生さんらしい筆力のある記事を楽しみにしています。

頑張ってください。 削除

2014/8/10(日) 午前 0:18 [ kyoko ] 返信する

顔アイコン

trigunさん、私は別に安倍首相と朝日新聞と等距離の位置に立っているつもりは毛頭ありません。朝日を批判しているのは、安倍首相と真剣に対峙しようとしているように見えないからです。私は、今日本で起こっていることを、芝居を見るように観察するつもりはありません。そういう意味で、違った感情をお持ちになるのかもしれません。

2014/8/10(日) 午前 9:59 [ 北京老学生 ] 返信する

顔アイコン

kyokoさん、ていねいなご挨拶、有難うございました。
いろいろ、書きにくい問題が多いですが、それだけ『書きがい』を感じることもあります。コメントへの対応は難しいことが多いですが、『善意の人』であれば、意見がことなったとしても極力、排斥しないように対応して行きたいと考えています。

2014/8/10(日) 午前 10:08 [ 北京老学生 ] 返信する

結局、未だに「慰安婦」を問題にしている連中は、なにを問題にしているのでしょうか。(広義の強制性などという主張は噴飯ものですが)そもそも吉田証言を根拠にし、慰安婦イコール性奴隷だと大問題化したのは、これが所謂ユス=コーゲンスに違反する「人道に対する罪」だから、ということではなかったのかと。
しかし、国家によるそのような人道に対する罪など濡れ衣に過ぎなかった。
女性の人権、自由意思の有無などという形而上学的な空論はやめるべきでしょうね。

2014/9/13(土) 午後 4:06 [ フレディ ] 返信する

顔アイコン

未だに『慰安婦』を問題にしている人は、何も私のような人間に限りません。雑誌『文芸春秋』の今月号で、塩野七生さんが書かれている文章(10ページほど)の立ち読みでもされることをお勧めします。
この人は、もちろん、『左』でもなんでもありませんが、インドネシアにおいてオランダ人女性を慰安婦にしたという事実があったことを問題にしています。
塩野さんは、かなり『本音モード』でお書きになっていて、『欧米人を敵に回してはならない』(欧米の白人の多く?は、本音ではアジア人の『慰安婦』についてはさほど関心はないが、自分たちと同じ白人が『慰安婦』にされた事件については敏感であるとの見解)と主張しています。ここで挙げられている事件は、実際に兵士が強制連行をして戦犯裁判にかけられた事案です。
こうしたことを含めて、『日本のやったことは正しかったのだ』というような主張ばかりしていると、アジア人だけでなく欧米人からも、ひんしゅくを買ってしまう危険性は大いにあると感じています。

2014/9/14(日) 午前 9:14 [ 北京老学生 ] 返信する

白馬事件と朝日新聞の報道(意図的に徴用と女性の強制連行を混同させた)に端をはっした所謂従軍慰安婦を同列に語るのはどうなんですか? というか、この二つの事案はその問題の責任の性質が全くことなります。まさかとは思いますが、聞かれてもいない白馬事件をわざわざ持ち出したのは、代表性、連想性バイアスを利用して個から全体へとその責任範囲を拡大させようという利用可能性ヒューリスティクスへの誘導を意図していますか?。塩野氏の見解などどうでもいいし、日本軍や日本国が正しかったなとという主張は、一般論だろうが私は主張していませんが?。

再度聞きますが、慰安婦の一体なにが問題なんですか?

2014/9/14(日) 午前 9:42 [ フレディ ] 返信する

>ここで挙げられている事件は、実際に兵士が強制連行をして戦犯裁判にかけられた事案です。


連合国による軍事裁判は、戦争犯罪者が同じ戦争犯罪者を裁いた政治的茶番もいいとこですね。欧米人が道徳的倫理的非難を日本人に加えてくるなら、今までの欧米の戦争犯罪や奴隷貿易、征服を列挙して突きつけてやればいいのでは?。

「戦争の勝敗の結果としての軍事裁判に初めから正義などない。なぜお前たちはそんなに偉そうな面をして粋がっているのか?嘗てイスラム帝国全盛の頃、同じ白人を奴隷としてアラブ人に売りまくり、イスラムの先進的な文物を手に入れていたお前らがなにを言っているのか。イスラムを排除し海洋覇権を握った後の大規模な奴隷貿易で、途中で死んだ奴隷もあわせて一億人近い人間を奴隷として扱った責任はいつとったのか?」と。

2014/9/14(日) 午前 9:52 [ フレディ ] 返信する

顔アイコン

フレディさん、活発にコメントをいただくので(今後、それへの返信はしますが)、いったいどういう考えのかたかと思って、ブログを拝見させていただきました。

<朝日新聞が未だに広義の強制性とかほざいているが、その主張のあまりに論理性の欠落ぶりは目を覆わんばかりであるwww。どこの世界の性奴隷が、休みを貰えたり年金に加入できたり高給を貰えたり客を断れたりダイヤモンドを買えたり外出許可を貰えたりするんだ(笑)。強制性を問題にするなら、国家における統治システムこそ、最も強力な強制と暴力の体系で成り立ってるだろ(笑)。朝日新聞は無政府主義者を称賛するのかね?(笑)。>
こういう主張をされているかたということで、間違いないでしょうか?
これは、私の回答ではなく、今後、回答をするための予備作業です(笑)。

2014/9/14(日) 午前 10:18 [ 北京老学生 ] 返信する

ブログ主さん

あなたが引用している私の記事の一部ですが、私の主張の一部で間違いありませんが、これはほんのごく一部、些末な部分です。ですから最後に(笑)とつけています。慰安婦関連の記事は他にも書いていますので、もし私の主張をしりたいなら、そちらもきちんと読んだ上でお答え願いますね。

2014/9/14(日) 午前 10:36 [ フレディ ] 返信する

蛇足ですが、私の質問に答える前に、質問で返すのはどうなんですかね?。

「慰安婦の何が問題なのか?」

私の聞いているのはたったこれだけなのに、塩野氏を読めだの白馬事件がどうだの、あなたがあなた自身の見解でもって質問に答える上で、一体なんの関係があるんでしょうか?

2014/9/14(日) 午前 10:43 [ フレディ ] 返信する

顔アイコン

フレディさん、私が上記のあなたの文章を載せたのは、あなたがどういうタイプの人物であるかが、わからないと、回答を書きようがないからです。
私は、まじめなタイプのかたであれば、私の考えとそうとう、かけ離れている方と議論するつもりはあります。ただし、『議論』自体を目的とするタイプのかたとは、時間がもったいないですし、このブログが荒れてしまうので、付き合うつもりはありません。

『慰安婦の何が問題なのか?』
私に聞く前に、ご自分で考えたらいかがですか?

左翼用語を乱発して文章を書いてみたり、あるいは、時には安倍首相を批判したりというような、華麗なブログ?を書かれている方と『応対』している暇はありません。
もし、知りたいなら、このブログに書いてあることを読んで、研究してください。

2014/9/14(日) 午前 11:22 [ 北京老学生 ] 返信する

顔アイコン

補足:塩野氏の文章についてコメントしたのは、塩野氏が保守の立場の人であるにもかかわらず、『慰安婦』問題でどのような懸念が欧米で広がる可能性があるか、それをリアルに指摘しているから、参考情報としてあげただけです。

2014/9/14(日) 午前 11:24 [ 北京老学生 ] 返信する

そうですかそれは残念ですね。何が残念かというと、


>私は、まじめなタイプのかたであれば、私の考えとそうとう、かけ離れている方と議論するつもりはあります。

安倍晋三と同じように、仲の良しのお友達としか議論をしたり意見を交換したりするつもりがない了見の狭い人間では、知識や知見の発展はないでしょうから。

>ただし、『議論』自体を目的とするタイプのかたとは、時間がもったいないですし、このブログが荒れてしまうので、付き合うつもりはありません。


質問しているのはたったの一つ、慰安婦の何が問題だと考えているのか?だけなのに、一切答えず、研究しろで終わらせるような不真面目な方は、お友達同士で永久になれ合っていればいいと思いますね。私は、慰安婦問題について、刑事民事上の国家責任や、国際法上非難に値するような違法性はないと考えています。いますから、あなたに聞いているのに、自分で考えろとは、仮にもコメントをした人間に対し失礼にもほどがありますね。

2014/9/14(日) 午後 0:40 [ フレディ ] 返信する

>左翼用語を乱発して文章を書いてみたり、あるいは、時には安倍首相を批判したりというような、華麗なブログ?を書かれている方と『応対』している暇はありません。


意味不明です。皮肉だとしても、質問に答えない理由になっていません。大体左翼用語なんてものに明確な定義や範囲などありませんし、だからどうした?という程度のお話ですね。例えば所謂左翼とやらが、保守という表現を用いることのなにが問題なんでしょうか?。


>塩野氏が保守の立場の人であるにもかかわらず、『慰安婦』問題でどのような懸念が欧米で広がる可能性があるか、それをリアルに指摘しているから、参考情報としてあげただけです。


馬鹿馬鹿しい。それは慰安婦それ自体についての問題などではなく、塩野氏が考える政治的理由による影響のことでしょう。勿論、塩野氏は万能でも全能でもありませんから、この認識がどれだけ妥当かどうか別の問題です。というか、塩野氏って保守なんですか?それは初耳です。なにを持って保守だと考えているか知りませんが、あなたにはハイエクの私は保守主義者ではない、という小論文を読むことをお勧めします。

2014/9/14(日) 午後 0:52 [ フレディ ] 返信する

顔アイコン

フレディさん、コメントをしないと書いただけでも、これだけコメントを頂けるのですから、うんざりですね。
あなたがどういうタイプのかたかは、ブログを拝見して、直感的に理解しました。
他のブログで、遊び相手をみつけてください。

2014/9/14(日) 午後 0:55 [ 北京老学生 ] 返信する

顔アイコン

いつまでも、しつこくコメントを書く方がいるもので、削除しました。悪しからず。

2014/9/14(日) 午後 1:14 [ 北京老学生 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事