北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

昨日(27日)は、またまた病院に高齢の母親の付き添いで行った。
ちなみに一昨日は、さらに高齢(90代後半)の父親の付き添いで、都心の病院に行った(弟と交代で、両親の世話をしているが、今回は私の番になった)。

実は、明日(29日)は、今度は自分の病気の関係で、神奈川県内の病院に行かなければならない。
一週間に3回も病院に(しかも別々のところに)行かなければならないようなハメになってしまった。

(自分の病気については、そのうち、何か状況の変化があったらネタ?にするが、今のところ、それほど深刻な事態ではないと自分自身では考えている。)

病院に行くと、よく待合室のテレビで、NHKの『国会中継』を流している。昨日の病院でもそうだった。ただし、ボリュームをかなりおさえているので、何を言っているのか、最前列に椅子にすわらないと聞き取れない。

昨日は、病院では民主党の岡田代表や長妻議員の顔などを見た。
(午後の)維新の松野代表の質問は部分的に聞いていた。

(朝の早い時間は、『あさイチ』で沖縄特集をやっていた。面白そうなので、夜、自宅に帰ってから録画してあるのを見た。沖縄の基地問題を、かなりていねいに取り上げていた。国会中継で『あさイチ』が短縮版になってしまっているせいか、本日は、後半をやるようだ。NHKでは、籾井会長あたりが、文句を言っていそうな気がする。)

病院には、午前と午後の2度行った(いったん、母親を預けて措置をしてもらい、その間は、実家に戻る)。
その間に、買い物などもするのだが、まだスーパーが開く時間ではなかったので、コーヒーショップでモーニングを食べながら、新聞を見ていた。

すると、近くに座っていた老人夫婦(こちらも年寄りだが、向こうは70歳代に見えた)が、新聞を指しながら、夫が『なんだかんだ言ったって、結局は、昔の軍隊と同じなんだから』と批判していた。

どうも、安倍首相の言うことが信じられない夫婦のようだった。
日本中で、こういう人たちが増えているのだろう。

昨日は、衆議院の特別委員会での議論の初日ということで、録画してあるのを少していねいに見ようと思った。
それで、『報道ステーション』の解説などを最初に見た。

それまでも高村氏や、岡田氏の質問はその一部を見ていた。高村氏の質問は、いかにも、(自分では)『頭がいい』と思い込んでいる政治家が、国民をだますときの『慎重な言い回し』が目立ち、素直に聞く気にはなれない。
(そういう意味では、国民の『だましかた』が下手な政治家である。)

岡田氏の質問も面白いことは面白いが、(性格がきまじめなせいか?)やや単調な感じがした。
『報道ステーション』を見て、民主党の長妻氏と維新の党の柿沢氏の質問が、最も面白そう(安倍首相らが、興味深い反応をしている)と感じたので、その二人の質問は、全部、見た。

たしかに面白い(というか興味深い)内容だった。
特に私が、注意をひかれたのは、柿沢未途氏の質問だった。

この人は、質問の内容を聞いていると、かなり『保守的な思想』の持ち主である。安倍首相の主張と共鳴している部分も多いようだ。

しかし、(だからこそ?)安倍首相や中谷防衛大臣の答弁の誤魔化しに腹が立っているようだった。
安倍首相などは、途中で、明らかに、『これはまずい展開になりつつあるな』というような表情を浮かべていた。

柿沢氏が、『何を怒っていたのか』(それは、国民にとって何を意味するか)を見て行くことにしよう。
(つづく)




 
[https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
 
 にほんブログ村のランキングに参加しています。
 この記事が面白いと思われたかたは、上記URLをクリックしてください

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事