北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

14日に参加した、東京都多摩市での『認知症について』という講演会の話。
前回の『その4』から、日にちがたってしまった。
http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/20769619.html

気を取り直して、これから2回分を今日と明日の連続で書いて、『最終回』までもっていきたい。


イメージ 1


今回は、上記の4の『認知症の予防』の話から。
この講演は、一般市民向けの講演ということもあり、『認知症の予防』の話も出た。

イメージ 2


『中年期の余暇運動がアルツハイマー病を防ぐ』とあるが、私の場合、昔から『運動』をする習慣がない(労働『運動』などの運動をやっていたことはあるが…)。
認知症にかかっている母親から遺伝性の要因も、受け継いでいるであろうし、将来の『認知症』へまっしぐら?かもしれない。

その他、『生活習慣病と認知症の予防』の話もあったが、この講演に参加していた男性5人のうちの1人は、(特に聞かれたわけではなかったが)『私は、スポーツもしているし、合唱もやっている』とアピールしていた。
(たしかに、身体が身軽そうな雰囲気の人ではある。)

イメージ 3


認知症の予防のためには、『前頭葉を働かせる』ことが一番ということで、『いろいろな可能性を考える』ことも大事だという。

イメージ 4


その例として、この図のなかの真ん中の文字は何と読むと講師が、質問を投げかけてくる。
『13』と答える人も、『B』と答える人もいる。
まあ、どちらにも読めるようなものをわざと書いているわけだけど。

イメージ 5


そしてこの絵が何に見えるか?(例えば、左の絵の場合)
これは、若い女性にも見えるし、あるいは老婆の横顔にも見える(若い女性の顔のラインが、老婆の鼻のラインにも見える)。

イメージ 6


そして、この図の一つ一つの丸の色の名称を順番に口に出して言ってくれと講師はいう…。
一番上の列の左から順に、『青』『黄色』『青』『緑』『赤』『青』といった具合。


イメージ 7


こちらの絵のほうは、色と漢字がわざと違ったものになっているので、これを見ながら文字の色を口に出していくのは、どうしても遅くなってしまう。
まあ、こんな具合に、頭の体操というか『前頭葉を働かせていく』のが、認知症の予防につながるという話である。

これは、例に過ぎないので、物事をいろんな面から考えるのが、『前頭葉を働かせる』ことになる。
(ある本を読むと、例えば、自分自身とは政治的に異なる人の書いた本を読むことなどが、『前頭葉を働かせ』て、認知症の予防につながるという話も出ていた。『右』であれ、『左』であれ、一つの考え方にしがみつくことは、頭が硬くなって、『認知症』になってしまうおそれがあるのかもしれない。もちろん、これは講師が述べた話ではない。)


最後に、『おわりに 〜ご家族ができること〜』という話があった。
実は、この部分の話は、12日に出席した家族介護者向けの『認知症』の学習会のときに話されたものと同じだった。


イメージ 8

まず認知症の特徴として、『本人が強い不安の中にいることを理解して接する』ということ。
本人は、いつのまにか、自分が『どこにいるのか』『今、どんな季節なのか、昼なのか、夜なのか』わからない世界に、いきなり拉致されてきたかのような『不安』『絶望』に直面している。

また、認知症患者は時に、攻撃的になるが、それは『より身近な者に対して』向けられることがあったりする。
(攻撃される者は、たまったものではないが…)

さらに、12日の学習会と同様、『JAAD』(「アルツハイマー病研究会」の略称のようだ)の資料を使った説明がなされた。

イメージ 9


『認知症の人との接し方』でまず重要なのは、相手の『自尊心を傷つけない』ようにするということだ。
(これが、実際は、かなり難しい。)


イメージ 10


そして、認知症に対する根本的な治療法が確立されていない現在、『ご家族ができること』として…。
たとえ認知症になったとしても、その人の感情は最後まで残るし、また、『その人らしさ』というものも残っている。
認知症になっても、最後までできるだけ、その人らしい生活を続けられるように、配慮することが家族の役割だという。
(これが、実際は、またしてもかなり難しい。)

ここまでが、講演のあらまし。
参加者の反応みたいなことを、次に最後に(できる範囲で)書いてみたい。
(つづく)




https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
 この記事が面白いと思われたかたは、上記URLをクリックしてください。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事