北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

明日(6日)で、台湾(台中市)にやってきてから満一カ月になる。
今、住んでいるマンションに越してきてからは、3週間あまり。


昨日(4日)ようやく、同じ6階に入居している2軒のお宅に、カミサンとあいさつ回りをした。
といっても、私は、中国語(大陸でしゃっべっているいわゆる『普通話』)も満足にできないので、カミサンに付き添って、お辞儀をして回るだけだった。
(そのつもりだった。)

持参する『挨拶の品』を購入しようと、昨日の昼間、また『新光三越百貨店』に一人で出掛けた。
(カミサンは、疲れが出て、そしてまたパパイヤなどの食べ過ぎで、多少、体調がおかしかった。もう治ってきたみたいだが…。)


『新光三越』では、ついでに納豆が売っていたので買ってきた(上海で繰り返していたのと同じような行為である)。
納豆は、『台湾は<親日>?』と聞いているので、地場のスーパーにも売っているかと思ったら、ごくわずか、売り場の片隅に置いてあるだけだ。
(品質が心配なので、買う気はしない。)

いくら『親日』とか言っても、台湾は(日本から比べると)やはり中国に似ているところもたくさんある。
埃っぽいし、クルマ優先社会である(大気汚染は、相当、ひどいようだ。これは日本だけが、製造業の大きな工場がどんどん国外に行っているので、汚染を免れている面もあるかと思う)。


なお、先週の土曜日から、一般に『4連休』が多かったようだ。
月曜日は『児童節』であり、昨日の火曜日は、(先祖の墓参りに行くことの多い)『清明節』で連休だという。
昨日も、百貨店の前は、催事などを行っており、にぎわいを見せていた。


前に出かけた、台中駅前の『カルフール』が地下にあるショッピングモールにも、(何かギフト用の品を売っているかと思い)まず出かけてみたのだが、ここでは連休とあって、『日本商品』の販促をやっていた。


『日本一番』とか書いた、何とも珍妙な旗というか、バナーというか、垂れ幕?のようなものを、一杯、天井に掲げている。
もっとも、『日本一番』と大騒ぎをするわりには、大したものは置いていない。


もともと、普段から『日本製品』(といっても、実際は、中国などで製造されたものであったり、仮に日本で製造されたものでも、台湾人の味に合わせて変化させてあるものも多い。まあ、これは当然のことだが…)がたくさん売り場にあふれているので、あまり『変化』は感じない。


結局、『カルフール』には(ギフト用品としては)ロクなものがなかったので、『廣三SOGO』と『新光三越』に向かった(『廣三SOGO』は日本と違い、地下に食品売り場がなかったので、『新光三越』に移動した。

結局、『新光三越』で6階の2軒のおたくのために、2000円くらいの品を2つ購入して、帰ってきた。
(つづく)









https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事