北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

この記事の続きだ。


台湾に来るまで、台湾の社会について知らなかったことが、意外と多かった。
その一つは、台湾の出生率は、日本よりも低いということだ。

台湾の2015年の合計特殊出生率は、1.12だという(ちなみに、日本は1.43である)。これは、世界銀行のデータに基づくランキングで、同年、台湾のランキングは204位(日本は189位)となっていて、世界でも最低レベルの水準である。


ちなみに、2014年は1.17、2013年は1.065で、遡ると2000年くらいまでは1.50を超えていたようだが、それから急速に低下している。

『政治』の面から見ると、(結果的に)いわゆる『民主化』の進行と共に低下している。
その要因として言われているのは、所得水準の向上、女性の労働市場参加率の向上、女性の高学歴化、女性の初婚年齢の上昇などいろいろある。


なかでも、『高学歴化』は男女ともに高く、(制度が日本と異なっているので、比較しにくい面もあるが)大学進学率は日本よりも高い(制度が異なるが、高級中学及び高級職業中学から大学への進学率は、それぞれ80%、95.5%になっている)。

また2014年度から義務教育は、従来の小学校、中学校の計9年間から、高級中学校等を含めた12年間の『国民基本教育』へと移行しつつあるようだ。


さらに、高学歴化については、大学はもとより、大学院に行く人、そこで修士のみならず、博士号を取る人など、ざらにいる状態である。また、海外への留学も多く、特にアメリカなどへの留学が人気が高いという。
(現に、昨年、初の女性総統に就任した蔡英文氏自身、国立台湾大学卒業後、アメリカのコーネル大学ロースクールと、イギリスのロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで法学博士号を取得している。その後、台湾の国立政治大学などで教授を経験した後、政治の道に入っている。専門は国際経済法とのこと。

ちなみに、彼女は現在60歳だが、独身である。
このように、家庭にしばられることなく?、颯爽と自らの信ずる道を歩んでいる女性が、ざらにいる。)

もちろん、出生率の低下は、さまざまな問題を引き起こしている。
日本と同様に、『高齢化社会』が急速に進行している。


また、介護のためにインドネシアやフィリピンなどから、多数の外国人労働者を受け入れている。この政策は、1992年から始まっていて、初期のころには、さまざまな摩擦があったという(単に介護だけでなく、メイドとして家事労働を担う人も多い)。

例えば、労働者のほうが性的被害にあったり、逆に、雇用主が金銭目的などで殺害されたり、双方がそれぞれ被害者となるような事件も多発していたようだ。
それでも、時間が経過するにつれて、それなりに定着してきているみたいである。


他方、(さきほど記したような)高学歴社会であるにもかかわらず(あるいは、それゆえという面もあるかもしれないが)、若者の失業率なども意外と高いようでもある。

まだまだ、台湾で暮らし始めたばかりだから、『事情』はよくわかっていない。
特に、『政治状況』などは、日本のこと自体、理解しがたい状況があるので、ましてや外国のことなど、理解するのは(もはや就労していない年齢の者にとっては)至難のわざである。

だが、このように考えていくと、『日本は素晴らしい国だ』ということばかり唱えている、日本の一部の人たちが、かねてから<『親日の国』=台湾>と持ち上げている、そのような国とは、だいぶ、実態が違っているような気が(やはり)してくるのである。







https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

補足:このような記事を書きましたが、台湾が移民受け入れに本格的にカジをきっているかどうかは、よくわかりません。
ここで書いたのは、期間限定(短期)での外国人労働者の受け入れについての話です。
いずれにしても外国人労働者による介護・福祉人材の確保ということでいえば、日本は台湾などとある意味では、競い合って『人手確保』をしないとどうにもならない時代に、今後、なっていきそうな気がしています。

2017/4/26(水) 午後 6:57 [ 北京老学生 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事