北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

紛らわしいタイトルの記事(しかも、『前篇』…形式のもの)を並行して書いているため、わかりにくくなってしまって、申し訳ない。
これは、下記の続きだ。


これらを書く前に、<【安倍首相・2020年改憲宣言】飼い主にかみついた『番犬』 狼の本性を現して 前篇>というのを4日に書いたが、こちらの『後篇』は、現在書いているこの記事を書き終えた後に、(本日中に)書くつもりである。

なぜ、このような似たようなタイトルのものを書いているかというと、最初の<飼い主にかみついた『番犬』>シリーズ?のものは、自分の感情をストレートに出し過ぎたきらいがあるので、もう少し、『事実』(安倍首相がいったい、どのような発言をしているのか、それをどうメディアが伝えているのか)に即して議論したいと思ったのが、この【安倍『改憲宣言』】シリーズを書き始めた狙いである。

という次第で、このような『言い訳』を書かなければならないほどだから、かなりゴチャゴチャになってしまった。


それでは、ここで3日の『改憲派の集会』に安倍首相が寄せたビデオメッセージの内容に、少し戻っておこう。
というのは、基本的には3日の『読売新聞』に掲載されたインタビューの内容と同じなのだが、微妙に異なっている部分もあるからだ。


彼は次のように語っている。
<ご来場の皆様、こんにちは。「自由民主党」総裁の安倍晋三です。>

つまり、ここでは「総理大臣」ではなく、「自由民主党総裁」としてメッセージをよこしていることになっている。
(これは、総理大臣として『改憲内容』について発信すれば、『憲法遵守義務』違反などと言われるので、使い分けている『つもり』なのだろう。)



<我が党、自由民主党は、自由民主党は、未来に、国民に責任を持つ政党として、憲法審査会における、「具体的な議論」をリードし、その歴史的使命を果たしてまいりたい、と思います。
例えば、憲法9条です。(省略)

教育の問題。(省略)
これらの議論の他にも、この国の未来を見据えて議論していくべき課題は多々あるでしょう。>

まあ、こんな調子である。したがって、彼は9条の問題と教育の無償化の問題だけが、『改憲のテーマ』と限定したわけでは必ずしもない。

『読売新聞』のインタビューでも、『緊急事態条項』や『選挙制度改革』についても触れているので、何しろ、安倍首相の場合は、『何が何でも、在任中に改憲を成し遂げたい』という願望が『動機』になっているようだから、『緊急事態条項』などを最終的に復活させて、『改憲』を実現するというシナリオが、(完全に)消えてしまったというわけでもない、と思う。

また、『9条』についても、次のようにメッセージでは言っている。

<例えば、憲法9条です。>
<そこで、「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明記する」という考え方、これは国民的な議論に値するのだろう、と思います。>

つまり、彼は『1項、2項』についても、一字一句変更しないと、断言しているわけではない。3項で『自衛隊』を明記したうえで、『1項、2項』と矛盾が生じてくる点については、何らかの変更を(特に)『2項』に対して、加えざるを得ない、という『展開』も考えられないわけではない。

イメージ 1


実際、これらの発言が伝わって以降、自民党内でもさまざまな波紋が広がっている。
この5日付の『産経新聞』の記事は、3日夜に、石破茂元幹事長がテレビ番組で語った内容について、次のように伝えている。

<(略)自民党の二階俊博幹事長が「積極的に協力していくのが当然だ」と支持を表明した中、石破氏は3日夜のBSフジ番組で、こうかみついた。
 「今まで積み重ねた党内議論の中では、なかった考え方だ。自民党の議論って何だったの?」

 首相の表明は、自民党が野党時代の平成24年に発表した憲法改正草案にはなかった要素だ。草案は現行憲法の2項の「戦力の不保持」を削除し、「自衛権の発動を妨げるものではない」と明記した上で「国防軍」の保持を盛り込んだ。

 石破氏は草案の起草委員会メンバーで、思い入れが強い。一方、首相は実質的に関与しなかった分、柔軟性がある。1日の改憲派の集会では、草案について「そのまま憲法審査会に提案するつもりはない」と語った。理想論を横に置き、名実ともに「自衛隊の合憲化」を優先する意向を鮮明にしたのだ。

 石破氏の発言は「ポスト安倍」を意識したとも受け止められる。
 憲法改正の発議を経た上で行われる国民投票は、早くても来年末以降となる。来年9月の党総裁選に首相が3選を目指して出馬し、憲法改正を真正面から訴えるのは間違いない。石破氏の出馬も確実で、改正内容が首相との対立軸になる可能性もある。(略)>

石破氏が発言したのは、3日夜のBSフジの番組『プライムニュース』の中でだった。
この番組は、司会者もゲストも、『右寄り』の人たちが登場することが多く(司会者は、フジテレビ政治部編集委員兼解説委員の肩書を持つ反町里という人である)、また時間も2時間近くたっぷりとって、おまけに生番組なので、『右寄り』の人たちの本音が聞ける部分が多くて、なかなか興味深い。
私自身、ときどき見ている番組である。

この日も、石破氏は、上記の記事に書かれているように、ストレートに安倍発言に対して疑問を呈していた。
(実際は、もっと安倍発言に対して反発していることが明白な発言の仕方をしていた。)


ただし、ここが安倍首相の巧妙なところだが、このように安倍、石破発言を比較すると石破氏のほうが、『右寄り』で安倍氏のほうが『柔軟?』であるかのように見えてしまうから、不思議なものだ。

つまり、石破氏が『国防軍』という用語にすること(あるいは、9条2項を改変すること)を主張するのに対して、安倍首相は、『自衛隊という名称のままでも良い』というようなことを言う。

おそらく、安倍首相の頭の中では、『改憲草案』の中に『国防軍』という名称を入れると、将来的な『徴兵制』の復活を心配する、10代、20代の支持を失うのではないか(『国民投票』で反対票を入れられるのではないか)ということを懸念しているのではないか、と思う。

だから、とりあえず誤魔化して、『憲法改正』という70年間誰もやれなかったことを、『自分の手』でやってしまおうと考える(一度、『改憲癖?』がついてしまえば、あとは『どうにでもなる?』くらいにしか考えていないのではなかろうか?)。
それが、安倍晋三という人の『発想法』だと私は思う。


こういう『自分本位』の発想(自分が辞めたあとに、何がもたらされるかもしれないということを、考えていないのではないかと疑われる発想法。日本の大企業の経営者などに、よく見られる発想でもある)が、最も危険なところである。

ただし、これは日本人によくある発想法(もちろん、私自身にもあるのだろう)でもあるので、これがかえって、安倍氏が『人々の暗黙の支持』を集めやすい所以(ゆえん)なのかもしれない。

つまり、安倍晋三というのが、ずば抜けた『賢人』ではない(運がよく、また、『政局』の感覚にたけている凡人である?)ことに、人々は『安心』するかもしれない(それが、結果的に、世論調査での『安定した支持率』につながっているのかもしれない)。







https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

日本の経営者、大企業のサラリーマン経営者は決算期日、少なくとも株主総会ごとに短期の手柄と展望を要求されますから、長期に渡る或いは自分が止めた後のことなど考える余裕はありません。

むしろ、そういう能力や誠実さのある人物は、その前の出世競争で振り落とされてい るでしょう。組織と人間関係、この二つの、バランスと意味を知っているものだけが姑息にも、、いえ、有能で信頼できるなかま、後継者足るのではないでしょうか。

地方政治、市長も議員もダレガヤッテモ一緒、、だと大半はおmlっています。ひょっとしたら、中央、国会議員も所詮、どっちみちイッショだと思うのではないでしょうか。

ひっくり返して、もう一度いいますが、企業経営がダレガヤッテモ同じはずはない現場が、今だけ、でしょうから、政治、他人のおかねの世界は、自分だけ今だけ、サラニお金だけ、、になっているのではと思って仕舞うのですが。 削除

2017/5/8(月) 午前 11:32 [ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事