北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

昨日(8日)、昼頃の成田空港発のLCC便(バニラエア=香草航空、ANAの子会社)に乗って台湾に戻ってきた(だんだん、どちらが『戻り』なのか、あいまいになってきた)。

台北からは台中まで、高速バス?に乗って帰ってきた。
今回は、一人だけなので、カミサンに書いてもらった『指示書?』にしたがって帰ってきただけなのだが、何となく、『高鉄』(台湾版新幹線)にも乗ってみたくなったのも事実だ。

『高鉄』に乗る場合は、桃園空港の近くに高鉄の『桃園』駅があり、それで高鉄の『台中』駅まで乗ってくればいいのだが。
しかし、そうするとスムーズに帰ってこれない恐れ(多少、帰宅が遅れてしまう可能性)があって、『わざわざ、説明を図入りで書いてあげたのに、なぜ、それを利用しないのか』とカミサンに文句を言われる気もしたので、今回は、やめておいた。


いずれにしても、6月1日に、次の(日本へ一時帰国の)航空便を予約してあるので、また3週間ほどしたら、日本に『戻る』ことになる。
(これは、『ビザなし』で台湾に来ていて、その場合の条件として、『120日以内』『帰りの航空券の予約もすること?』なども含まれているため、こんなことになっている。)

今回は、基本的にずっと台中市内にとどまっているだけだったので、残り3週間の間に、台北と嘉義には行ってみたいと思っている。
(台北にはできたら、2回くらい行くつもり。)

台北には、前に行ったのは、15年以上前(まだ20世紀だったかもしれない)のこと(しかも、これも短期間の旅行だった)なので、ほとんど初めて行くのに近い。
中国大陸の様子などと比較すると面白いかもしれない。


実は、昨日、成田空港で(フリーWi−Fiなども使いながら)ブログの記事を書きかけたのだが、航空会社のカウンターや、空港の安全検査などに並ぶ時間が長くて、結局、書き終えることができず、アップしなかった。
その原稿を、書き直して一昨日(7日)、見た台湾映画の感想として、別の記事にこれからまとめる。

(なお、空港での安全検査は、日本で急に厳しくなっていた。これは、『テロの可能性』あるいは、朝鮮半島などでの『緊張の激化』などとも連動しているのかもしれない。もちろん、日本政府が、『国民の緊張を高めたい?』とする意向とも関連している可能性もありうる。ともかく、先日まで実に『ゆるい感じ』で行われていた安全検査があっという間に厳しくなっていたのには、驚いた。)






https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事