北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

本日(12日)は、日本の政治についての記事は、後ほど書く。
まず先に、昨日(11日)発表になったHSK試験について。

先月(6月)11日に、横浜国立大学(横浜市)でHSK(漢語水平考試:中国政府の実施する中国語検定試験)の4級を受験した。


HSKの『筆記試験』は1級から6級まであって、6級が一番、レベルが高い。このほか、『口頭試験』というものがあってこちらは、3段階(初級、中級、上級)であるが、私として受ける予定はない。
HSKは試験実施、1カ月後にネットで、各人の『試験結果』を発表することになっている。

そこで、早速、調べてみた。といっても、早朝でも、あるいは9時くらいにもまだ発表がされていなかった。
たしか、午後になったら、発表がされていた(ただし、各人の結果しかわからない。しかも受験番号などかなり複雑であり、受験者の名前と一致しないと『結果』が表示されない)。


試験は、『聴力』『閲読』『写作(作文)』の3部分にわかれていて、合計で300点。全体の6割ができていれば、合格ということになっている(各分野ごとの『足切り』というのは、特にない)。

私の場合、『聴力』『閲読』はかなり点が高かったし、『写作(作文)』についても、70点台の得点のため、全体としては合格ラインを超えていた。


だが自分でも、『聴力』試験など聞き取れない部分が、かなりあった(3級までの試験と異なり、問題文を一回しか読み上げないという部分が難しくなっている)。

しかし、私の場合、(昔、ある資格試験の予備校みたいなところで非常勤講師もやっていて)この手の『マークシート』形式の『ペーパーテスト』に対しては、勘が働くというのが『強味?』になっている。

同じく『閲読』というのも、結構、長い文章なども一部あったりするのだが、これもかなり勘をきかせて説いていった。

最後の『写作(作文)』は、中国式の漢字を書かなければならない(繁体字でも、簡体字でもどちらでも良い。ただし、どちらかに統一する必要がある)のが、今年に入ってから台湾で暮らすことの多くなった私にとっては、『弱点』である。

昔、中国(北京、上海郊外)で暮らしていたときに学んだ簡体字と、台湾式の繁体字、さらには、日本式の漢字がごっちゃになっていまっている。

だが、実は、HSKの試験の最中に(試験問題の領域を超えて、後の問題や前の問題を見ることはできないが)、その領域に出てきた簡体字を、問題用紙(これは試験実施後に回収される)に何度も書いて、文字の練習をしていた。
こうした努力(?、試験技術)の結果、試験の結果だけは合格ラインに達した。

ただし、自分の中国語の実力は、かなり低いということは自認している。
先日も台湾政府の幹部が出席して、向こうの『労働基準法改正』について説明する説明会(講演会)が虎ノ門で開かれたので聞きにいったが、台湾政府の人の話す中国語(台湾語ではなく、中国語を話していた)が、さっぱり聞き取れなかった。


こういう現実があるので、(来週の19日に)また台湾に戻ったら、テレビなどで中国語を聞く練習(訓練)をしなければならない。

HSKについては、私の目標である、中国語を読み取る能力を向上させること(新聞などの内容が理解できるようになること、台湾のテレビで良く表示される、中国語の字幕が読み取れるようになること)に役立ちそうな気がするので、引き続き、5級の受験勉強をやろうかと思っている(ただし、4級から5級にかけて、ぐんと難しくなるみたいだ)。


こういう勉強をするのに、最近は、NHKラジオの講座(中国語の場合、『まいにち中国語』『おもてなしの中国語』『レベルアップ中国語』の3種類がある)のテキストを購入すると、少し(は元をとらねばという意識で)勉強するので、台湾に戻っても、この講座を聞いていこうかと思っている。
(特に、『レベルアップ中国語』というのは、会話文で内容が続いていくのだが、ストーリー風にして、学習者が興味を抱くようなスタイルを取り入れている。ただし、その『面白さ』のレベルは、まだ低いが…。
こういうスタイルは、『英語』の講座では前からあったような気がするが、ようやく中国語講座も面白くなってきたみたいだ。)







https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

HSK4級合格、おめでとうございます。次のターゲットは5級ですね。

2017/7/12(水) 午後 4:36 [ TJ Adventure ] 返信する

顔アイコン

> TJ Adventureさん
早速、ありがとうございます。5級までは受けてみようかと思っています。

2017/7/12(水) 午後 4:47 [ 北京老学生 ] 返信する

顔アイコン

今晩わ、すごいですね。

大きな声では言えませんが、大昔毛沢東語録を見て少しやったことがあり、半世紀ぶりに始めてみましたが、きつい。

しかし、語学は数少ない得意分野であり、要領も少しは知っているので、諦めずに続けたいと思います。

合格の朗報を聞くと励みになります。

是非、どんどんと勉強して後継者の手本となっていただきたいと存じます。 削除

2017/7/13(木) 午前 0:17 [ ] 返信する

顔アイコン

> ぜさん
どうも有難うございます。
私の場合、(中小企業診断士の)予備校の講師などをやっていた時期があるので、マークシート方式のペーパーテストは得意なところがあります。
ただし、実際には『できない』と自覚してます。
(英語のほうは、子供のころ、帰国子女のハシリだったので、その『遺産』を食いつぶしている状態です。)
ボケてきたら、日本語のほうも怪しくなってくると思いますが、まあ、脳みその刺激程度に考えて、やっていきたいと思っています。
(HSKはまだ良いのですが、『中検』のほうは、文法ばかりやかましくて、苦手です。)

2017/7/13(木) 午前 8:12 [ 北京老学生 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事