北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

昨日(24日)、今日(25日)と2日連続して行われた、国会の閉会中審査をいちおう、全部、台湾(台中市)からNHKの国際放送(ワールド・プレミアム)を通してみていた。

合計10時間も、国会審議を見ていたのは、日本にいたころでもめったにないことだった。
(たいてい、日本であれば、録画しておいて後でみようと思うが、全部を見ることはほとんどない。)

さすがに、10時間も見ていると疲れを感じる。

衆参両方とも、自民党の議員の質問から始まったり、あるいは、安倍首相が同じ答弁を繰り返し行ったり、疲れる要素が多い。
(しかも、終わりのほうは、野党のなかに『ゆ』党=『維新の会』の質問がまじってくるので、『竜頭蛇尾』のようになってしまって、盛り上がらない。)


安倍首相の側は、今回、『反省したふり』をして、いつもの『逆切れ』のパフォーマンスを封印して、(見かけだけは)『低姿勢』だった。
(どうやら、『加計疑惑・疲れ』を待っているようで、そのうち、国民の側が『あきらめる』とでも思っているのだろう。)

しかし、その主張は、自らの『疑惑』をはらすどころか、遂に、今回、今治市に獣医学部を新設されるのは、『腹心の友』=加計孝太郎の加計学園(岡山理科大学)であることを、今年の1月20日になって『知った』などと、信じられない主張をし始めている。


今までは、国家戦略諮問会議の議長として、『知りうる立場』にあったが、実際は、『知らなかった』。また、獣医学部新設の件は、今治市の名前で申請が出されていたので、それが、加計学園のことだとは『知らなかった』と言いたいらしい。
だが、これはどう考えても、『無茶な話』である。

こんな主張に転じ始めたのは、おそらく、『知っていたこと』にすると、国家戦略諮問会議の議長が、『利害関係人』とゴルフをしたり、食事を時にはおごってもらったりという、『具合の悪い立場』であったことを、公式に認めてしまうことになるという『配慮』からであろう。
それにしても、この主張には、『無理』がある。

仮にそのようなことを主張するのであれば、もっと前から、はっきりそのように主張すべきである。
(今では、『知りうる立場にあった』という答弁を、『しかし、知らなかった』という意味で、解釈替えをしてほしいと言っていることになる。)

普通に考えて、このような『無茶な主張』をすんなりと受け入れる者は、どこにもいないだろう。

昨日、今日の国会審査の様子を見ても、自民党の国会議員たちも、『熱がさめた』『安倍首相と距離を置こう』といった雰囲気の様子・振る舞いをしている議員たちが増えてきたようである。
今日の参議院の自民党の質問時間は、青山繁晴という昨年の選挙で当選したばかりの1年生議員が一人で70分を割り当てられていた。

この人は、いわゆる『ネトウヨ』のアイドル(といっても、現在64歳の元共同通信・記者であるが)のような存在らしい。
本日も、『森友・加計疑惑』というのは、サヨクメディアが火をつけた、壮大な虚構であるかのような『論陣』をはっていた。

もっぱら、前愛媛県知事の、(目立ちたがり屋?の)加戸守行氏と二人で『漫才』のような質疑を繰り返して、時間をつぶしていた。
青山氏は、明らかに70分という『持ち時間』を持て余していて、加戸氏が延々と放談を繰り広げるのを『もっけの幸い』?という態度で見守っていた。

(加戸氏は、年齢のせいもあろうが)話に繰り返しが多く、自分で『うけた!?』と感じたネタは何度も繰り返す。
そして、平成17?年を昭和17?年と言ったり、安倍首相と初めて面識を得たのは、『安倍?首相』(小泉首相の間違いか)のときに、官房副長官になったときが最初だったなどと、平気で『言い間違い』を繰り返す。
どうも、『証言の信ぴょう性』にかなり、疑問のつく人物である。
(『老人』らしく、『自慢話』と『繰り返し』が目立つ。)


加戸氏は、随分、長々としゃべるものだと呆れていたら、次かその次の議員の質問時間に様子を見ると、どうやら(前・文部科学次官の)前川参考人の隣の席で、(疲れが出たのか)お休みのような様子に見えた(実際は、寝ていなかったのかもしれないが…)。

しかし、加戸氏は、青山議員の質問時間のなかで、前川氏について、『精神構造に疑いをもつ』ような人物であるとさえ言って、誹謗していた。


それは、前川氏が民放のインタビューを受けた、その収録したものを、民放に見せてもらったのだが、そのなかで、前川氏が安倍首相のことを『悪し様』に言っていたというのが、根拠である。

加戸氏が、文部省の審議会?の場で、『獣医学部誘致』に話をしてもらいたいがために、安倍首相は加戸氏を審議会?のメンバーに加えたのだろうと前川氏が、そのインタビュー(実際には、放送されなかった部分。つまり、何か休憩の時間にしゃべったちょっとした部分を指しているのだろう)の中で語っていたという。

それを指して、前川氏の『精神構造を疑った』と加戸氏は述べたのである。
(この発言が出た瞬間、議場のなかは、静まり返ったように感じた。)


さすがに、前川氏はこの発言が自分の目の前で繰り広げられるのを聞いて、『それは、誤解だ』と言っていたが、加戸氏の態度のほうが、はるかに子供じみていて、どこか、前川氏がメディアに持ち上げられていることに対して、『嫉妬しているのではないか?』という疑念を抱かさせられる。
(私も、ある程度、年齢が高いからあえて書くが、老人の『妄想』や『嫉妬』というのは、それがひどくなると、やや病的な水準にまで達する。)


ともかく、以上のような『ある意味、異常な質疑』を青山1年生議員は、一人で参議院で行っていたわけである。

これは、もしかしたら、他の自民党のベテラン参議院議員が、(安倍首相の擁護役にならざるを得ない)『質問担当』から逃げまくって、すべてを青山議員に押し付けたせいで、こうなったのではないかという『疑念』を感じた。
(青山議員は、加戸氏同様に、『目立ちたがり屋』の『自信家?』のようなので、一人でテレビにずっと出られると思えば、『70分』であろうが何だろうか、無謀にも引き受けてしまったということなのだろう。)


いずれにせよ、これは、安倍政権の『末路』を感じさせるに十分な状況である。
こういった、国会内でのやりとりが、海外(アジア諸国も含むが)でも報道されれば、安倍首相と日本の評判は、さらに低下していくことだろう。

『裸の王様』の末期の症状は、どこの国でも同じであり、それにどう対応できるかで、その国の『民主主義のレベル』が問われることになるのだろう。






https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(9)

顔アイコン

去る7月10日の質疑のなかで、青山氏は獣医学部の水増し入学の話をしていましたが、定員930人に対して1200人というのはどうやら間違いのようです。また、今日の質疑でもマスコミが意図的に加戸氏を隠したみたいのことを言ってましたが、それも事実ではないようです。この青山氏と言うのは、それこそ思い込みなのか自身でそうであってほしいストーリーを自分で作る方のようなので、そういう意味で前川氏を貶めるために選ばれたという認識で間違いなさそうです。
加戸氏はある意味では正直で、愛媛県、今治市と加計学園の癒着ぶりを証言しており、今治の獣医学部新設は加計ありきだとも言ってくれています。結果的に、安倍氏が「1月20日知った」はありえない(獣医学部新設の特区申請が今治ならイコール加計なのは明白)と言う事を示してくれています。そういう意味では、与党参考人として加戸氏を呼ぶのは悪手だったんではないでしょうか。もちろん青山氏もですけど。

2017/7/25(火) 午後 11:05 [ m_yutaka723 ] 返信する

アバター

岡山理科大学をググっていたら面白いブログがヒットしました。

北村直人インタビュー 加計獣医学部/豚猿で動物実験/内部告発=まともな教員はたった21人
https://ameblo.jp/et-eo/entry-12265647556.html

北村直人インタビュー 【安倍×加計ハザード】吉川泰弘[世界でBSL3の事故はない]☞ウソ❗
https://ameblo.jp/et-eo/entry-12266269948.html

北村直人インタビュー【ピペドの悲劇】人骨が出た感染研BSL4➡長崎大BSL4➡加計BSL3
https://ameblo.jp/et-eo/entry-12267601704.html

北村直人インタビューげ歎廛魯供璽鼻攣系列】&【首謀者×パペット 実名リスト】
https://ameblo.jp/et-eo/entry-12267595972.html

2017/7/26(水) 午前 0:43 ちぇしゃ猫 返信する

アバター

この問題をわかりやすくまとめてくださっている点。
また、今治の獣医学部建設予定地は、住宅地と近接しており、ここにバイオ・セーフティ・レベル-3のラボを作ることに危険はないのか、というあまり取り上げられていない問題点についても書かれていて、興味深く読ませてもらいました。

地域住民への説明会の模様を録画した動画もなかなかなものです。

2017/7/26(水) 午前 0:47 ちぇしゃ猫 返信する

顔アイコン

> m_yutaka723さん
たしかに、ご指摘の通りです。
加戸氏の言っていることは、あまりにも『正直すぎていて』安倍首相の加計学園が事業者であることを1月20日まで知らなかったという『真っ赤な嘘』とはいい対照だという気がします。
(例えば、虎の威を借りたキツネ?とか、白い猫でも黒い猫でもいい?とかいう小平の言葉を引用したような表現など)
加戸氏は、高度サイエンスへの対応だとかさんざん言っていますが、要は、『高度サイエンス』だろうが、『低度サイエンス』だろうが、自分の県に獣医学部を誘致したいという、最も原始的な『利権への欲求』を言っているにすぎないと思います(もちろん、それは政治の基本なので、あながち否定できませんが)。
もっとも、ご自身では安倍路線に反したことを自分がしゃべっているという認識はないのかもしれませんが…。

2017/7/26(水) 午前 10:29 [ 北京老学生 ] 返信する

顔アイコン

> ちぇしゃ猫さん
紹介していただき、有難うございます。そういえば、広島県は愛媛県に隣接していましたね。
次に広島、呉に行くときは、愛媛県(今治市)にも立ち寄ってみたいと思っていたところでした。
また獣医師会の対応についても、興味をもっていたところです。紹介して頂いたもの、これから順次、見ていきたいと思ってます。
今治市の地元ではどういうことになっているのか、という点も興味を抱いていた点でした。

2017/7/26(水) 午前 10:32 [ 北京老学生 ] 返信する

顔アイコン

> ちぇしゃ猫さん
ご紹介いただいたブログ、目を通してみました。
たしかに北村直人氏のインタビューは面白そうです。私は、今回、日本に『一時帰国』していたおりに、IWJの会員になったので、そこの動画などは(ほとんど無料で)見ることができるはずです。
4時間もあるというのは、ちょっと大変そうです(それに、その後、新しく撮った動画もあるかもしれません)が、どれか見てみようかと思います。
紹介頂いたブログは、興味深く拝見しましたが、ただしどちらかというと、どんどん問題を拡大してしまう書き方のブログで、私の個人的な趣味からは多少、ずれています。
(加計幸太郎氏というのは、ビジネスのために物事をやるタイプで、そんなにお金のかかることには手を広げないのではという気もします。ライフサイエンスというのも、一種の『口実』という気がしています。また、加計グループというのも、お姉さんが理事長をやっているグループと、実質的には二分されているようです。)
それでも、地元で具体的にどのような動きなのかは、興味ある部分です。さしあたり、北村氏の動画でも見てみたいと思っています。

2017/7/26(水) 午後 11:03 [ 北京老学生 ] 返信する

顔アイコン

遂に中傷と人格攻撃ばかりの記事を書く様になりましたね(笑) 削除

2017/8/6(日) 午前 9:51 [ 名無し ] 返信する

顔アイコン

> 名無しさん
これでも、かなり押さえ気味に書いているつもりなんですけど…。
加戸のおじいさん(私も若くないですが)というのは、結局、典型的な『利権族』のような印象を受けます。
『利権』は政治の基本ですから、すべてを否定するつもりはありませんが、それにしても随分、アメリカ流を礼賛されるものだなと。最近の自称『右派』というのは、みんなこんな感じなのでしょうか?
そういえば、どこか籠池氏と似ている感じもあります。

2017/8/6(日) 午後 0:26 [ 北京老学生 ] 返信する

顔アイコン

中傷、と言うのは事実でないことを構えて見せたり、一定のファクトをねじ曲げて言うことでしょう。

公文書、それも極めて重大な事実を書き記したものが消えたり出てきたり、報告したと言い聞いてないと言う。

何回も何回も心の友人として食事をし、ゴルフをしながら、ただの一度も親友の悲願である学校作りについて話したことはない。はじめて知ったのは役人部下が、、、。

もしも、家内が関係していたなら、総理も議員もやめる、、、。

あれもこれも、フツーwの神経をしていれば、信じろ、嘘ではない、、、記憶違い、いい間違い。

ひょっとしたら、これだけ明白でも、こちら側の聞き間違い、こっちの誤解、と言うことでしょうか。

個人攻撃。

そんなぁ、此の時代に、ヘっへー、恐れ入ります、
恐れ入ります。ご無理ごもっとも、殿様w、陛下のおっしゃる事為さることは、一点wの曇りも過ちもございません、後存分におやりください、でしょうか。


どこの何が、中傷で、どう個人攻撃しているか、お答えになる義務がおありでしょう。
幸い我が国はw、質問者に総理大臣もヤジを飛ばし、コンナ人たち、、と 削除

2017/8/6(日) 午後 4:05 [ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事