北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

実は、今週の土曜日(16日)に、カミサンの知り合いが(日本から)台中市にやってくるので、『観光案内をする?』という話があった。

その人たち(日本人夫婦)は、カミサンの『知り合いの知り合い』なのだが、当初、知り合いのほうがずっと案内をする予定だったが、ちょっと用事ができたので代わって、『半日だけ(朝から夕方まで)』案内をしてくれないか?というような話だった。

ところが、うちのカミサンというのは、『観光』というものにほとんど関心がない。
日本国内すら、ろくに旅行したことがない(私も、大して回っていないほうだが)という人間である。

そこで、『どこを回ったら、いいか分からない』であろう、ということで私が代わって、台中駅周辺で半日で回るのに、良さそうなところを見繕って回った。


ところが、その後、『予定』が変更になり、別の人たちが案内を引き受けることになった。
そこで、私とカミサンで、あるいは私一人で、あちこち回った写真が、『宙にういて?』しまったのだが、もったいないので、代わりにここに記事としてアップすることにした。
(何か、『お役にたてること』ができれば、ということで。それ以外に、台湾や日本の『政治的な事柄』ばかり、書いていても面白くないので…。)

何回かかるか、よくわからないので、『その1』『その2』というスタイルで書いていく。
それでは、スタート。

その人たちは、台中駅の近くのホテルに泊まる予定のようだった。

イメージ 1

そこで、最初に案内するとしたら、この『台中駅』になるだろう。
これは、高速鉄道(高鉄、いわゆる台湾新幹線)ではなく、在来線(台湾鉄道)の『台中駅』である(高速鉄道の駅はここから、結構、離れている。バスかタクシーあるいは、在来線を利用するしかない。在来線の『新烏日』駅に高鉄の『台中駅』は隣接している)。

この写真は、今年の3月に、私が初めて台中に着いたころに撮った写真。
この間、回ったときは、あまりにも『当たり前』すぎるので、写真を撮らなかった。

イメージ 2



ただし、在来線の駅であっても、現在は、こちらの『新駅』が利用されている。ご覧のように、『高架』式に変更する工事があちこちで進んでいる。
3月には、『旧駅』のプラットフォームなども、まだ残っていたが、その後、どんどん取り壊しが進んでいる。

ただし、『旧駅』の玄関部分は、残して一種の記念施設?みたいなものにするつもりのようだ。
この『旧駅』は日本統治時代(台湾が日本の植民地だった時代)の1917年前(つまり、今から百年前)に建てられたものだという。
(もっとも、最初の駅舎は、1895年つまり台湾が日本の植民地になった年に、建てられたもので、この『旧駅』舎は、二代目ということらしい。)

東京駅をデザインした辰野金吾氏の流れをくむ『辰野式』と呼ばれる建造物などと、ガイドブック(やサイト)に書かれているが、不思議なことに設計者の名前がよくわからない。

イメージ 3

イメージ 4


台中駅からスタートするとしたら、最初はこの『宮原眼科』になるのだろうか?
(日本のガイドブックや、台中のツアーでは、軒並みここを載せている。最近は、台湾を周遊する『ツアー』でも、1泊目は、台北でなく、台中市に宿泊するものも多いようだ。
どうせ、多くの飛行機客が利用する桃園国際空港は、台北からかなり台中に寄った場所にある。
台中市に宿泊した方が、台湾のたくさんの市を回ったというイメージになるのも、『業者』にとって都合がいい話なのかもしれない。)

ここは、戦前、宮原眼科というものがあったものを、リノベーション(昔のものを生かしながらの改装で、台湾でも流行っている)した施設で、台湾の菓子メーカー『日出』が運営している。

イメージ 5

イメージ 6


アイスクリームを、自分の好きな組み合わせで注文して、路上で食べるのが流行りである。
いつも、土日などは、非常にたくさんの人が並んで行列を作っている。

ただし、このアイスクリーム、決して安くはない。
前にも自分のブログに書いた内容をチェックすると、260元ほど(1000円くらい)かかったと書いている。
まあ、『観光地価格』だと思った方が、良いだろう。


イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


先日、カミサンともう一度、ここを回った時には、2階のレストランにも行ってみた。
(前回は、そもそも、店の中にも、アイスクリーム売り場以外は、ろくに入らなかったのだが…。)

かなり、気取った作りで、(飾りの本なども並べてあって。これらはたぶん、ホンモノの本ではない。なぜなら、台湾というのは、意外と地震も多いので、本の実物などをこのように陳列したら、悲惨なことになってしまう恐れがある)また、レストラン利用の場合、1人幾ら以上消費すること(たしか、1000円か、そこらの金額だったと記憶するが)などの制限はあるが、お茶とか、食事などを楽しむことができる。

食事も少ししたが、飲み物は、タピオカ入り、ミルクティーをポットで頼んだ。
本当は、冷たいのをストローで飲むのがおいしい(駅の反対側の『春水堂』でときどき、飲む。ただし、『春水堂』自体はいろんなショッピング施設に入っている)のだが、ポットで頼む場合は、ホットのみということで、ホットを頼んだ。

ここは、トイレもかなりキレイだった。
(つづく)






https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事