北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

今朝<【政局ゲーム脳・首相】『しがみつき=金文春』解散で、『トランプ様ご一行』歓迎準備?>と題する記事を書いたが、何となく『不完全燃焼』という気がしていた。


どうも、自分が書こうとしていたことが書けていない。
その後、(先ほど)弁護士の郷原信郎氏の、下記のブログを読んで、『書こうとしていたこと』『感じていた違和感』を思い出した。

郷原氏の記事の中から、こうした『思い出し』作業の引き金となった部分を紹介しておこう(少し長くなるが、ご容赦願いたい)。

<その内閣改造では、「仕事人内閣」と称して、河野太郎氏の外相、野田聖子氏の総務大臣など、自民党内では安倍首相には批判的とも思える議員を起用したことで、内閣支持率は何とか回復基調に転じたのである。それらの閣僚に、ほとんど「仕事」をさせることもなく、北朝鮮が核実験やミサイル発射を繰り返して軍事的緊張が高まっている時期に、敢えて衆議院解散・総選挙を行って「政治的空白」を生じさせるというのである。(略)

解散には「大義」が必要だと言われるが、今回、もし、解散が行われるとすれば、「大義」が存在しないどころか、国会での疑惑追及を回避し、野党側の選挙準備の遅れを衝いて国民の政治選択の機会を奪い、それによって、北朝鮮情勢緊迫化の下での政治的空白を生じさせるなど、まさに「不義のかたまり」というべき解散である。>

<政府は、北朝鮮のミサイル発射のたびに、日本の領空の遥か上空を通過することがわかっていても、早朝からJアラートを発動し、国民の警戒心を煽っているが、安倍首相が衆議院を解散して政治的空白を生じさせた場合、これに乗じて、北朝鮮が、領空ぎりぎりにミサイルを飛ばして、日本政府の対応を試すような事態も考えられないわけではない。

総選挙態勢に突入した政府・官邸が、果たして北朝鮮の巧みな戦術に適切に対応できるのであろうか。

国連の北朝鮮制裁決議等で外交努力を懸命に行っているはずの日本の安倍政権が、このような状況で、先進国では殆ど考えられない国会解散を行ったということになると、国際社会の日本政府を見る目も変わってきてしまうのではなかろうか。>

<今回、もし、安倍首相が臨時国会冒頭の解散を強行しようとした場合、閣僚全員が賛成するとは到底思えない。特に、安倍首相ともともと距離があった河野外相、野田総務相は、このまま解散ということになれば、安倍内閣支持率回復のための「客寄せパンダ」に使われただけで、大臣としての仕事をまともに行う前に使い捨てられることになる。

ましてや、その解散には全く「大義」はない。少なくとも、この二人の閣僚は、解散詔書の閣議決定に賛成するとは思えないし、説得の余地もないはずだ。

もし、河野、野田両大臣が妥協して安倍首相に従い、違憲の疑いすらある、「大義」の全くない解散に、閣僚として賛成したとすれば、二人の「政治家としての将来」にも重大なマイナスになる。

安倍首相としては、反対を押し切って解散を閣議決定するには、郵政解散における島村農水相と同様に、「閣僚の罷免」しかない。しかし、農水相であれば、総選挙までの期間、総理大臣兼任というのも不可能ではないが、現在の緊迫化する北朝鮮情勢の下で、総理大臣が外相を兼任することはあり得ない。どう考えても、今回の解散は「無理筋」である。>

<安倍首相が行うべきことは、解散の強行ではなく、潔く自らその職を辞することである。>


これを読んで、まさに『その通り』だと感じた。
私は、昨日(17日)の記事で、河野太郎氏がブログ『ごまめの歯ぎしり』の16日付投稿を紹介した。
https://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/21760243.html
それは、かなり長い文章であった。


今、感じるのは河野太郎氏がこの記事を書いていた時に、はたして安倍首相が、臨時国会での冒頭解散をやろうとしていることを知っていたのだろうか?という疑問である。
『知っていなかったのではないだろうか?』

なぜなら、もしそれを知っていれば、河野太郎氏は、あのようなブログ記事を書かなかったであろう。
河野氏は、このブログ記事の最後に次のように書いていた。


<さらにこの東京新聞の記事によれば、まるで核兵器禁止条約は素晴らしいが、「核保有国もそうでない国も巻き込んで着実にこの脅威を減らす方向へ歩んでいくことを考える」のはけしからんことでもあるかのようだ。
エベレストの頂上をヘリコプターで一気に目指すのもありかもしれない。

しかし、頂上付近にヘリコプターを着陸させるのは極めて非現実的だと思うならば、ベースキャンプから一歩一歩、着実に歩いて登るやり方もあるはずだ。

核軍縮をただ何かに利用しようというならば何を言おうが勝手だが、現実に核軍縮を進めるならば、同じ方向を向いている者同士、手を携えていかなければならない。

後ろから鉄砲玉を撃つ必要はない。>


だが、安倍首相の『臨時国会冒頭での解散』戦略というものは、『ベースキャンプから一歩一歩、着実に歩いて登るやり方』など、安倍首相自身が全く『やる気』がないということではないか。

安倍首相が関心があるのは、むしろ『日本国内の政治』その中における『自らの権力の維持』そのもののほうである。

だから、『後ろから鉄砲玉』などというのであれば、それを発している者としては、『東京新聞』などといったものよりも、むしろ『安倍首相』自身が最大級の『鉄砲玉』を発しているのであろう。


このような状況について、河野太郎自身がどう考えているのか、やっぱり『安倍さんのほうが、政治家としてははるかに上のレベルだな?』『どうやら、使い捨てされてしまったみたいだ』と自嘲をしているのか。それは知らない。

しかし、河野太郎や野田聖子を『客寄せパンダ』として利用し、何より、北朝鮮のミサイルに対する『正義の対応』をしているふりをしながら、その実、自らの延命のために、『北朝鮮ミサイル騒動』を利用して、『Jアラート』などで、日本国民をわざと?パニックに陥れたとしたら、このような人物は、もはや、『日本国の最高責任者』としての『地位』に耐えられない状態であることは、明らかだろう。

(こんなことをやっているのでは、金正恩はおろか、トランプにもまともに相手にされなくなってしまうのに、違いない。まあ、今でも『ゴルフ相手』くらいにしか思われていないようだが…。)







https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 
この記事に

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事