北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

安倍首相による、『国会冒頭解散』が明らかになって以降、事態は超急速というべきスピードで展開している。
さすがに、外国(台湾)に在住している身では、わかりにくいことが多い。

ただし、小池百合子都知事の言っていること(もちろん、いくらででも平気で『嘘』を言える人物と考えるべきだが)、彼女の『希望の党』なる政党(むしろ、『希望の墓場』党という名称のほうがふさわしい)を支援している勢力(『原発護持』の連合も含まれている)を考慮すると、『希望の党』は、安倍首相の補完勢力(場合によっては、安倍首相にとって代わり、同様、あるいはそれ以上の『役割』を果たそうとする勢力)と考えるべきだと思う。


つまり、現在は、『前門の安倍晋三、後門の小池百合子』という2つの『敵』と戦わなければならない状況である。
この虎と狼は、今後の状況によっては、いつでも『提携』するかもしれないような、『似た者同士』でもある。

こうした状況で、民進党の前原代表は、(正確な内容はなっきりしないが)『民進党を解党して、希望の党へ合流しよう』という党内手続きを民進党のなかで進めようとしているようだ。
これは、極めて『危険な意思決定』である。

たとえていうならば、(戦前・戦中の中国共産党を例としてあげれば)中国共産党の武装を『解除』して、蒋介石の国民党に合流しようというような『意思決定』に近い。

仮にそうした状況になれば、蒋介石の国民党は、中国共産党員を全員射殺するか(あるいは、選別して射殺するか)、ともかく、自分たちの『好き放題』のことをする(した)であろう。


これは、あくまでも『たとえ』として言ったことに過ぎないが(なお、私は、現在の中国共産党政府に対しては、極めて批判的である)、現在の『世の中』に直して表現を修正すると、『希望の党』小池百合子は、民進党の全員を『ウエルカム』とばかりに歓迎するということは絶対にありえない。

彼らの考える『安全保障観』『国家観』そして『憲法観』に照らして、極めて『右寄り』の思想の持ち主、政策を支持する者しか、『流入』を認めないであろう。

そして、『原発』に関していえば、(連合がすでに、『希望の党』のスポンサーになろうとしている以上)本当に『脱原発』を推進しようとする者など『流入』させるはずがない。
(いや、『連合』だって、選挙後の事態の進展いかんによっては、『排除』の対象になりうる可能性だってある。)


このように考えると、現時点で、『安倍を倒すため』を口実に、『悪魔とでも手を結ぶ』などといった粗雑な議論を展開する者は(『床屋談義』としては成立するかもしれないが)、公的な政党に所属する政治家としては、全くふさわしくない。

(日刊ゲンダイがこのような主張を展開しているようだが、好意的に考えたとしても、『日刊ゲンダイ』でも『間違える』ことはありうる。あまり、好意的でなく考えるとすると、『日刊ゲンダイ』も『週刊現代』に引き続き、ついに『裏切る側』に回ったのかという感慨があるだけである。)

明日(暦のうえでは、すでに『今日』だが)の民進党の『両院議員総会』では、このような『滅茶苦茶な、敵前逃亡』の方針に対して、徹底的に追及し、場合によっては前原代表の『解任』ないし、『代表としての資格停止』を行うべきである。

私は、『公選法』やその他『政党に関する法律』に詳しくないが、事はさしせまった『衆議院選挙』にどのような政党が、『参戦するのか』にかかわる重要な局面である。


もはや、『平時』ではない。

『希望の党』というのは、私から見ると、『希望の墓場の党』であり、同時に、『議会政治の墓場の党』でもある。
安易に『安倍を倒す』ために『小池と手を結ぶ』などという『意思決定』を行えば、『虎と狼が手を結ぶ』ことで、生じかねない、『大政翼賛会への道』に協力することになりかねない。







https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事