北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

昨日(11日)、台湾の台中市から横浜市内の自宅に戻ってきた。


イメージ 1

これは、台北の桃園国際空港から成田空港まで乗った、『バニラエア』(ANAグループのLCC=格安航空会社)の飛行機。
夕方の5時半ころ、成田に到着。

イメージ 2


そこから先、普通は自宅のある『たまプラーザ』行きのリムジンバスに乗るのだが、カミサンが違ったのに乗りたいなどと言い出したので、東京駅まで1000円というバスに乗ってみた。
1時間半かかる予定と言われたが、幸い、渋滞がなかったためか1時間強で東京駅に着いた。

ただし、そこから地下鉄半蔵門線の『大手町』駅まではかなり距離があった。
(半ば、予想されたことであったが。)
特に、階段がやたらにあったのには、スーツケース(空に近いものだったが)を運びながらであったので、やや苦労した。

だが、会社が終わって帰宅途中の若いサラリーマンが、カミサンがスーツケースを持って階段を上るのを2度にわたって手伝ってくれた。
カミサンは、『日本人って、随分、親切なんだ』などと喜んでいた。

結局、田園都市線『たまプラーザ』駅に着いたのは、午後9時前。
駅前のイトーヨーカドーで、『缶チューハイ』、豆腐、納豆などを購入した。

自宅に戻って、テレビをつけると、テレビ朝日(報道ステーション)で『党首討論』をやっていた。
いちおう、『森友・加計』問題なども取り上げていたが、キャスターの富川悠太アナウンサーは(おそらく、あまり追及をするなと上司から言われているのであろう)、あまり『元気がない』。

安倍首相は、妙に『ハイテンション』な感じ。
例の『みどりのタヌキ』=小池百合子氏も、やや、『つきもの』が落ちた感じ。

そして、今朝(12日)の『朝日新聞』やテレビの報道などを見ると、(予想通り)『自公大勝』のニュース。
(今回は、事態が流動的なので、これまでどおり、『選挙情勢』の報道どおりの結果が出るかどうかは、大いに疑問だ。)

ともかく、『安倍の首をとった』と浮かれていたら、隙をつかれて、『選挙での大勝』どころか、一挙に『憲法改悪』まで許したとなれば、『反アベ派』『反改憲派』としては浮かばれない(私としても、その『一員』のつもり)。
『安倍をバカにする』のをやめて、きちんと敵に向き合い、的確に反撃すべきだろう。







https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事