北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

本日(15日)、東京・五反田の会場で、『HSK試験』(中国政府が後援している中国語の検定試験)5級を受験した。

私は、今年3月から、カミサンと一緒に台湾で暮らしている(今は、日本に『一時帰国』中)が、すでに68歳になり、仕事もしていない。
だから、『HSK試験』も、『何か中国語を勉強するための、動機付けになれば…』程度の軽い気持ち(不真面目な動機?)で受験している。

本日、午後1時半からスタート(終了したのは、4時前)した『5級』試験というのも、(全6段階ある、数字が増えるほど難しくなる)全然勉強しないで、『冷やかし半分』(という言い訳を用意しながら?)で受験した。

イメージ 1

これが、試験の会場。

『TOC』(東京卸売センター)の会場で行うというので、昔、何回か行ったことのある大きな会場と同じビル(のなか
の会議室か何かが会場?)と思って、現地に到着したら、全く別の小さなビルだった。


イメージ 2


そして、これは受ける前から、ネットで主催者が宣伝していたので、知っていたのだが『中国留学生・就職フェア』というのも、同時にこのビルの中でやっていた。(つまり、資格試験と『留学・就職』とを連動させている企画である。


5級の試験は250人くらいが入った部屋で行われたのだが、これが受験生の95%以上が、20歳前後の若者という状況だった。

私の隣に座っていた若者(男性)も、『十代では?』という感じの『さわやか』系の人物だった。
これには、私もちょっとびっくりした。


というのは、以前から『HSK』と並んで、『中検(中国語検定試験)』なども受けたりしてきたのだが、完全に日本人のための試験である『中検』など、むしろ『年配者』が中心である。

しかも、この隣の若者。
マークシートの試験なのに、シャープペンを持参(受験案内には、2B以上の鉛筆を持参のことと書いてあった)している。
おまけに、マークシートはどの程度、塗りつぶせばいいのかなどと聞いてくる。


そこで、私は(配布された、試験の説明文にも書いてあったのだが)『きっちり塗りつぶさないと、感知されない可能性がある』といって、私が余分に持ってきていた4Bの鉛筆を貸してやった。


ところが、試験が始まって、再度びっくり。
最初は、『リスニング』の問題から解いていくのだが、隣の若者は、問題が音声により出題されると、迷うことなく、直ちに解いていっている感じである。
(私は、もともと、勉強ができないままに試験に臨んでいるので、もっぱら『消去法』を駆使しながら、山カンで答えているという状態。)


『リスニングだけできるのかな』と、最初は思ったが、第二分野(『作文』と併せて、全部で三分野に分かれている)の『閲読』に移っても、すらすらと速いスピードで解いていっているのを、感じ取ることができる。
(つまり、彼にとっては、『易しい試験』のようだった。)


試験が終了すると、彼は『有難うございました』とていねいに挨拶して、鉛筆を返してくれた。
こういう『やりとり』のなかで、私は、『刺激』を受けていた。


ただ、アリバイ的に勉強するのでなく、もう少し、積極的にやってやろうかと思い出した。
今回の試験の結果は、(全くと言ってよいほど勉強していないので)おそらく、『60%の出来』という基準点に達していないだろう。

もともと、今回はどうせ合格ライン(全体の60%ができれば、いちおう、『合格』になる)に『達していないだろう』とふんでいたので、次にまた、もう一度、どこかで受けて、『せめて5級には受かってやろう』『その上の6級を狙うのはやめよう』と考えていた。
だが、今日の『若者との遭遇』で気が変わった。

仮に今後、『5級』が受かったとして、その上の『6級』の勉強までやってやろうと、思い始めたのだ。
そういう意味で、今日は、大変『良い刺激』を感じ取ることのできる、受験体験だった。
(つづく)







https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

なかなかいい刺激となったようで良かったですね。

2017/10/15(日) 午後 5:13 [ TJ Adventure ] 返信する

顔アイコン

> TJ Adventureさん
有難うございます。『若者だらけ』の環境に身を置くのも、時には良いものだと思いました。

2017/10/15(日) 午後 5:18 [ 北京老学生 ] 返信する

顔アイコン

わぁすごいですね。その積極的姿勢、学ばなければ。 削除

2017/10/17(火) 午前 9:06 [ 真鍋雄太郎 ] 返信する

顔アイコン

> 真鍋雄太郎さん
いやあ、気分屋なので、いつまで続くか自信はありませんが…。
先日、あまりにも出来なさ過ぎたので、かえって『やる気』が出てきました。

2017/10/17(火) 午前 9:42 [ 北京老学生 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事