北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

この記事の続きだ。


とりあえず台中市の新光三越百貨店内に出店していた『金子半之助』という天丼店で食べて後、自宅に戻り、ネットで情報収集などした。
すると次のようなことが判明した。

『金子半之助』というのは、中央区日本橋室町1丁目に店のある、人気天丼店である。
ここの店は、いつも行列ができることで有名だったらしい。

イメージ 1


実際、台中の店でもらったリーフレットにも、上記のような写真が掲載されていた。
だが、この行列には、2つのワケ?がある。

1つは、席が1階のカウンター席が6席、2階のテーブル席が14席しかない、こじんまりとした店である点(これは、『金子半之助』のホームページにも記載されていることだから、別に秘密にしているわけでもなんでもない)。
もう1つは、ここは江戸前天丼という(基本的に)一つの商品しか出していないが、それが以前は880円という、かなりおトク感のある値段で出していた点。
(現在では、920円になっている模様。)

それに味噌汁が以前は100円(今は、120円)というメニューくらいしかなかったようだ。
(今は、味噌汁が120円に値上がりし、また生ビール500円というのもあると、『金子半之助』のサイトで紹介されている。)

イメージ 2


これは、やはり台中の店でもらったリーフレットに載っていたものだが、いろいろ『なぜ、うまいか』という蘊蓄が語られている。

ネットで日本橋の店で以前、食べた人の報告を見ると、880円の『江戸前天丼』には、穴子・海老・イカ・小柱・ししとう・海苔・温泉卵の7種類の具材が使われているという。
それに対して、台湾のお店では、天丼350元、上天丼380元、江戸前天丼420元、それに子供向けの天丼299元の4種類があるようだ。
(先日、店に行ったときは、メニューの写真を撮らなかったので、今、店のサイトで確認している。)

これと日本のメニューとの対応関係が必ずしも明確ではないが、どうやら、『江戸前天丼420元』というのが、日本の『江戸前天丼880円』に相当するようである。



ところが、上記1元(ニュー台湾ドルともいう)=3.7円くらいの為替レートである(私は、普段1元=4円で計算している)。
これで換算すると、420元=1,554円になる。
結構、お高い値段になってしまう。

ちなみに、台湾における所得の状況は、日本以上に貧富の格差が激しいという印象を受けるが、最近、台湾の行政院(内閣)が発表した数字によると、被雇用者の平均月給が3万8656台湾元(約14万4800円)であるという。

ここでいう月給とは、『残業代・ボーナスなどの臨時収入を除く固定収入のことで、2つ以上の仕事を掛け持ちしている場合には、就業時間の長い方を採用している』という注が付けられている。
(台湾の通信社『中央社』が12月5日に配信した記事に基づく。)


国が異なると、労働事情も異なるので、簡単に比較はできないが、いずれにしてもこの『金子半之助』の天丼、日本では安くて(コスト・パフォーマンスが良くて)評判というもののようだが、台湾の値段の付け方は、かなり『異次元』のものになっていることは明らかであろう。

まあ、こういう結果もあってだろうか、台湾に『金子半之助』が上陸してから2年というが、それほど『人気全開?』という印象も受けなかった。

そもそも、開店2周年ということで、前回の記事にも記したように、『割引セール』をせざるを得なかったこと自体、台湾での価格設定が必ずしも、台湾の人に受けていない?ということを示しているのではなかろうか?
(台湾の人たちは、日本が好きな人はしょちゅう、訪日している人も多いようなので、そこで日本の『金子半之助』に行けば、値段の違いが一目瞭然であろう。)



それから、台湾には、日本から次から次へと『人気店』が押し寄せているようであり、台湾の人自身、新しいもの(話題のもの)が好きなところがあるようで、そうであれば『厳しい競争』に直面するのもやむを得ないのではと思う。

また、『金子半之助』の出店状況を見ると、日本国内では13店舗?くらいしかなく(『てんぷらめし 金子半之助』など別ブランドの店を含めた数。『天丼 金子半之助』だけだと、7店舗?くらい)、逆に海外では、台湾、アメリカで9店舗ほど出しているようである。ただし、何となく『情報』によって数が合わないところもあるみたいで、わかりにくい。

どちらにしても、国内に比べて、意外と多くの海外出店をしていること、そして日本国内では『安さ』を売りにしていて、海外、特に台湾では『お高い価格』で商品を提供しているという2つの顔を持っている。

このような『商法』(特に価格商法)は例えば『ユニクロ』などでも行われていることだが、今後、どうなっていくのか注目される。









https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

補足:当初、値段の計算間違いをしてました。今、書き替えました。どちらにしても台湾での価格は、(日本と比べ)かなり高いものになっています。

2017/12/7(木) 午後 1:11 [ 北京老学生 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事