北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

この記事の続きだ。


いつまで、『紅白歌合戦』のことを話題にしているのかと笑われそう?だが、台湾に住んでいて、1月6日と7日(こちらは、6日の再放送)に改めて、中国語の字幕入りの『紅白歌合戦』を見直したために、そんなに昔の話のようには思えない。

今回は、特に『不協和音』という不思議な曲にまつわる話。

イメージ 1

これが、女性アイドルグループ『欅坂46』が出演した『不協和音』。
秋元康氏が作詞で、『バグベア』が作曲とのこと。
(バグベアとは何者かと思ったら、男女2人組の音楽ユニットとのこと。)

この曲は、立憲民主党の枝野幸男氏が、『カラオケでのお気に入り曲』だとツイッターなどで発信しているので、どういう曲なのかと前から少し気になっていた。

イメージ 2


たしかに、歌詞といい、ファッションといい、ある種『魅力的』でもあり、少し(かなり?)危険な味のする曲ではある。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

これらの歌詞の前には、次のような言葉もある。

<僕はYesと言わない
首を縦に振らない
まわりの誰もが頷いたとしても
僕はYesと言わない
絶対沈黙しない
最後の最後まで抵抗し続ける>

<不協和音を
僕は恐れたりしない
嫌われたって
僕には僕の正義があるんだ>

だがこの曲、不思議なところもある。
まず、そのファッション。

どこか、ナチスを感じさせる部分もある。
あるいは、それは『同調性』から脱却する前の服装というのかもしれない。
しかし、この曲の最後のジェスチャー(これは、『紅白』の特別版なのかもしれないが…)、さらには、
この部分。

<ああ調和だけじゃ危険だ
ああまさか 自由はいけないことか
人はそれぞれバラバラだ
何か乱すことで気づく
もっと新しい世界>

この『新しい世界』というのは、一体、何なのか?
どうも、この曲(特に秋元という人の歌詞、この人自身の生き方)には、『危うさ』が漂っている。

ここまでだけだったら、それほど今回、注目を浴びなかったかもしれない。
だが、次のようなシーンもあった。

イメージ 6

イメージ 7


一度、『不協和音』を『欅坂46』だけで演じたのちに、今度はこういう展開になった。
(ただし、これは最初の『欅坂46』の登場から30分以上が経過してから後のことだった。)

結局、内村さんが、『欅坂46と一緒に踊りたい』という夢をかなえない(彼は足を痛めていたようだ)というのは『紅白』の『夢を歌おう』というテーマに反することだという話になり、『不協和音』のさわりの部分を、もう一度、内村さんと欅坂46が一緒に演じることになる。

イメージ 8


彼らは無事、演じ終えたように見えたが、『異変』が起きていた。

イメージ 9

イメージ 10


これらの写真ではわかりにくいが、テレビの画面を見ると(31日の本放送の時は、気が付かなかったが、1月6日と7日の中国語の字幕入りの放送を見直して、はっきりと確認ができた)、3人のメンバーが過呼吸で倒れたといううちの、一人のメンバーの(仰向けにタイれた)青ざめた顔が、はっきりと画面に写っていた。

イメージ 11

イメージ 12


それだけではなく、このパフォーマンスの後の、審査員の女優さんの表情を見ると、彼女が舞台横から、じっと、事態を心配そうに見続けていることが確認できる。

だが、こうしたことが起きたことは、前回、述べた『けん玉ギネスブック挑戦失敗』の話とは違って、番組のなかでは触れられなかったような気がする。
(つまり、『なかった話』ということにされてしまっている。)


こうした、昨年末の『紅白』で起きたことを振り返ると、この『紅白』は『忖度』という流行語などを取り入れて、一定の『社会風刺』をしているようにも見えるが、しかし、他方からすると、『忖度を笑い話にしてしまうこと』が、今の社会(おかみ?)の求めていることであること、つまり、どちらにしても『同調性』の世界で、NHKが今後とも生き抜いていくことを『宣言』している(居直っている?)ようにも見えてしまうのだ。

ともかく、何とも『皮肉さ』を禁じ得ない番組であった。
それが、『今の日本社会の姿』を一番、よく象徴しているのではないか?と言われれば、それまでの話になってしまうが…。










https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事