北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

先日、日本からこういうものが送られてきた(転送してもらったもの)。

イメージ 1

イメージ 2


これは、3月25日(つまり、今度の日曜日)に実施される『中国語検定試験』(一般財団法人 日本中国語検定協会が実施主体)の受験票である。

この試験、準4級、4級、3級、2級、準1級、1級とクラス分け?がある(日本の試験だから1級が一番、難しい)が、私が今回受験するのは3級である。

たしか、以前、成績はあまり良くなかったが2級に合格した記憶があるが、今回は、(前に中国に留学と称して、出掛けてから昨年から台湾で暮らすまで、ずっと中国語の勉強をやめてすっかり忘れているので)再び、3級から出直し?の受験である。

というよりも、そんなに真面目に勉強をしていなくて、ある種、(刺激を継続してインプットするための)受験みたいなものである。
(どうも、『言い訳』が多いが…。)



今回は、台北会場での受験(昔、上海会場で2級を受験した記憶がある。というより、さきほどこのブログをチェックしたら、自分で書いていた。そのときは『不合格』だったが…)である。

3級の試験は、午前10時集合ということになっているので、私が住んでいる台中市内からだと、(高速鉄道で出かけても)間に合うかどうかはっきりしない。
おまけに受験会場の『台北日本人学校』というのは、天母地区という台北市のやや郊外(おまけに、これまで出かけたことがない場所)に位置するので、今回は『前泊』で行くことにした。

そして、ついで?にと思って、(士林にある)『国立故宮博物院』も見学することにした。
もともと、既に仕事のない身で、『暇』なものでついでに、3泊して『台北故宮』に少しなじみになろうかと思った。



ちなみに、『故宮』というのは、(古い宮殿という意味なのだろうが)北京にある『紫禁城』とも呼ばれる(ラストエンペラー=溥儀でも有名なあの)建物が有名で、昔北京に住んでいた頃、何度も行ったことがある。
(ただし、そこに置かれていた各種の品々については、そのころ、あまり関心がなくて、おそらく別料金で見学ということが多かったのだと思うが、あまり見ていない。)

そこで、今回、北京と台北、両方の比較の意味合いもあって行ってみようと思った次第だ。
(台北の故宮は、昔、20世紀のころ、一度訪ねた記憶があるのが、その時のことはあまり覚えていない。)


それで、台中市内から行きは高速鉄道(いわゆる台湾新幹線)で帰りは在来線でと考え、一通り切符を購入した。ホテルもインターネットで予約した。
そのように準備万端?整えた(ただし、肝心の勉強のほうは、あまり出来ていない)ところ、先日、27日に日本の国会で佐川前国税庁長官の『証人喚問』があることがわかった。

この『森友疑惑』については関心があり、安倍首相の一日も早い『退陣』を強く望んでいる一人なので、そこで27日の午後に乗る予定だった、在来線の特急の乗車券はこれから『キャンセル』『払い戻し』をして、早朝の高速鉄道に乗って、さっさと台中市に戻り、自宅から、インターネット中継でこの証人喚問の様子を見るつもりである。

(どうせ、NHKテレビの海外放送では、国会中継はやらないだろうから…。日本のNHKテレビで放送する場合でも、海外放送では流さないのだから、NHKは依然として『安倍政権』によって、『拉致』されたままである。)



このようなことを書くと、(安倍首相を強く支持する人の一部から)中国語を勉強する人間は、『反アベ』であり、『親中国』だと思われてしまうかもしれないが、私は習近平による中国共産党の現在の『統治』の在り方については、極めて批判的である。
(このことは書いておきたい。)

また、インターネットによる台北会場での申し込みができながら、受験票が日本(の留守宅)に送られてきているのは妙だと感じられている人もいるかもしれない。
実は、これは私もどうして、そのようにしたのか忘れてしまった。

中国語検定協会は、日本から海外(台湾)に受験票を郵送することはしてくれないのかもしれない。
あるいは、私が今、住んでいる台湾は独特なローマ字表記をしており、自分の住所は漢字でなら書けるが、ローマ字表記は自信がない。
ところが、受験票の送り先を海外にする場合は、たしかアルファベットによる入力した受け付けないというようなフォーマットになっていたのかもしれない。

どちらの理由によってか忘れてしまったが、今回、受験票は横浜の留守宅に送ってもらい、それを管理してもらっている人(義姉だが)に台湾に転送してもらった次第だ。

試験会場の様子とか、試験自体については、また何回か書いてみたい。










https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、クリックをお願いします。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事