北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

安倍晋三という奇妙な政治家のことを考えていると、非常に腹が立ってくる。
彼は、『公文書改ざん』など、いわば『歴史を改ざん』するくらいのレベルのことを、彼らの一味の力で延々と行っている。

それは、もはや『忖度』などというレベルより、もっとずっと『悪質』なもののような気がする。
仮にスポーツ界であれば、選手が不正をして『金メダル』を獲得したり、あるいは『世界記録』を出したりした場合、それは事後的に『はく奪』されたり、『(記録が)抹殺』されたりするのであろう。


安倍首相に対しても、そのような『懲罰』を適用すべきではなかろうか?
彼は、奇妙なことにやたらに、『歴史』とか『記録』にこだわり、総理大臣としての在任期間の長さとか、あるいは自分の代で『日本国憲法を<改正>すること』あるいは、その『発議をすること』に嫌にこだわっている。
むしろ、そのために、『すべてを犠牲にしている』と感じるほどのこだわり、執着を見せている。
どうも、そうしたことをすることができれば、自分は『歴史に名を残すことができる』と錯覚しているようだ。


しかし、政治家というのは、何も『良いこと』をしたというだけで『名を残す』ものではない。
安倍首相のように、『公文書改ざん』を平気で行うような内閣を率いる総理大臣というのは、(少なくとも)戦後政治において『前代未聞』のことであろう。

このように『歴史にこだわる』人物であるならば、彼が『恥ずべき事』を総理大臣の任期中に行ったことを含めて、彼の『総理大臣の在任期間』が単に長いことを(ただ)記録して、『祝う』のであれば、それは『本末転倒』であろう。


もちろん、すべては今後の『検証』結果がどうなるかにもよるが、今後、厳しい検証を行って、安倍首相の『公文書改ざん』等に対する『責任』というものが明らかにされた暁には、彼の『総理大臣の任期』をさかのぼって、(一定の『記録』『業績』を)抹殺してしまうというような『選択』があっても、良いのではないかと思う。

今のようなやり方だと、『悪い奴ほど、よく眠る』つまり『やったものが勝ち』ということで終わってしまう。
スポーツ選手にならって、『政界から永久追放』『総理大臣としての実績の抹殺処分』というようなことも、あり得ても良いのではなかろうか?


そのように彼らに思わせることができれば、政治家のお行儀も(少しは)改善されるのではなかろうか?
今のところ、彼らは、『世の中をなめている』としか思えないような行動を平気でとっている。
あまりにも『無責任』であり、日本の社会は、『権力者の犯罪』に対して、あまりにも『優しすぎる』という気がするのだ。


それは彼らが背負う『リスク』というものが、非常に小さいから、平気で『暴走』をするのであろう。
安倍首相が、(独裁者のような)『権力者の道』を志向するのであれば、『転落した独裁者に課せられる罰』という『末路』も用意されるのでなければ、あまりにもバランスが悪い。


『悪ふざけ』で『軽い気持ち』で独裁者まがいのことを平気で行う人々の横行に対して、『歯止め』をかけることができなくなってしまう。
(そして、失敗した場合は、『僕は独裁者じゃないんだから…』『あなた方、国民が僕を支持したからいけないんだ』という言い訳を許してしまうのである。)










https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、クリックをお願いします。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事