北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

自衛隊のイラク派遣時の『日報』が、『存在しない』と言ってきたのに出てきた問題(しかも、その存在を1年近くにわたり統幕参事官室や防衛大臣に報告していなかった)、これは体力が低下しつつある安倍内閣にとって、決して『うれしいニュース』などではないだろう。

その他、(森友・加計以外でも)『働き方改革』『年金データ』『オスプレイの横田基地配備』などさまざまな問題での情報隠蔽・文書改ざん等の疑惑が露呈してきている。

イメージ 1


これが、本日(8日)付の『朝日新聞』の1面記事である。
そもそも、稲田・前防衛大臣の『指示』があいまいなものだったようだ。
(あるいは、もはや稲田氏を『防衛大臣』として認めないというような、自衛隊内部の空気がもしかしたらあったのかもしれない。)

稲田大臣は、口頭で『(イラクの日報は)本当にないのか』と言っただけだと報じられている。
これなどは、まさしく先日の佐川証言の際に、丸川珠代議員が、『安倍首相からの指示はなかったのですね』『昭恵夫人からの指示もなかったのですね』と誘導尋問まがいの質問を発していたことを思い出さざるを得ない。


同時に、今回の件は、もはや表舞台から去ってしまったかのようにも見える稲田氏の防衛大臣辞任が、いつ、どのようにして辞任しかたを思い出させてくれる。
(そういう意味では、常に『健忘症』という病にかかっているかのような日本国民にとって、『貴重な機会』を与えてくれているのかもしれない。)

イメージ 2


これが、昨年7月29日付の『朝日新聞』39面の記事である。
前日の28日に、稲田防衛大臣は辞任をしている。
8月3日の内閣改造まで持ちこたえさせようとしていたのだが、ついに持たなかった。

辞任理由は、『日報隠蔽』問題、さらに参議院選挙の応援演説で、『自衛隊として自民党を応援している』というような内容の発言をしたことが、追い打ちとなった。

ところで、問題なのは『辞めたあとの動き』である。

イメージ 3


同じく7月29日の『朝日新聞』1面ではこのように報じられていた。

一方、自民、民進両党は28日、内閣改造後の8月7日の週に、日報問題をめぐる国会の閉会中審査を開くことで合意。
新防衛相と稲田氏が参考人として出席するが、自民党は首相の出席については「そこまでの必要はない」として拒否した。>


イメージ 4


ところが、8月1日付の『朝日新聞』1面には、こういう記事が出ている。

<竹下氏は8月7日以降に閉会中審査を行うと述べる一方で、「(稲田氏は)大臣を辞任し、一番重い責任の取り方をした」と主張。出席を拒んだのは、「辞任した大臣を国会に呼べる前例をつくってはいけない」(自民国対幹部)との理由からだという。>

このような理由にならない理由(これも『美しい日本の伝統美』と主張するつもりか?)で、稲田氏は『閉会中審査』に出席することもなく、自らの責任あるいは、『日報隠蔽』問題について、これ以上、語ることはなかった。

『辞任でもって、すべてを水に流す』という日本の、従来のやり方の『問題性』の極端なケースが今回、演じられた。


安倍首相は、結局、稲田氏を『トカゲの尻尾切り』で切り捨て、同時にそういう手法で、安倍政権の延命(と将来の稲田氏の『復権?』)を画策した。

しかし、もはや、やたらに『トカゲの尻尾』を切りすぎて、何が『尻尾』で何が『頭』かわからなくなりつつある状態(そして、この大量の『トカゲの尻尾』が、政権にとって致命的なほど、真綿のようにまとわりつつある状態)になってきたと言えるのではなかろうか?


このような『醜悪な政権』をこのまま延命させるのは、『右』とか『左』の問題でなく、日本の『民主主義』(日本がこれまで理念として掲げてきたこと)に関わる問題だろう。










https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、クリックをお願いします。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事