北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

本日(24日)、ネットのニュースを見ていると次のようなものがあった。

<希望と民進>新党名に「国民党」案 協議会で検討
4/24(火) 6:45配信



<希望の党と民進党の執行部は23日、両党が結成する新党の名称を「国民党」とする検討に入った。新党の綱領案には「穏健保守からリベラルまでを包摂する国民が主役の中道改革政党を創る」との基本理念を盛り込む。

両党は23日、所属国会議員を集めた会合をそれぞれ開き、新党名について意見を聴取。「国民民主党」「改進党」などを推す声があった。民進党の会合では「共和党」を提案する意見もあった。24日の新党協議会での検討を経て決定する。

また両党は基本政策案でも大筋合意。安全保障関連法について「現憲法の平和主義を尊重し、専守防衛を堅持するとの原則に基づき、違憲と指摘される部分を白紙撤回することを含め、必要な見直しを行う」と記す。原発政策は民進の政策を踏襲し「2030年代原発ゼロに向け、あらゆる政策資源を投入」としている。


日本の野党が、国際的なセンスに欠ける人たちが、多いようだということは、その最大の『欠点』の一つだろう(だからこそ、『自民党』や『安倍政権』の巻き返し、延命を許してしまう?)。

だが、この間まで(あるいは現在も)『民進党』を名乗っていた人たちが(少なくともその一部が)今度は、『国民党』などと言い出すのはどういうことか?


『国民党』は『中国国民党』の別名で、1919年に孫文が、『中華革命党』を改組して結党したという。
その後、蒋介石が国民党の独裁者となり、中国大陸で『共産党』とで内戦を繰り広げ(その前は、『国共合作』で日本軍と戦ったが)、敗北して台湾に逃げ込んできた。

さらに蒋介石の死後、(息子の)蒋経国や李登輝によって、変化を遂げ、今日では、『民進党=民主進歩党』と政権を争っている。
(現在は、2016年の総統選に蔡英文=女性=が勝利し、民進党の天下である。)


台湾の今日の『国民党』は、『中国との統一優先』『中国共産党と融和的な姿勢』であり、『台湾の自立優先』『多くの局面において、中国共産党の対立の姿勢』である『民進党』と激しく争っているというのが、現実の姿である。


おそらく、今回、『国民党』という名称が候補として出てきたのは、戦前の日本において、『立憲国民党』という政党がかつて、存在していたことからそういう名称が、一つの候補として提起されているのかとも思う。

ネットでは、次のような記述が見られる。


<立憲国民党(りっけんこくみんとう)は、日本の明治末期・大正時代の政党。

立憲政友会が藩閥政府と妥協したことに反発した、反政友会各派が合同運動を繰り広げるが、1910年(明治43年)3月14日 立憲改進党の系譜につながる憲政本党を中心に又新(ゆうしん)会と戊申倶楽部の3派(創立直後の第27回帝国議会開会時の代議士は93名が合同して立憲国民党が結党された。(省略)

1913年(大正2年)の大正政変では、桂太郎の新党運動に対して片岡直温が呼応、犬養が片岡を除名処分にしたところ、これをきっかけに大石・島田・河野ら改革派がこれに反発して脱党し、桂の立憲同志会に参加するものが多数出て勢力は半減(分裂直後の第31回帝国議会開会時の代議士は41名)した。

それ以後は犬養が党首となり、普通選挙法実現を掲げるなどして護憲運動を指導し民党として活躍した。しかし、立憲政友会や立憲同志会(後に憲政会)の攻勢を受けるようになり党勢は衰退する。(省略)

1920年(大正9年)第14回衆議院議員総選挙では29名当選と振るわず、1922年(大正11年)9月1日 解党した。 >


しかし、これを見るまでもなく、『民進党』から『国民党』への転換を提案するなどというのは、今日の台湾の政治状況、あるいは中国の現代史を考えると、およそ考えられないことだと思う。

そんなにしてまで、(アジアのなかでの)『日本』の存在感のなさ、歴史観のなさをアピールしたいのかと思う。










https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事