北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

一昨日(4月29日)、また(台中市内から)台北にある故宮博物院に出掛けた。

ここには、1カ月ほど前、3月24日と25日にも出掛けている。

よく何度も出掛けるものだとあきれられるだろうけど、今回は、スンナリ一通り見ることができた。

イメージ 1


今回、出掛けたのは実は、5月5日から嘉義市と台南市をちょっと一回りする予定を立てている。
嘉義市では故宮博物院南院という、故宮博物院の別館のようなものを見に行くつもりだ。
(これは、比較的新しく出来たものである。)

それで、そこを見るには、やはり台北の故宮博物院を一通りは見ておかねば、比較にも何にもならないと思って出掛けた。
今回は、前回と異なって、『中国語検定試験』の受験と合わせてなどという『別の用事』はない。

それで、シンプルにざっと見て回る、気に入ったものだけ見る。気に入らないものは見ない、という方針?を立てた。また、泊まり込みでなく、日帰り旅行にした。

イメージ 2


するとどういうわけか、前回、『とても高い障害?』のようにも思えた、故宮博物院の見学がスンナリと出来た。
(もっとも、そこにいた時間はさほど長くないが…。)

このように考えると、やはり前回は、『故宮博物院』に対して『中華文明を背負うもの』というような過大評価?(一種の『恐れ』?)があったのかもしれないとも思う。

イメージ 4


イメージ 3

ここが見学のための入り口である。入場券を別の窓口で購入して、ここに並ぶ。

注意事項が表示されている。
通常の撮影は可能である(フラッシュや、自撮りなどはダメ。なお通常の撮影も禁じられている作品もある)。
リュックなどは持ち込み禁止である。

イメージ 5


そこで、リュックはここのコインロッカーに預けた。10元硬貨を入れれば使用できる。なお、硬貨は後でもどってくる。
(この辺は、先月、2回出掛けているので、勝手を知っている。むしろ、東京・上野の博物館が今、どうなっているのかのほうが分からない。)

イメージ 6


ここは、喫茶コーナーだが、今回利用した(コンビニで、飲料水やおにぎりなどは購入していたが、やはり『休憩』をとるには、ここでコーヒーやヨーグルトを食べてゆっくりするのがリフレッシュ効果があった)。


それ以外、今回、試みたのは故宮博物院の館内に入場してから、『再入場』のための許可をもらったことだ。
どうやってやるかというと、手のひらに青いインクでスタンプを押してくれた。
おそらく落ちにくいインクを使用しているのだろう。

その一度、外出?した際に、さきほどの『喫茶コーナー』を利用した。
(もう少し、本格的なレストランも別にあったが、どうもそこは値段も高そうで、敷居が高いと感じたので、今回はここを利用してみた。)

それでは、中で何を見て、何が比較的心に残ったか、簡単に紹介する。
自分が、ある程度気に入ったものだけ、写真を撮って回った。
(つづく)












https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事