北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

本日は、5月5日。
日本は、祭日だろうが、台湾では普通の土曜日(のはずだ)。

今日は、台湾の嘉義市に来た。
というのは、台中市内から、3泊4日の一人旅を計画した。

今日は、嘉義市内に泊まり、明日と明後日は、台南市内の以前に泊まったところに泊まる。
そして、明日は行ったことのないところに行くつもり。
(どこに行くのかは、明日になればわかる。そんなに珍しいところでもないのだけど…。)


今日は、故宮博物院の南院というところに出掛けた。
ここは、2015年の?月にオープンしたばかりのところ。
(日本ではあまり知られていないのかもしれない。)

今朝、台中から嘉義までは高速鉄道(いわゆる台湾新幹線)に乗った。
9時48分に乗って、10時13分に降りた。わずか25分くらいの乗車時間。次の駅で降りたわけだ。

ただし、インターネットで窓際の席を予約していたので気が付いてみると、2人の女性が既に座っていたのをかき分けて、奥の窓際の席に座るはめになった。
しかも、キャリーバッグ?(と呼ぶのだったと思うが)を持参である。
なかなか、人迷惑な話だ(と我ながら思う)。


やはり、台湾の列車に乗った時は、少しでも窓からの風景を楽しみたいと思う。
というのは、どういう風景が目に飛び込んでくるか、よくわかっていないから。
だから、『窓際』の席を予約していたのだった。
(高速鉄道の席は、横2列の場合と、横3列の場合とがある。今回は横3列だったので、2人をかき分けて一番、奥に座ることになった。)

高速鉄道の嘉義駅から、故宮博物院の南院までは、簡単だった。
シャトルバスのようなものが出ていた。

イメージ 1

イメージ 2


10分もしないで目的地に到着した。
しかも、台中市内でも使っている、交通カード(ICカード)をそのまま使えた。

ただし、このバス、どこ行きなのかよく把握していなかったので、あわや、(故宮南院を通り越して)次のバス停まで載せられていくところだった、

どうやら、このバスは『博物館の建物』のすぐ前にまで行きそうにない(故宮南院のある広大な敷地の端のバス停に停まるだけ)、ということがわかって、あわてておろしてもらった。

イメージ 3


故宮博物院の南院の敷地は、ひどく広い。
ものの本には、『故宮南院は70ヘクタールの広大な敷地の中にある』(『地球の歩き方 台湾(2018〜19版)』)などと記されている。台北故宮の4倍にあたる広さだという。
ただし、これはあくまでも南院の置かれたスペースの話。

もともと日本統治時代は、サトウキビ畑だった広大な土地に建てたらしい。
南院自体は、どのくらいの広さだろうか?

イメージ 4

イメージ 5


ユニークな形をした建物(アメリカの著名な建築家アントワン・プレドックに依頼したと書いている本もある。もちろん、私は、建築家の名前など知らない)で、台湾の民進党政権が2008年の開館を目指して、2005年に工事を進めたのだという。

結局、工事は遅れに遅れて、この南院が開館したのは、2015年の12月。
すでに(工事を開始したときの責任者=)民進党の陳水扁総統の政権は、2008年に終了しており、開館がされたのは、(対立する)国民党の馬英九総統の政権(2008〜2016年)のころである。

この南院は、今の蔡英文政権でも、持て余しているという話も聞いていた。
ほとんど人気のない施設だというのである。
それで、どんなものかと思って見に来た。

昨夜、故宮南院のサイトなどを訪れて、施設の概要、入場の手順などを確認すると、『入場には、原則としてインターネットでの予約が必要』などと書かれており、おまけに昨夜の時点で既に(本日の分の)『予約の受付終了』などと出ていたので、多少、焦った。
(今日は、土曜日だから、来場者が多いのかもしれないと思ったのだ。)

だが来てみると、来場者はさほどいない。
おまけに、予約などしなくとも、どんどん入れた。
(私の場合は、最近、台北の『故宮博物院』に行っていたので、その半券を示すと、無料のチケットをくれた。)

台北の故宮と同じく、無料のコインロッカーがあったので、私はリュックと、キャリーバッグ?と2つのコインロッカーを使用した(それぞれ使用開始に10元硬貨を要するが、それらはあとから戻ってくる)。
ただし、入場者がスカスカで、がっかりしたというよりも、むしろゆったり見られてよかったという印象だ。
(つづく)










https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事