北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

この記事の続きだ。


山口二矢のことを、この本はいろいろ書いているのだが、それは(私にとって)そんなに衝撃的な話ではなかった。
せいぜい、『そうだったのか?』という程度のことだ。

この『テロルの決算』という本が印象に残ったのは、むしろ被害者である浅沼稲次郎を描いた部分である。


浅沼稲次郎という人は、『人間機関車』と呼ばれ、社会党の書記長(党内の派閥力学によって、当時、『万年書記長』的な役回りにあったらしい)をずっと務めていたらしいことは知っていたが、人生の最後に社会党委員長になった。

全国を飛び回って、演説をしたり、デモの先頭に立っていたというが、演説については、そんなにうまそうな印象を受けた記憶はない。
ただ、巨体によって(これが『人間機関車』と呼ばれた理由なのだろうが)、またその最後の『倒れ方』(とその写真)によって強い印象を残している。


だが、彼は社会党内で『右派』と呼ばれていたようだ。それが、昭和34年(1959年)に2度目の『訪中』をした際に、『アメリカ帝国主義は、日中人民共同の敵』というような発言をして、それが日本国内でも報道された。

それに対して、日本の『右翼』たちが、『許せない』『売国奴だ』と騒いだことが、浅沼稲次郎氏を山口二矢の標的のリストにランクインさせることにつながったのだという。


この本で面白かったのは、浅沼稲次郎氏の戦前における政治的遍歴を細かく描いた部分である。

戦前においては、(共産党以外の潮流としては)『右の社民(社会民衆党)、中間の日労(日本労農党)、左の労農(労働農民党)の三派』がその後の『無産運動の源流』となったというが、『浅沼の籍は、大正15年12月の日本労農党の結成以来、一貫して日労系にあった』と沢木氏は書いている。
戦前の日本の政党は、今日の『民主党』系、あるいは『小沢一郎』系の政党のように離合集散を繰り返し、最後は、(大半が)『大政翼賛会』のなかに吸収統合されるに至る。


そうした政治過程のなかで、浅沼の『政治的先達』(簡単にいうと『親分』?)は、麻生久という政治家だった。

浅沼は、もともと『共産党』にも『労農』派にも参加していないので、いわゆる『マルクス主義』や『社会主義・共産主義』とは一線を画す人物のようだ。早稲田大学の『雄弁会』というサークルに属し、それと重複するように『建設者同盟』という政治グループに参加していったようだが、それはロシア革命という時代の流れに影響を受けながら、労働争議、特に炭鉱労働者たちの運動を応援するというもののようで、特に特定のイデオロギーを信奉するというものではなかったようだ。

しかし、浅沼が参加していった『麻生を中心とする日労系グループは、中国大陸での戦火が広がり、国民の戦勝ムードが高まるにつれて、その反戦主義を捨て去っていった』という。
昭和7年には、『全国労農大衆党から社会大衆党への大同団結』という流れに乗ったが、それは『露骨な右旋回』だったとしている。

斉藤隆夫という民政党の代議士の『反軍演説』(中国とのこの宣戦布告なき戦争は果たして聖戦なのであろうかという演説)という事件があったが、『浅沼ら日労系グループはその多数派として斎藤の除名に賛成し、それに反対した社民系グループ10名を、社大党から除名してしまった』のだという。

『日労よりはるかに右であるはずの社民が、逆に議会主義の最後の一線を守ることになる』という、悪夢のような光景が繰り広げられる(なお、ここでいう、『社民』とは社会民衆党系列のことをいうらしい。
こうした流れは、『日労系』の場合、リーダーである麻生久の『「革新」的青年将校に対する独特の共感』によって方向づけられていたと沢木氏は書いている。


ともかく、『日労系』はやがて『大政翼賛会』と呼ばれるものの流れに加担=参加していくが、そのような方向付けがもうどうしようもなくなった、昭和15年(1940年)、麻生久は病気により、49歳の生涯を突然、閉じてしまった。

この『日労系』の政治家たちの中で、『最も深刻な衝撃を受け、永く立ち直れなかったのは浅沼である』と沢木氏は書いている。

これまで『麻生の敷いたレール』の上を走ってきたのであるが、『今まで麻生が引き受け暮れていた、さまざまな行動の責任が、一挙に彼自身の肩にかかってきた』。
浅沼は、大政翼賛会の幹部として、「愛国」的行動に参加せざる(あるいは、これらを率いていかざる)を得なかった。
(しかし、このような大勢翼賛会の在り方は、生前、麻生自身が望んでいたものとも異なるという。)


こうした状況のなかで、浅沼の『精神が音を立ててきしみはじめる』と沢木氏は書いている。
それは、単なる文学的表現ではなかったようである。

『大日本農民組合』を解散するにあたって、同志たちがその行動を批判すると、浅沼は『この先どうしてよいかわからなくなってしまった』とつぶやき、『やがて泣き出してしまった』という。
『昭和17年、浅沼は突然、精神に異常をきたす。』
『幻覚と幻聴にも悩まされるようになる。「つかまえにくる、つかまえにくる!」』

『妻と少数の同志の手によって浅沼は入院させられる。』
やがて、それは改善するが、しかしこうしたことは一度、起きただけではない。

戦後、浅沼が社会党書記長になり、それに対して、『大東亜青年隊浅沼稲次郎の戦犯を追及する!』と浅沼の公人としての資格が問われる事態になったとき(昭和22年のことのようだ)にも、『肉体的な変調が連動し、浅沼は再び精神に異常をきたす』と書かれている。


このように浅沼稲次郎という人は、意外とデリケートな精神の持ち主で、また『左右対立』を繰り返す社会党のなかにあって微妙な立ち位置にいたのが、昭和34年(1959年)の二度目の訪中で、『アメリカ(帝国主義)は日中人民共同の敵』という、これまでの政治的立場を大きく踏み出すようにも見える発言を行うことになる。
(そして、この発言が、浅沼を山口二矢の『暗殺者リスト』に繰り入れさせることにつながっていく。)
(つづく)









https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事