北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

昨日(26日)のニュースで一番、驚くべきものと言えば、電撃的に2回目の『南北首脳会談』が実施され、同時にトランプ大統領のほうでも(6月21日に)『米朝首脳会談』を実施しても良い?みたいな対応をしているかのような報道が広がってきていることだろうか?
(もちろん、これは、『どこの国に住んでいる人なのか』で当然、優先順位は異なってくるが…。)

しかし、この件は、そもそもニュースをまだよく見ていないし、得てしてこういう話は『真偽』の判断を慎重に行わなければ、判断を誤る可能性が高い。
だから、今日の時点では、『深入り』を避けたい。


そこで、(比較的)ここの記事として扱いやすいものについて書きたい。
私が、個人的に面白いと思ったのは、『犬関連』の話である。


安倍首相夫妻が、こういうタイミングでわざわざ、ロシアにまで出かけている(明日の月曜日には国会の審議に出席することになっているので、それまでには帰ってくるのだろうが…)。

一体、プーチン大統領と何を話しているのかと思ったら、秋田犬の贈呈式に(わざわざ)夫婦で出席したようだ。
ネットでも話題になっているようだが、ロシアの(フィギュアスケートの金メダリスト)アリーナ・ザギトワ選手に秋田犬『マサル』(と言ってもメス犬だけど)を贈呈するのだという。

私も、子供のころは犬を飼っていたことがあり、そのころは『犬好き』だった。
(ただし、最後は、飼い犬のうち一匹は、一家でアメリカに転勤したおりに、『保健所』にと殺処分のために連れていかれてしまい、非常に怒り、悲しんだという苦い記憶が残っている。)

この『秋田犬』というのも、たしかにかわいい。
ザギトワ選手などは、特にペロペロ顔をなめている写真や、動画が出回っている。
ところが、(『支持率回復』のため?)この贈呈式にわざわざ、乗り込んだらしい安倍首相は、どうも『犬が苦手?』のようにも見える。

ネットで流されている動画は、『安倍嫌い』が意図的に宣伝している可能性もあるが、何となくこの秋田犬を扱いかねている安倍首相の姿が映し出されているようだ(もちろん、違った角度の写真もあるかもしれないが…)。


私は、もともと『犬好き』であり、猫の方は飼ったことがないので、よくわからない。しかし、最近の風潮では、『猫好き』が増加している模様だ。
また、『犬』に対しては(私は、今、台湾に住んでいるが)どこの国でも、『強い者に対してへつらう動物』というマイナスイメージも同時に存在している。

安倍首相は、まさにトランプ大統領に対するその態度など、(マイナスのイメージでの)『犬』そのものでしかない。
(これは、犬にとっては、迷惑な話ではあるが…。)


ともかく、世間では『わかりやすい話』が一番、浸透しやすい。
安倍首相は、自分が(国際情勢のなかで)『犬のような政治家』であることを、ロシアならびに日本の国民に再度、アピール?するためにこんな行事に出席しているのだろうか…。


さて、もう一つの驚いた話。
面倒なので、『朝日新聞』(27日付朝刊)の記事から引用させてもらうと次のようなことだ。

<学校法人「加計学園」は26日、愛媛県今治市への獣医学部新設をめぐり、2015年2月に加計孝太郎理事長が安倍晋三首相と面会したと記述した県の文書についてのコメントを発表した。

当時の担当者に記憶の範囲で確認したとし、「実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出し、県と市に誤った情報を与えてしまったように思うとの事でした」としている。>

私は、この『加計学園の発表』(FAXで報道各社に送られたらしい)なるものの写真の画像をネットで見た時に、『何だった、これは』『怪文書か?』と思ったくらいである。
極めて珍奇な文書である。


こんなものをFAX一本送って、説明したつもりになれると思ったら大間違いである。
『加計学園』もまた、日本大学のように誰かが表に出てきて、きちんと『記者会見』でもやらないと、話はおさまらないだろう。
(やがて、加計耕太郎理事長が国会に出てこざるを得なくなるのではないか…。それを止めるのは、『安倍首相の辞任表明』くらいか…。
それとも、『衆議院の解散』に踏み切るのか…。)


いよいよ、安倍首相の『嘘』(とか思えないが…)はほころびを拡大してきているようだ。
明日の国会で安倍首相が何を述べるか、『楽しみ』ではある。
(台湾で放送される『NHKワールドプレミアム』では、明日の国会での集中審議は放送されない可能性もあるが、その場合は、『インターネット中継』で見るだけである。)


(たしか)水曜日には、(非常に短い時間ながら)『党首討論』もあるという。
非常に悪い環境下で、安倍首相は『党首討論』への出席も余儀なくされている。
(『無所属の会』が、割り当てられた短い時間=3分だったか=を返上し、その結果、『立憲民主党』と『国民民主党』がそれぞれ、2分と1分、質問時間が増えたらしいが、『納得できる対応』と言えよう。)







https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事