北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

『働き方改革』法案は、衆議院を通過して、参議院に回ってきている。

安倍内閣では、さすがに、この『働き方改革』法案だけでは、(経済を成長させる)『成長戦略』を立案している『ふり』もできないと考えてか、今度は『カジノ法案』(統合型リゾート実施法案)も重要法案で、今国会で通すのだといきまいている。
(この法案は、日本人がカジノを利用しにくくするための『制限』を付しているので、『賭博中毒者』を拡大する心配はないなどと政府は言っているが、怪しいものだ。

どうも、安倍内閣は、経済がうまく展開できないあせりからか、『筋悪』の法案ばかりを通そうとしていると感じる。)


その前に、『働き方改革』法案のほうだが、これに含まれていて、最大の争点化している『高度プロフェッショナル制度』については、先日、NHKの『クローズアップ現代+』で取り上げ、賛成・反対両派の議論の模様を生中継する(時間は非常に短いが)などの状態になっている。

このように関心は高まっているが、どうにも内容が分かりにくい。
私も、前の記事に書いたように、この『法案』の条文もチェックしてみたけど、分かりづらい。
(というか、わざとわかりにくくしているのではないか、という気がする。)



というのは、この『高プロ』制度というのは、『労働法』のなかに、『労働法を破壊する時限爆弾』を仕込んだもののような気がするからだ。

一番のポイントは、この『高プロ』は、『成果で労働者を評価する制度』などという宣伝文句が付けられているが、そんなことは、『法案』のどこにも書かれていないということだ。

書かれているのは、『高プロ』制度が適用されると、<「労働時間、休憩、休日及び深夜の割増賃金に関する規定」が適用されなくなる>ということだけである。
(つまり、運よく)『理解のある経営者』に恵まれれば、この制度が善用される可能性が『ゼロ』とは言えないが、そうでない場合、この制度は、広く害悪を及ぼす危険性があるということだ。


これはどういうことかと考えていたら、自分自身が、これまでどういう『労働の仕方』をしてきたかを思い出された。

私は、大企業や中小企業で、雇用されたのちに、1995年に(当時務めていた)中小企業を退職して、(当時の『流行り言葉』で言えば)『独立』した。

これは、当時、『中小企業診断士』という資格(現在では、国家資格になっている)を取得して、一定の年数がたっていたことと関係していた。


この資格だけで、食っていけるとはなかなか思えなかったが、当時、勤務していた中小企業(というか零細企業)で、社長との折り合いが悪くなってしまい、(ある意味で)『独立せざるを得ない』状況になってしまったからだった。
(1995年という年は、阪神淡路大震災やら、地下鉄サリン事件などが起きて、ある種、騒然とした年であったことも、その背景としてあった。
つまり、『いつどうなるか分からない』世の中だから、思い切った行動をしても『許される』?ような気分が自分のなかでしたからである。)


だが、勢い込んで『独立』して、『経営コンサルタント』を自称してみても、そもそも私自身に、そのような経験が十分、あったわけではない。
(第一、性格的に果たして、そのような職種が向いていたのかという疑問すら、今となってはわいてくる。)

そこで、何年かすると、今度は『中小企業診断士』の資格取得のための『予備校』(もともとは、税理士のための専門学校から出発した学校法人)のために、教材を作ったり、あるいは時には、教壇にたって教えたりするのが、自分の収入のかなりの部分を占めるようになってしまった。
(どちらかというと、『ミイラ取り』が『ミイラ』になってしまったような気分だった。)


この時、体験したのが、『業務委託』と呼ぶべきなのか、つまり自営業者として『業務』(教材作成あるいは授業の実施など)を請け負うという仕事である。

これは、表面的には、『労働者』としての雇用契約と似ているが、その『契約』としての性格は異なっている。
(これは、通常、『フリーランス』などといって、『自由』で『気楽』な働き方のように宣伝されることが多いが、全くそうではない。
いつ仕事が入ってくるかわからず、また、仮に自分が病気になっても、何にも保証のない『厳しい働きかた』である。)


そうこうするうちに、この『業務委託』と『雇用契約』の中間のような形態で、いつの間にか働くようになってしまった。
(これが、数年近く続いたと記憶する。)

今、考えてみると、あの仕事の仕方を(さらにもう少し)『ひねった形』が、今、言う『高プロ』の働き方ではないか、という気がするのだ。
そこで、ここにどのような『問題点』がありそうか、自分の記憶をたどりながら、書いてみたいと思う。
(つづく)










https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事