北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

5月31日、加計学園の関係者が、愛媛県庁を訪問したと報じられた。

これは、例の『愛媛県文書』(加計孝太郎理事長が安倍首相に面会したとの加計学園の報告が記載されているもの)についての『謝罪』(嘘をついて、その結果、補助金を獲得して『申し訳なかった?』)のために訪れたものである。


例によって、加計理事長本人ではなく、『嘘をついた』ということになっている渡辺良人事務局長自身が訪問し、会議室の一角での記者たちからの取材に応じていた。

『(県の文書から逆算すると)当時のメンバーからは僕しか言う人はいない』
『嘘というか、そういう思いで説明したんじゃないかと思う』『その場の雰囲気で』
『嘘で認可されたとは思っていない』
などと言いたい放題だが、そもそも、この日、中村時広・愛媛県知事は台湾出張のため『不在』である。

うるさがたの愛媛県知事が、『不在』であるとわかっていて、アリバイ的に愛媛県庁を訪れている。
では、中村知事は、台湾のどこに、何のために出掛けているのか?


私自身が、現在、台湾の台中市に住んでいるために、関心を抱いた。

イメージ 1


すると、中村知事は、この行事に出席のために台湾に訪れていたようである。
これは、台湾の『中央社』という通信社の運営しているサイトにアップされている記事。


その一部だけ、引用し紹介すると、次のような話だ。
『日台観光サミット 交流人口700万人時代の到来に期待/台湾・台中』との見出しが付けられている。

<観光を通じて日本と台湾の交流促進を目指す「日台観光サミット」が1日、中部・台中市内のホテルで開催された。四国で開かれた昨年の会合では「2020年に交流人口700万人達成」という目標が定められており、今回は、交流のさらなる拡大への期待感が示された。交通部(交通省)観光局の統計によると、2017年に日台間を往来した旅行者数の累計は約650万人。>

<林市長はまた、11月に同市で開幕する「台中フローラ世界博覧会」(台中花博)では約800万人の来場者数が見込まれるとした上で、サミットの開催や視察ツアーの実施を通じ、さらに30万〜50万人の日本人観光客を呼び込みたいと意気込んだ。

台中市は、山形県(2018年)、広島県尾道市(2017年)、愛媛県(同)、青森県(2016年)、青森県平川市(同)、大分県(同)、群馬県(同)と友好協定を結んでいる。 >

このニュースについて、台湾の新聞に報じられていないかと幾つか買って探してみたが、昨日(2日付)の新聞だったせいか、何も掲載されていなかった。
 

イメージ 2


他方、『NHK NEWS WEB』のなかで、『愛媛NEWS WEB』というのを見ると1日発信の記事で、上記のようなものがあった。
『知事 台湾で愛媛慣行をPR』との見出しである。
https://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20180601/0001127.html


<愛媛県の中村知事は、県内を訪れる外国人観光客の数を増やそうと観光に関する国際会議の開催に合わせて31日から台湾を訪れていて、一連の日程を通じ、現地の観光関係者などに観光地としての愛媛の魅力をPRしました。

愛媛県の中村知事は、日本と台湾の観光関係者が集まる国際会議、「日台観光サミット」の開催に合わせて、31日から3日間の日程で台湾を訪れていて、昨夜は、サミットに先駆けて台中市で開かれた晩さん会に出席しました。

この中で中村知事や県の幹部は、会に出席した現地の観光関係者らに対し、愛媛県と台湾は野球が盛んな点でつながりがあると説明しました。その上で、道後温泉など観光地としての愛媛の魅力をPRしたほか、ことし秋にはしまなみ海道で国際的な自転車の大会が開かれ毎回、台湾からも含め多くの外国人が参加していることなどを紹介しました。>


ここで中村知事が言っている『野球が盛んな点でつながりがある』というのは、1931年(昭和6年)の甲子園での『第17回全国中等学校優勝野球大会』で(台湾の)嘉義農林学校野球部を準優勝に導いた近藤兵太郎監督が、実は愛媛・松山商業の出身で、自身も園監督として、1918年(大正8年)に松山商業を初の全国出場(夏ベスト8)に導いていたことなどを念頭においての発言ではないかと思われる。

(この嘉義農林のエピソードは台湾で『KANO』という映画になり、大ヒットした。なお嘉義市も台湾の中部にあり、今回の『日台観光サミット』が開催された台中市に比較的近い。)

<続いて中村知事は2日目の1日は、「日台観光サミット」に来賓として出席しました。>
<中村知事は、日本時間の1日夕方には、台北市に本社がある台湾の航空会社「エバー航空」を訪問し会社の幹部と面会していて、松山と台湾を結ぶ定期便の開設に向けて交渉に臨みました。>

<中村知事は1日、エバー航空側に対し、いわばトップセールスに臨み、会社の幹部に面会してチャーター便の運航への感謝の意を伝えるとともに、今後の定期便の開設に向けて交渉しました。

面会はおよそ1時間にわたり、終了後、中村知事はNHKの取材に対し「時期は別だが、将来、定期便を考えて行くと非常に前向きに考えていただいた。これまで台北市や台中市と自転車や温泉などを通じいろいろな関係を作っているので、そういう素地があればお客を呼びやすいと受け止めているようだ」と述べ定期便の開設に向けて前向きな回答を得たという認識を示しました。>

こうした記事を読むと、中村知事は台湾において、しっかりと『公務』を果たしているように思える。
このような中村知事の『出張中』の隙間を狙って、加計学園の事務局長が、とぼけた『謝罪訪問』を行うというのは、ふざけた話である。












https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事