北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

今から1か月ちょっと前に、台南市の郊外にある日本人技術者、『八田與一』(1886年〜1942年)の墓とか銅像のある場所を訪ねた。


イメージ 1


先月書いた記事には、そこが電気を付けていなくて、あまりぱっとしない場所であるかのようなことを書いてしまったが、考えてみると単に『節電』をしているだけの話なのかもしれない。


今の時期、台湾はほとんど『熱帯』なので、日本よりも高湿度で、非常に暑い。
例によって、『異常気象』というようなことが言われている。
やはり、日本同様に『電力不足』が問題になっている。

台湾は、政権政党の民進党が『脱原発』を掲げているものの、国民党を始めとしてそれに対する反発も強く、日本以上に『原発政策』が政治課題になっている。

こういう事情もあれば、そもそも台湾にとって灌漑施設として重要なだけでなく、発電設備としての意義もあった『烏山頭ダム』の設計・推進者=八田與一の『紀念館』で、『節電』に心がけるのは、当然のことなのかもしれないというような気もしてきた。


おそらく、この建物は、観光バスなどでやってくる『団体客』をメインの顧客としているのであろう。
そして、こうした『団体客』の場合、事前にいつやってくるか把握できているはずである。
だから、お客が来るときだけ、『電気』のスイッチをあらかじめ入れて、準備をしておくのだろう。

イメージ 2

イメージ 3


ここで購入したのがこのDVD(たしか300元=1200円くらいした)。
これは、八田與一をテーマにした日本のアニメ映画である。

ウィキペディア(日本語版)には、次のような記述がされている。

<『パッテンライ!! 〜南の島の水ものがたり〜』は、2008年11月15日に公開されたアニメーション映画。文部科学省選定・土木学会土木技術映像委員会選定映画。キャッチコピーは、「夢をあきらめるな」。>

<日本統治時代の台湾で土木技師として活躍した八田與一の業績と台湾地元民の交流を描いた作品。

與一の故郷・石川県金沢市に本社を置く地方紙北國新聞社が創刊115周年記念として出資し、虫プロダクションが制作にあたった。

2008年11月11日に北国新聞赤羽ホールと同月20日に明治安田生命ホール(MY新宿ビル)で完成披露試写会が催され、同月15日に新規開業する金沢コロナシネマワールドにてこけら落としを兼ねて一般先行公開された。その後、石川県内を中心とする学校・公共施設等での上映会、2009年5月8日よりシネマート新宿(ミニシアター)での公開を経て、台湾でも一般上映された。>



この映画のことは、全然知らなかったが、2週間ほど前に、ようやく見た。
(『パッテンライ』というのは、『八田来了』から、『八田が来たぞ』というような意味。)

イメージ 4



なお、このDVDは台湾の地域コードに設定されているので、パソコンの外付けDVD読み取り装置の『地域コード』を台湾のに設定しなおして見た。
(こういう風にすると、『地域コード』が日本のになっているものは見ることができなくなる。
ただし、カミサンも同じようなDVD読み取り装置を持っているので、そちらを『日本対応』とし、私のを『台湾対応』とすれば、外付け装置を付け替えすることにより、両方に対応できるのではと思う。なお、この『地域コード』というのは、4回くらい変更可能ではあるらしい。)


石黒昇監督作品というこのアニメ、なかなか面白かった。
八田與一にあこがれて転職をした日本人技術者の息子(ススム)や、最初は八田らの計画に敵意を感じていた台湾の農民の息子(英哲)など、八田夫婦以外にも個性ある登場人物が出てきて、深みのあるアニメになっていた。

イメージ 5


このアニメを見た以降、台湾のDVDを再生して見ることができることがわかったので、スーパーなどに行ったおり、DVDコーナーをのぞくようになった。
そこで買ったのが、これらの作品。

いずれも、日本の古い映画で『波の塔』(松本清張原作、中村昇監督、1960年松竹映画、有馬稲子、津川雅彦出演)と『馬鹿まるだし』(山田洋次監督、1964年松竹映画、ハナ肇主演)である。
(どちらも、たしか69元=276円くらいで売っていたので、日本でよくある『500円DVD』よりも安い。ただし、中国では昔、もっと強烈に安いのを売っていたような記憶があるが…。)


いろいろ、本を読んだり、テレビを見たりと忙しく?、まだ内容を見ていないが、そのうち、見るつもりだ。
(ただし、台湾の映画、例えば『KANO』などのDVDも置いてないかと、書店などで探してみたが、台湾映画のものはあまりなくて、日本映画とか欧米の映画のDVDばかりだった。昔、邦画を粗末に扱っていた日本と少し似ているなという感じもした。
引き続き、他の店でも探してみる予定。)










https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事