北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

本日(10日)の『産経新聞』の紙面が、非常に面白いことになっている。
(私は、『電子版』で見ている。)

まず、29面(社会面)にはこんな記事が出ている。

イメージ 1


『北「朝日新聞が謀略記事」』『正恩氏 涙報道にピリピリ?』という何とも刺激的な見出し。
その内容を紹介すると…。

<北朝鮮の国営メディアは、朝日新聞のソウル支局長を「御用保守論客」などと名指しで非難する論評を相次いで発表した。>

<朝日新聞は5月、経済改革の停滞へのもどかしさから、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が涙を流す映像が上映されたなどと報道していた。

党機関紙の労働新聞は9日付の論評で、「日本の『朝日新聞』が、われわれの最高尊厳を冒涜(ぼうとく)し共和国の現実を悪辣(あくらつ)にこき下ろす謀略記事を掲載した」と主張。「許し難い犯罪行為の張本人」として、牧野愛博ソウル支局長の名前を挙げた。>


<論評はさらに、「牧野と『朝日新聞』の妄動は、『日本疎外』で不安になりいらだつ安倍一味のそそのかしの下で行われる敵対行為の一環」として、記事が安倍晋三政権の意向を受けているとの見解を披露。>

<同紙(朝日新聞のこと−−引用者注)の朝鮮半島報道をめぐっては、韓国大統領府も5月、政府の対北対応について事実と異なる内容を報じたとして、無期限の出入り禁止処分を通告した。>


何と『朝日新聞ソウル支局長』が『御用保守論客』と認定されるという『珍事発生』である。
実は、私自身、この『牧野愛博』という人に興味を抱いて、最近この人の本を読んだばかりである。

イメージ 2



というのは、牧野氏、最近はこんな本を出している(アマゾンのkindle版で検索したもの)。
たしかに、本の題名からすると、やや刺激的ではある。
おそらく、出版社のせいもあるのだろう。

私は、最近、『米朝会談』に備えて、北朝鮮のことを書いた本を何冊か読んだ(読みかけがほとんどだが…)。
そのなかの一冊として、牧野氏の最新作である『北朝鮮核危機 全内幕』(朝日新書、2018年2月13日発行)も電子版で読んだ。

しかし、この内
容は、ある意味で常識的な範囲のものであり、特に北朝鮮に対して『敵対的』というような書き方ではなかった。
(引き続き、『ルポ 絶望の韓国』というほうも、何が書かれているか興味を感じるが、そちらまで手を伸ばす余裕はない。)


仮に北朝鮮の国営メディアにほめられるようなことばかり書いていたら、日本では『メディアとしては、死んでいる』とみなされることであろう。

ところで、本日の『産経新聞』の3面には、次のような記事を載せている。

イメージ 3



G7で『安倍晋三首相が昨年に続いて北朝鮮問題などで議論を主導した。』、『気候変動問題や貿易問題でも「裁定役」を務めるなど、存在感を発揮している。』としている。

これは、安倍首相に付き従うような記事ばかり書いている田北真樹子記者(NHKでいうと、岩田明子記者のような存在? 昔でいうと『従軍記者』みたいな存在か?)が書いた文章だが、何とも権力者に対する『お追従』のにおいばかりが、ぷんぷんとする記事である。


『産経新聞』は、本日の30面の『朝日新聞・牧野愛博氏』に関する記事と、この『田北真樹子記者の権力者に対する、ちょうちん記事』とで全く整合性がとれていない。
(だからこそ、前者の記事をわざわざ『社会面』に配置して、両者を『隔離?』したのだろうけど…。)


もう少し、分かりやすく説明をしていただきたいものだ。














https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事