北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

本日(21日)、渋谷の映画館『渋谷TOEI』で、この映画を見た。

イメージ 1



これは、白石和彌監督(『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』などを撮った監督だというが、たしかどちらも見ていないので、あまり印象は私にはない)が、作家・柚月(ゆづき)裕子氏が2015年に発刊した小説を映画化したものである。

ただし、私は、小説のほうは、映画を見た後に買ったもので(まだ読みだしていないし)、作家も映画監督もどういう人かよくわからない。


ただ、わかることは、この映画は、東映の映画『仁義なき戦い』シリーズ(飯干晃一氏の原作をもとに、深作欣二監督、笠原和夫氏脚本、そして主演菅原文太のオリジナルのシリーズが1973〜74年にかけて5作品作られた。深作監督の『新仁義なき戦い』あるいはその他の監督のものも含めてヒットを飛ばす)が切り開いた『実録やくざ映画』という分野の20年ぶりの『復活』とも思えるような作品だった。
(『実録やくざ映画』は、当初は衝撃を与えたが、やがてあきられて1990年代にほぼ『終焉した』ということらしい。)

イメージ 2


これが、柚月裕子氏の原作小説と、映画のプログラム。
なかなか、面白い映画だと感じたので、早速買ってきた。

イメージ 3

イメージ 4



私は、菅原文太さんが2014年11月に亡くなられてから、『仁義なき戦いシリーズ5作品』の追悼上映会が(ここと同じ)『渋谷東映』(たしか、映画館の名称を少し変えたようだ)でも開かれたので、そういった機会にシリーズ5本を改めて見て、この『仁義なき戦い』という映画が、敗戦から戦後の『復興』に向けての一種の『精神史』を描いた映画でもあることに気が付かされた。


さて、今回のこの映画は、私が、ここ何年か(日本で、そして台湾で)見た日本のテレビドラマで活躍している俳優さんがたくさん出ているので、そういう意味でも面白かった。

例えば、主役の『悪徳警官』を演じる役所広司さんは、(最近、台湾で見たのを含めると)『陸王』などで、善良な社長さんを演じて活躍。

また、もう一人の(正義の?)警官役の松坂桃李という人をテレビで初めて意識したのは、『ダンダリン労働基準監督官』という2013年10月期の日本テレビのドラマだった。

このドラマで、松坂さんは、竹内結子さん演じる『正義感の塊』のような労働基準監督官のもとに配属された新人監督官という役割だった。
(ある意味で、今回の『孤狼の血』と立場が、似ているところがある。上司は、真逆ではあるが…。)

この『ダンダリン』は、労働基準監督署という2013年時点では、世間では必ずしも注目されることの多くない職業に焦点を当てていたが、今であれば、『過労死』『サービス残業の恒常化』などとセットにして、もっと注目されたであろう、そういうドラマだった。

もっとも、労働基準監督署を司る厚生労働行政というのは、『悪徳警官』以上に、行政のトップと経営者団体との癒着が批判され続けてきたようは存在でもある。


さらに、この映画で、抗争しあう暴力団の一方のトップを演じる江口洋介さんは、私はあまりなじみがなかったが、最近、台湾で何度目かの再放送がされていた、『dinner』(ディナー)(2013年のテレビドラマの崔双方)では、イタリアン・レストランの癖の強いシェフの役を演じていて、面白かった。

そういう意味では、いろんな芸達者(石橋蓮司、滝藤賢一、ピエール滝、真木よう子など)を揃えた映画でもあった。


しかし、この映画、5月12日公開ということだから、公開初日から1カ月以上経過していることになるものの、本日(21日)の『渋谷TOEI』の入りは、せいぜい2割くらいの席しか埋まっていなかった。
いくら、平日の昼前(11時55分から)の上映といっても(1日に2回しか上映しないのであるから)少し入りが悪すぎたような気もした。

(それに、『公開当初』はもっと興行成績が良いだろうと予測したのに、予想外に『伸び』が鈍化してしまっているというようなことをツイッターで発信している映画評論家もいた。)

この『孤狼の血』という作品自体は、当初の『ヒット』により、『続編』が作られることが既に決定しているということなのだけが、何となくこうした状況が『気にかかった』のも事実である。
(つづく)












https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事