北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

昨日(4日)、文科省の科学技術・学術政策局長が受託収賄の疑いで、東京地検に逮捕されたとのこと。
『文部科学省の私立大学支援事業の対象校に選定されることの見返りに、自分の子を大学入試で合格させてもらった』というのが容疑だという。

このニュースを聞いて、『子供の(受験時の)点数を加算してもらい、合格させてもらう』のが『収賄』に相当するのならば、総理の妻への便宜供与や、総理の『親友』への便宜供与が問題となっている安倍首相の『黒い霧』はどうなるのかと、誰しもが考えるであろう。


現在、安倍首相は、(自民党内の主流3派=細田、麻生、二階派の支持固めによって)『安倍氏圧勝へ』と(反安倍とされながらも、日和見主義が顕著な)『朝日新聞』(4日付)が報じているような状況である。

イメージ 1


しかし、こうした永田町政治、あるいはメディアも巻き込んだ閉ざされた政局論議は、『はかない』ものでしかない。
国民の素朴な、『不正・不公正に対する怒り』に火がつけば、そんなものは、2、3日でたちまち吹き飛んでしまう。


今回の逮捕劇は、『なぜ、財務省の高級官僚は逮捕されないのか』『また、(安倍首相お気に入りの)経産省の官僚が標的とされることはないのか』とたくさん疑問が付くような逮捕劇ではある。

だが、一般的にいうと、『息子の受験時の点数に下駄をはかせてもらう』という『古典的』で『わかりやすい』不正劇は、『日本は先進国だから、素朴な不正などないはずだ』など(と一部の人の主張している意見)の見方が、いかに『的外れ』なものであるかを示している。

『不正』『腐敗』に『先進国』も『後進国』もない。あるいは『民主主義国』も『全体主義国』もないと言っても良い。
問題なのは、(常に堕落しがちな)『人間の本姓』であり、それを野放しにしてしまうような『腐敗した組織・風土』が存在しているかどうかというだけの話である。


今こそ、『安倍3選』などといった戯言を吹き飛ばし、日本が(少なくとも)『公正な社会』であると見せかけるためには、最低限、何が必要かを考えるべき時であろう。

今日(5日)の『毎日新聞』東京版(27面)を見ると、こんな記事も出ている。

元北区職員が、『生活保護者が死亡したのに必要な届け出などをせず、受給者に渡すと偽って給付担当者から現金を受け取っていたという』。


銀行員が、お客の金をくすねる(あるいは銀行の金をくすねる)といった類の話は、山というほどあるが、ついに区役所の(生活保護の担当)職員もまた、平気で『不正』をするようになってしまっている。
(しかも、一方では生活に困窮した女性が、親の葬式を出すために必要な費用の助成を受けられることを知らずに、親の遺体をしばらくの期間、自宅に放置してしまった挙句に、『死体損壊容疑』で逮捕されてしまうというような不幸な事件も起きてしまっているという『現実』がある。)


一国の総理(つまりは、国家の元締め役)が、『悪い見本』を示せば、行政組織全体が腐ってしまうのは、あまりにも自明のことである。

今こそ、『シロアリ夫婦』とその『友人たち』を権力の座から追放し、彼らが権力を握っていた間に、どのような『不正』が行われていたのか、総点検(日本の大掃除)を実施する必要があるのだと思う。


そうでないと、『次世代を担う子供たち』が、日本という国を極めてインチキで、恐ろしい国だと思うのを止めることはできないだろう。

それは、この国と社会の未来をむしばむ『シロアリ』のような現象であり、アメリカのトランプや、北朝鮮の金正恩を笑ってばかりいられないような状態に、日本もまた突入してしまっているという『かなしい現実』を示している。









https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

バカには幾ら教えても理解できないのが現実の世界である、だから世の中IQが0〜100までの人間が存在するのである、また金持ちと貧乏人とに分かれ、又健康である人、そうでない不健康な人がいるのである。 削除

2018/7/5(木) 午後 0:25 [ 理解不能人間 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事