北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

昨日(7日)、午後2時から加計学園理事長、加計孝太郎氏が記者会見をするというので、インターネット中継をするところはないかと探した(台湾に住んでいるので、テレビ中継はなし。NHKの『ワールドプレミアム』でもやっていなかった)。

開始直前までわからなかったが、結局、『朝日新聞デジタル』と『TBSニュース』でそれぞれインターネット中継をしていることを把握し、結局、『TBSニュース』のほうで、1時間半ほど見ていた。


かなり、無茶苦茶な内容(加計理事長は、『愛媛県文書』も見ていないなどと平然と語っていた。とぼけているのか、『嘘の台本』をキチンと覚える能力もないのか?)だった。

さすがは、安倍首相の『親友』というだけある。
(加計孝太郎は、安倍氏よりもずっと徹底したワルなのか、それとも安倍首相としても付き合っていて、優越感を感じることのできるような『友人』だから、『友情』が続いた?ということなのか?)


さて、本日の新聞で、どのようにこの会見について報道しているのか?

イメージ 1

こちらは、『朝日新聞』。
さすが、3面ほど費やして報道していた。これは、社会面の記事。

岡山理科大学のキャラクター『たんQ=探求=くん』の姿が、加計理事長を見下ろしているような感じで写っていて、皮肉が聞いている。
(なお、『毎日新聞』のほうが、よりトホホな状態の加計理事長の表情をとらえた写真を掲載していた。)

このように、『反安倍』あるいは『安倍批判』派の新聞は、大きく取り上げているが、それに対して、『日経新聞』『産経新聞』にはほとんど記事の姿自体が見られない。

イメージ 2


こちらは、『産経新聞』。
23面(社会面)のすみっこにかろうじて、載っている。
これでは、記事の存在自体に気が付かない読者も多いことだろう。

要するに、都合の悪い話は、ほとんど報道せず、『なかったこと』にすれば良いのだから、簡単な話である。
現在は、『真実』や『ファクト』が分断された世の中になりつつあるから、安倍首相の支持者の方々には、昨日の『不都合な会見』はなかったも同然ということになる。

他方、『読売新聞』の方はどのような紙面になったのか、現在までのところ、把握できていない。

イメージ 3


こちらは、『沖縄タイムス』の紙面である(現在、『沖縄県知事選』のこともあるので、今月は、沖縄の2紙も目を通している)。

沖縄の2紙は、『反自民』『反安倍』だみたいに決めつけられることが多いが(2紙の間には、時々、スタンスの違いも散見される)、どういうわけか今日の『沖縄タイムス』には、これだけしか載せていない(『琉球新報』のほうは、それなりに紙面を費やしている)。

これでは(本文は19行)記事の分量は、『産経新聞』よりも短いくらいだ。

ただし分量的には短いが、最後は『加計氏は「記録がないので会っていないと思う」と改めて面会を否定したが、この日の会見でもあいまいな説明に終始した』となっていて、記事の本文の分量が43行あっても、「あいまいな説明」などといった表現が全く見られない『産経新聞』とは一線を画している。

それにしても『沖縄タイムス』はどうしてこのような取扱いにしたのか?
明日以降の紙面で『解答』を見いだせるかもしれない(本土の首都圏の新聞は、明日=9日の朝刊は『新聞休刊日』で休みだが、沖縄の新聞の『休刊日』は違っているようなので…)。



さらに、テレビに関しても、昨夜の7時の『NHKニュース』では全く、取り上げなかった(9時の『ニュースウオッチ9』は日曜日のためお休み)。今朝も日本では『祝日』なので、新聞の『テレビ欄』を見ても、『モーニングショー』『ワイドショー』の類で、このニュースは取り上げていないような雰囲気である。
(まあ、『時間差』を置いて、取り上げるところも出てくるのかもしれないが…。)

それにしても、『もったいない』。
この間、いろんな大学の関係者の『記者会見』をよくテレビでやっていたが、昨日の会見は、なかでも(野次馬気分でいうと)非常に『面白い』『視聴率がとれる』ほうの部類に属する。


加計孝太郎氏は、いつもの(失礼ながら)『悪人』顔で登場、顔だけでなく態度も、(子分に泥をかぶせた後の)『暴力団』のトップみたいなふざけた態度である。
(もしかしたら、『暴力団』のほうが、もう少し堂々としている人もいるのかもしれない。)


何しろ、絶えず『不安そうな表情』『自信のなさ』をちらちらさせている。

おまけに言うことは、『虚偽説明』は(不在の)渡辺事務局長がやったことであり、『勇み足』であった。
詳しい事情は、渡辺事務局長でないので、『わからない』。なぜ、渡辺事務局長が昨日、出てきていないのかというと、『処分を受けて、謹慎中?なので、出席させなかった』などと訳のわからないことばかり言っている。

さらに、言葉につまると、(正面にいる)記者たちに向かって答弁するのでなく、両横の子分たちに向かって、自信なさそうに小声で『〇〇なんだよね』などと、相槌を求めながら話すという、恥ずかしい態度をとっていた。


さらにさらに、『コンプライアンス』とか『ガバナンス』などとわかったようなカタカナ用語は羅列するが、『記憶はない』『記録はない』『愛媛県文書も読んでない』というありさまで、この人たちは一体、何のために記者会見をやっているのか、『コンプライアンス』とか『ガバナンス』という言葉の意味をわかったいるのかという状況である。

当然、こんな内容のシロモノをテレビで生中継などできるはずがないし、テレビのニュースや『ワイドショー』などでも一切取り上げてほしくないというのが、『友人』の安倍首相の本当の気持ちであろう。


これを、仮に東京のホテルか何かで、外国人の記者などにも広くオープンにして行っていれば、証券取引所の株価下落につながったとしてもおかしくない話だ。

日本の政府ならびに、企業や学校法人などが、いかに『コンプライアンス』とか『ガバナンス』などとわかったようなことを言いながら、その精神を理解していないか、いっぺんに世界に『発信』できたのに、惜しいことをした。


こうなったからには、国会に、加計孝太郎氏、あるいは渡辺事務局長、柳瀬氏なども喚問して、きっちり追及してもらうしかしようがないだろう。
(安倍昭恵氏などは、喚問しても安倍首相が辞めない限り、『拒否』し続けるだろう。下手に出てきたりすると、国会の『証人席』で泣き叫んだりして、かえって世間の同情を買おう』とし『逆効果』に終わるかもしれないので、彼女が国会に出てくるのは、あまり期待しないほうが良いのかもしれない。)


ともかく、この加計理事長の態度は、(翁長氏や玉城氏の)『イデオロギーではなく、アイデンティティー』をもじっていうと、『イデオロギーではなく、倫理と品位』レベルの問題である。

日本の国家と民主主義の『品位』をこれ以上、下げたくないのであれば、むしろ『追及』する側に回るのが当然だと思う。
安倍首相には、日本の政治指導者としての、『倫理』と『品格』が決定的に欠如しているようにしか見えない。








https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、クリックをお願いします。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事