北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

昨日(8日)の記事で、少しおかしなことを書いてしまったので、それを『訂正』しておきたい。

(この後、台湾の『政治事情』について知り得たことを、今日中にアップしたいと思っている。)


>明日以降の紙面で『解答』を見いだせるかもしれない(本土の首都圏の新聞は、明日=9日の朝刊は『新聞
休刊日』で休みだが、沖縄の新聞の『休刊日』は違っているようなので…)。


このようなことを昨日、書いてしまったが、沖縄の2紙の『休刊日』、今回ばかりは本土の全国紙と同じ(時々、『休刊日』の日にちが異なることがある)で、本日(9日)の新聞は『休刊』となっている。

こんなことは、ブログの記事の下書きを書いた段階で、チェックすればわかったことなのだけど(最近は、これでも以前よりは、下書きをプリントアウトしてチェックしている。特に名前などは、すぐ勘違いしてしまうので、重点チェック項目にしている)。


それから、もう一つ。
一昨日、愛媛県今治市で行われた加計孝太郎理事長の記者会見について、『沖縄タイムス』で記事の掲載がほとんどなかったと書いた。
(実際、『産経新聞』よりも記事の字数が少なかったのは、事実である。)

だが、考えてみると、この記者会見は、地元のメディアに対して、『枠』を与え、1社(系列)5人までということで決めたことのようである。
(その結果、独立メディアである、例えばIWJの岩上安身氏などは出席もできず、またインターネット中継もできなかった。)

そういうことでいうと、『沖縄タイムス』や『琉球新報』の記者は、この場に出席できなかったと思われる。
また、それぞれの(本土の)系列局や通信社との関係がどうなっているかはわからないが、そういったものの関係で、『沖縄タイムス』は他社のインターネット中継画像を通して入手した情報を元に、昨日(8日)の時点で(本格的な)『記事』を書くことをいさぎよしとせずに、あのようなコンパクトな『雑報』扱いにしたのかとも思う。

昨日(8日)、私が書いた記事では、この辺の事情に関して、やや『想像が至らない』部分があったので、改めて書いておきたい。


だが、あの会見は、『加計学園の説明責任』からすると内容がなかったが、安倍晋三という人が、どういう人物であり、どういう政治家なのかということを読み解くうえでは、極めて示唆に富み、『情報豊か』な映像であったと思う。

だいたい、安倍晋三氏には、もちろん私自身会ったこともない。
街頭演説を聞いたり、すぐそばまで、握手を求めてやってくるのを見たことはある。
(ただし、iPadで写真を撮るのに夢中なふりをして、握手は『拒絶』した。)

政治家でも、長時間の講演会やシンポジウムなどに、仮に出席していたりすれば、その間の様子、ふるまいなどを見ていると、どういう人間なのか、多少、情報が入ってくることもある。
(有名な俳優などの、このようなふるまいを、例えば東京都多摩市の映画祭の授賞式などに行くと見ることができるので、トクした気分になる。)

だが、こうした情報にしても、仮に得られたとしても、極めて断片的なものでしかない。


そもそも安倍晋三というのは、いかなる人物なのか?

私自身、『朝日新聞』などの『反安倍』を基本的な立場とするメディアの論調の、影響を受けすぎているのではなかろうか?
安倍晋三という政治家を、歪んだ眼で見過ぎているのではなかろうか?
もちろん、私自身も、時々、そんな不安を覚えることがある。


今回の加計理事長の『記者会見』の映像は、そういった私自身の『不安』を吹き飛ばしてくれた(おそらく、同じ思いの方が、たくさんおられるのではないかと思う)。

安倍首相の『親友』『腹心の友?』だというこの人物の態度、ふるまい、言っていることなどなどを総合的に判断すると、加計孝太郎という人は、例えば(森友学園問題で有名になった)籠池泰典氏同様に、油断のならない、訳のわからない人物のようにしか見えない。

そもそも、『コンプライアンス』『ガバナンス』という言葉を連発しながら、あのような『説明の場』を設定しながら、全く説明ができず、ほとんどすべてを(自らが『欠席』をさせた)渡辺事務局長に責任を転嫁した『神経の太さ?』には、あきれるばかりである。
また、『愛媛県文書を読んでいない』という発言にも(いわゆる)眼が点の状態になってしまった。
(もちろん、『馬鹿のふりをしている』可能性もある。)


このような正真正銘に『裸の王様』としか言えないような人物が、どうして、『立派な総理大臣』の『親友』『腹心の友?』であることができるだろうか?

もし、仮に『親友』『腹心の友?』でありうるとしたら、そこに何らかの『不正常な関係』あるいは『世間に言えないような事情』がありそうな気がする。
もちろん、世の中には、絶対的に『公表することのできないような事情』もありうるのかもしれない。

だが、それが『総理大臣としての公務・公益』と衝突するのであれば、それでもって釈明ができないのであれば、自らが『身を引く』というのが、選択すべき道であろう。


安倍首相というのは、どうして麻生太郎とか、甘利明とか、うさん臭く、『説明責任』を果たそうとしない人物ばかり脇に置きたがるのか?
また、安倍首相を賛美する文章とか本を書く人物は、百田尚樹といい、山口敬之といい、小川榮太郎といい、揃いも揃って、問題を起こすような人物ばかりなのか?


こうした数々の疑問は、やはり安倍晋三という人そのものが、『憲政史上最長の総理大臣の任期』あるいは『憲法改正の発議』などを(到底)与えてはいけないような政治家であることを示しているような気がする。

そして、一昨日の会見は、安倍首相がなぜ、あれだけ加計孝太郎という人物の『証人喚問』(あるいは『参考人招致』ですら)を拒否し続けてきたのか、また加計氏自身が記者会見を拒否し続けてきたのか、その理由を、満天下に『発信』してしまったものだと言いうるのだろう。

あとの問題は、こうした『ファクト』がNHKなどのマスメディア(しかも『公共放送』を自称するメディア)によって、広く世間に伝えることが、今のところなされていないようだということである。

それは、しかし、何とかして『突破』していくしかないのだろう。








https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、クリックをお願いします。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事