北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

本日(13日)、来年1月11日に実施予定の次期・台湾の総統選挙に向けて、与党民進党(民主進歩党)の候補者を決定する予備選挙の結果が発表になった。

イメージ 1


結果を発表する、民進党主席の卓榮泰氏。
(この人は、昨年11月の統一地方選挙で、民進党が大敗したことを受けて、蔡英文氏が党主席を辞任したのちに、党主席に就任した。)

イメージ 2

イメージ 3


今回の予備選挙は、民進党が(先週)実施した『世論調査』のデータをもとに結果が出された。
その結果、8.2%の差を付けて、蔡英文・現総統が前・行政院長(首相に相当する)の頼清徳氏を退けて、勝利した。
(この写真は、予備選の期間中に支持を訴えている両氏の様子である。)


蔡英文氏は、一時は、『世論調査』の支持率で、頼清徳氏に大差をつけられて、負けている状態だったという(そういう『世論調査』の結果を、台湾の新聞で何度も見てきた)。

それが今回、蔡英文氏を支持する者が34.5%に対し、頼清徳氏を支持する者26.6%という結果が出て、蔡英文氏が勝利した背景には、おそらく、『中国の脅威』に対する台湾の人々の不安があるのではないか、と思う。

イメージ 4


というのは、現在、台湾のテレビでは、(刑事事件の容疑者を中国に引き渡すことを可能にする)『逃亡犯条例』の強行に反対している香港の若者たちの戦いを、連日、生中継を含めて放送している。
そのなかでは、『今日の香港は、明日の台湾だ』ということがニュースでも強調されている。

イメージ 5


また、香港での戦いに連帯して、台北の総統府前でも、(2014年に、『ひまわり学生運動』と呼ばれて、台湾の『立法院』を占拠して、中国の横暴に対して闘った)台湾の若者たちが集まって抗議集会やデモなどを繰り返している。

イメージ 6

イメージ 7


さらに、台湾のニュース番組では、香港で外国メディアの記者たちが、香港警察の蛮行に対して抗議しているさまも放送されている。

イメージ 8

イメージ 9


それだけでなく、香港警察の使用している武器(1つの弾に100個の鉛の粒を含んだものを発射=一種の『散弾銃』にも見える=したり、プラスチック弾ではあるが、致命傷を負わせることも可能な銃を使用したりしている)と、学生たちの抵抗の手段(雨傘、ゴーグル、ヘルメット、マスクなど)を対比させて、明らかに香港の学生たちの戦いを応援するような報道の仕方をしている。


こうした報道を見て、改めて、『中国の言う「一国二制度」など全くあてにならない』『民進党が分裂していたら、中国に付け込まれる。今は、蔡英文総統のもとに団結して闘うべきだ』という意見が、台湾のなかに広まったとしても不思議ではない。
(もっとも、他方では、『民進党政権になっても、ちっとも生活が良くならない』という不満も存在していることもたしかである。

国民党の側の予備選挙はまだ終了していないが、国民党の総統候補と蔡英文氏との間で、熾烈な戦いが、今後、展開されることが予想される。)


私は、今年の春の段階では、来年の総統選は、(中国のバックアップを受けた)『中国国民党』の候補が勝利してしまうのではないかと考えていたが、少し状況は変わってきたような気がする。

日本も、香港や台湾のことを、『どうせ、外国の話だ』とか、『結局、大国である中国がやりたい放題をしてしまうのでしょ』などと、投げやりにならずに、しっかりと状況を見つめていく必要があるのではと思っている。












[https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
 
 にほんブログ村のランキングに参加しています。
 この記事が面白いと思われたかたは、上記URLをクリックしてください。
 よろしくお願いします。                   

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事