北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

本日(12日)、2度目の投稿だが、ネットで漏れ伝わっている米朝の声明の内容、あるいはトランプ大統領の単独記者会見の内容(前半だけだが)を見て、あきれはてた。
全く具体性もない、抽象的な言葉が羅列されているだけの『空文句』ではないか?

しかも、今後どのような手順で、この交渉を進めていくかの見通しも示されていない。
トランプ大統領の側の担当者は、ポンペオ国務長官だとかかれているが、北朝鮮側のカウンターパートの名前は記されてすらいない。


この調子では、この問題は、『中間選挙』までのネタとして利用されるだけで、それが終わってしまえば、『メキシコとの間の壁の構築』などの話と同じく、トランプ大統領は、『興味を失ってしまう』可能性がある。
(あるいは、逆に、今度は『武力による解決』の方向にふりこが振れていくかもしれない。)

トランプ大統領が、『G7サミット』で『貿易問題』についてあのようなカオス状態になって逃げ出した後に、『朝鮮半島問題』の解決に向かうと言うので、どうなるかと思ったが、結局、これではトランプ大統領という政治家は、複雑な国際問題に対して、他の問題と同様に『本質的な解決能力』を(あまり)持ち合わせているとはいえない人物らしい、という当選した時からの『疑惑』が全く晴らされていないことを、改めて感じるだけである。

この人物は、物事を『単純化』してみせて、『ショーアップ』するのはうまい。しかし、それだけだ。『視聴率ねらい』のテレビの上での『政治家』ならそれで良いのだろうが、彼はそうではない。『現実世界』の『アメリカ大統領』なのである。


金正恩委員長も、自分の『交渉相手』がこの程度の人物であることを知って、『途方にくれる』思いがしたかもしれない。



なお、この共同声明に、北朝鮮の『体制の保証』が書かれているとの話があったが、私がネット上で見た、日本経済新聞のサイトに掲載されたものによると、英語で『President Trump commited to provide security guarantees to the DPRK』としか書かれていない。

これは、アメリカが北朝鮮と相互防衛条約か何かを締結でもしない限り、『体制の保証』の約束をしたとまで言うことはできないのではなかろうか。

なぜなら、前の記事にも書いた通り、今後、北朝鮮国内において、金正恩委員長が逆に、『国体?』を裏切って、アメリカと内通したと考える軍人たちが出てくる可能性もゼロではないような気がするからだ。
(あの韓国のパクチョンヒ元大統領もまた、自らの最側近によって暗殺が決行されたことを忘れてはならないと思う。)


このように、今回の『米朝会談の成果』なるものは、『はったり不動産屋』みたいな大統領と、破綻しつつある(中小企業?の)『三代目御曹司』との間の、ショーアップされた『すごいM&A契約締結』の報道みたいなものである可能性が高くなりつるある。




にも拘わらず、安倍支持者と反安倍陣営の双方(の一部の人々の間)で、この『政治ショー』を歓迎するムードが存在しているのは、不思議なことである。

反安倍陣営のほうは、安倍首相が『かやの外』に置かれるような話であれば、『何でも良い』ということで歓迎している。
特に、もともと中国と北朝鮮は『平和勢力』であるというような幻想にとらわれている人に、このような傾向が見られる。


他方、安倍首相の熱烈な支持者のほうでも、安倍首相とトランプ大統領は、『緊密な関係』にあって、それゆえ、トランプ大統領のやることは『何でも支持しなければならない』と思い込んでいる人は、『拉致問題のことを会談で取り上げてくれて有難う』ということで、トランプ大統領に感謝の意を表明し、またそれをトランプ大統領に実現させた『安倍首相の力はすごい』ということで感激しているようだ。

しかし、今回の共同宣言に書かれている具体的な4項目に触れられているのは、『POW/MIA』のことである。
これは、NHKの和訳によると『朝鮮戦争中の捕虜や行方不明者の兵士の遺骨の回収』のことであり、どう考えても日本の『拉致被害者』が含まれるはずがない。

そもそも、自国の国民の問題は当事国のトップ(つまり、安倍首相)が自らの『政治生命』をかけて解決すべき問題であり、ゴルフをやったり、間接的に金をばらまいて、他国のトップに代わりに交渉してもらうような種類の問題では、断じてない。

それすら分からないで、トランプ大統領に『口利き』をしてもらうことが、安倍首相の『政治責任の取り方』だと考えている人たちがいるとすれば、それは、少なくとも<自称『愛国者』>の言うことではないような気がするのだが、どうだろうか?


少なくとも金正恩委員長は、自分の『生命の危険性』も賭けながら、今回、シンガポールにまで乗り込んだのであろう。
別に、安倍首相に『西郷隆盛の真似をしろ』とまでは言わない(そのように言うべき対象とも思えない)が、自分自身のせめて、『政治生命』を賭けて何事かを成し遂げるくらいの覚悟があってしかるべきではなかろうか?


もっとも、森友・加計の問題を巡っても、みっともない答弁を続けている総理大臣に、そのような『覚悟』を期待するほうがどうかしている、ということになるのかもしれないが…。










https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

注目の『米朝会談』(朝米会談?)が始まった。

と言うものの今回は、本日(12日)かぎりで一応、終わりのようでトランプ大統領は、今夜、アメリカに帰るらしい。

『1対1』の会談(通訳はつくが)も、予定より遅く始まり、早く終わったような印象で、40分もやらなかったのではないか?
その後、すぐ『拡大会談』に移った。

これは、テレビ中継の映像から見ると、朝鮮側は軍を代表する人物は、交渉メンバーに入っていない。
(アメリカ側もマティス国防長官が入っていないので、双方で合わせたのだろう。金正恩委員長の妹の姿が見えないのは、不可解だが、画面に映らなくとも手前のスタッフのなかにいたのかもしれない。)


おそらく、北朝鮮側のとった映像では異なっているのだろうが、NHKで流れた映像では、金正恩委員長は、(2人だけで会った冒頭場面など)落ち着きがなく『不安』そうにも見えた。
(西側の遠慮のない、カメラの前に立ったことなど、ほとんどないから、『止むをえないこと』ではあろうが…。
その点、トランプ大統領など、『百戦錬磨』というか、アメリカの遠慮会釈もないメディアの攻撃にさらされ続けてきたので、慣れたものである。)


2人の身長の『差』、年齢の『差』などがはっきりと映し出されている。
改めて、金正恩委員長というのは、父の金正日が2011年12月に亡くなった直後、まだ少年のような『無防備な姿』をさらしながら、『国際政治の注目』にさらされていたことを思い出した。
まだそれから、6年ちょっとしか経っていない。


本日の会談のこうした映像を見ていると、何となく、昭和天皇とマッカーサーが初めて会ったときのこと(当時の新聞に発表された写真)を思い出す。

マッカーサーは、『征服者』としてふんぞり返り、昭和天皇はそれまでほとんどの日本人にとって、『御真影』のなかでしか見たことはなかったのであろうが、その『御真影』の権威を打ち砕くような写真が、新聞に掲載された。
北朝鮮では、今回の会談をどのように『編集』して北朝鮮の人民に説明するのか、ある意味では『見もの』ではある。


今回の会談は、ある意味で、アメリカ(トランプの側)にとって、より『リスクは小さい』のだと思う。
どのような結論に達しようと、現時点で北朝鮮が、アメリカを(十分、的確に)攻撃できるようなICBMを開発できていると見る観測は、ゼロといって良いだろう。

北朝鮮は、アメリカを交渉に引っ張り出すために、ICBMや核を開発したのであろうし、そういう意味では、北朝鮮の戦略は、ここまでは『成功』してきているとも言えるのだろう(あの程度の国力しかなくて、よくもここまで『引っ張ってきた』とも言える。)


しかし、今回の『会談』は双方にとって、『失敗』で終わらすことはできない。
しかも北朝鮮にとって、その『失敗』は体制の存亡にかかわる。

『失敗』すれば、アメリカから攻撃を受ける可能性があるだけでなく、従来の『金王朝』を信奉する人民内部からでも、金正恩委員長は(金日成や金正日が築いてきた)『共和国』を売り渡そうとしたのか?という『失望』や『怒り』が噴出する可能性がゼロとは言えないだろう。
(今は、金委員長は、『自分の命をかけてシンガポールに乗り込んだ』というようなストーリーで人々の心をひきつけようとしているのだろうけど…。)


しかし、それだけでなく、トランプ大統領にとっても傷は残る。
彼は、『自分はディールの名人である』という神話でアメリカの国民の(少なくとも)半分近くをひきつけてきた。

だが、G7サミットの状況などで、トランプが『ディール』を成功させることができるのは、『安倍首相の日本』などごく限られた(弱い?)相手だけだ、ということになれば、『トランプの神話』のメッキははがれてしまうことになる。
そして、秋の『中間選挙』で敗北してしまう可能性が高くなってしまう。


そういう意味では、今回の会談は、トランプにとっても、金正恩委員長にとっても『失敗は許されない』会談なのであろう。
であるならば、現時点ですぐに『一致できない部分』はどうするのか?

おそらく、ある種の『枠組みの合意』ないしは『交渉開始の合意』にとどめて、次回の会談のおよその設定などで、今回は、お茶をにごすのではなかろうか?

そのようにしなければ、現在の状況では、(特に)金正恩のほうが持たないような気がする。
(逆に、トランプにとっても、金正恩の体制が持ってもらわなければ、自分の『輝かしいディールの神話』に傷がついてしまう可能性もある。)


北朝鮮は、『体制の保証』を要求しているというが、何も、アメリカが攻撃をしないことだけが『体制の保証』ではないだろう。
下手な内容で『合意』してしまえば、逆にそこで金正恩の権威に傷が付く。
(そもそも、北朝鮮では、日本でいう外務省などというのは、本当に『弱い存在』であり、何よりも軍人たちが、権力を持っているのだという。)

今回、会談を前に『軍のトップ』を大幅に入れ替えたように報道されている。
それらの軍人たちは、(少なくとも、今日の拡大)会談に参加していないようだ。
参加していない軍人たちが、金正恩がこれまでの金王朝の路線を転換させたと判断すれば、国内でどのようなことが起こるかわからない。

例えば日本でも、敗戦時に、あのように『あっけなく』軍部や右翼たちが、白旗をあげるとは必ずしも予想されていなかったのではなかろうか?

もちろん、『日本の一番ながい日』などの本や映画で描かれたように、宮城周辺でも一種のクーデター的な状況が起きていたのだが…。


日本の場合は、少なくとも、それまでの戦争で日本が徹底的に負けたこと、また沖縄で『決戦』が戦われ、広島や長崎に原爆が落とされたという経過があった。
北朝鮮では、どうだろうか?

もちろん、今の北朝鮮は、中国やソ連によって支えられている。その点は大きな違いだろう。
しかし、『体制の保証』ということは、何もアメリカが北朝鮮を攻撃をしてこないこということだけが、『保証』になるのではなく、むしろそうした『からくり』が国内に見えてしまうと、『北朝鮮の体制』は内側から崩壊していく可能性がある。


トランプにとっても金正恩にとっても、今回の会談が、『何の始まり』になるのか、まだ見えていないという気がする。










https://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。 


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事