全体表示

[ リスト ]


コールラビはきゃべつの変種で球茎甘藍(カンラン)とも呼ばれる。地中海
北岸が原産とされるが、名前の由来はドイツ語で「キャベツ」+「かぶ」。
きゃべつとおなじアブラナ科で、根元がかぶのようにマルく肥大する。
クセがなく甘みがあり、煮込んでもくずれない。収穫は5〜12月頃。

材料(2人分)

コールラビ  200g

豚ロース薄切り肉  120g

片栗粉  大さじ1と1/2

しょうが(千切りにする)  1片

ごま油  大さじ1

酒  大さじ2

黒酢(酢でもOK)  大さじ2

しょうゆ  小さじ2

塩  小さじ1/5

いりごま(黒)  小さじ1

作り方

コールラビは皮をむく。薄切りにし5mm幅の細切りにする。

豚ロース薄切り肉は細切りにし、片栗粉をまぶす。

中火でねっしたフライパンにごま油大さじ1/2、しょうがをいれる。香りが

たったら②をくわえ豚肉のイロがかわるまで炒める。

①をいれサッといため、酒、黒酢をくわえる。フタをし2分ほどむし焼きに

する。

コールラビが透きとおってきたらしょうゆ、塩をいれる。

ごま油大さじ1/2をくわえ馴染ませ、いりごま(黒)をふれば出来上がり。


イメージ 1

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事