全体表示

[ リスト ]

ODA

 
イメージ 1
 
 
突然ですが、日本の戦後復興は多くの国から “奇跡” と言われた時期がありました。
 
奇跡だったかどうかは別として、驚異的であったことは間違いないと思います。
 
私はそのころ中学・高校生でしたが、昭和30年から50年の手前はまさにそんな時代でした。
 
しかし、その復興の影にはアメリカを中心にしたODAから50億ドルの援助をうけ、またカナダ、メキシコ、チリ、ブラジル、アルゼンチン、、などからは生活物資や食料などの援助を受けました。
 
その後更に、世界銀行から多国間援助である有償資金を受けて、東海道新幹線、東名高速道路、黒四ダムなどの建設ができました。
 
こうした援助は1990年まで続きましたから、援助を終わったのはつい20年前の事です。
 
 
そして今、日本は “援助をする” 側に立っています。
 
そのうち、ごく最近の二国間援助の累積最大相手国は、、何と中国です。
 
Jica によれば、
日本から中国への援助額は、、2004年:1043億円(1位)、2005年:1172億円(2位)、2006年:653億円(2位)、2007年:513億円(2位)、 2008年:288億円(4位)、、。
 
中国は経済大国になりましたが、今も被援助国なのです。
 
変ですねぇ、、。
 
戦後、アメリカは日本を占領した責任や義務もあったでしょうが、日本の復興で最大級の援助国はアメリカでした。
 
その恩義、、と言うのもおかしいですが、対アメリカには、戦(いくさ)で敗れたにもかかわらず、親米的振舞いをわが国はしてきました。
 
 
一方、、中国は、、?。
 
恩を売るのは大人気ありませんが、近年経済力が増したこの国は思い上りばかりが増長して “恩を仇で返す” 振舞いです。
 
この国民は自分たちが国際的にどう係わって来たか分かっているのでしょうか。
 
義理人情の欠けらも表さない国家体制、、いやこの国のナショナリズムにはほとほと呆れます。
 
つい最近までは、贋作大国、偽装大国、知的財産権欠如国、などでしたが、尖閣諸島衝突事件や南シナ海領海侵犯で正体をあらわしたこの国に、、「なりふり構わない強欲」、「偏狭なナショナリズム」、「裸の王様」、「異質国家」、、など等、形容詞が日ごとに増えています。
 
 
共産党の求心力維持はこの国自体の問題でしょう。
 
それなのに、国家の威信や党の求心力を保つ為に反日教育を据えているのですから、困った国です。
 
何時になったら国際的共有価値観がもてる国になるのでしょうねぇ。
 
 
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

中国へのODAは、早急に停止するべきですね、そのお金で原爆や兵器を製造している可能性があります。日本政府は本当にお人よしです。

2010/10/31(日) 午前 10:58 [ アンクルなが ]

顔アイコン

はい、、不確かな情報ですが、今年からはゼロにするようです。
しかし、民主党もそうですが、自民党もいい加減でしたね。
巨大市場に踊らされて、、国内のモノ造りが大被害です。

2010/10/31(日) 午前 11:30 [ 腰痛館もえ厚木整体院 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事