全体表示

[ リスト ]

就活について

 
イメージ 1
 
景気の低迷が原因で就職率過去最悪には、、聞くのも辛いですね。
 
今朝のニュース番組によれば、10月1日現在の来春大卒者の就職率は57%だそうです。
 
私の整体院にも今3人の大学生が通院しています。
 
4年生の1人は進路が明確、別の1人は未定、3年生はそろそろ就職説明会に出始めたが 『先輩には内定していない人がいる』 など、話を聞くと緊張感が伝わってきます。
 
就活支援のセミナーや講習会も盛んですが、大手企業は難関でも中小の企業にはなかなか学生が受験してくれない、と、受験側と企業側の間でギャップもあるようです。
 
諺に 《寄らば大樹の影》、、大会社に入って安定した生活を期待するのは自然な心情かもしれません。
 
が、企業側からは 『どんな仕事をしたいのかが曖昧な学生さんが多い』 そうで、“とにかく大手企業に入りたい” だけだとすると、、企業側は受け入れられませんよね。
 
学生側も社会の仕組や業界の仕組みに対して自分は何処に居場所を求めるのか、、自己確立とは言いませんが、目標と好奇心を持つことが大事だと思います。
 
 
私は会社員時代に就職の面接審査を何度か経験しましたが、必ず評価するのは 《本人が何をしたいのか?》 でした。
 
その意識が薄い学生さんや生徒さんは、、厳しいようですが “門前払い” に等しい評価をしました。
 
 ただ、、今の就職難はそういったレベルの話ではないかもしれません。
 
でも、社会に出ることが進路なら、《自分が何をしたいか》 は早い時期から焦点を絞って少しは研究もすれば、大手とか中小とかを越えた進路視野を描けるのではないでしょうか。
 
就活が厳しい環境だからこそ、、鮮明な仕事観が大事だと思います。
 
 
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

いま流行の就活バカヤローデモというものがゆとり世代を象徴しています。これは自分が不遇なのは他人や社会など環境のせいだ、と言っているわけでとても異世代の共感は得られません。今は戦争や飢餓で明日死ぬ危険はありません。新聞配達を在学中すれば返済不要の学費を出してくれて住み込みで東大でも京大でも通わせてくれます。士農工商の身分で職業が固定されているわけでもありません。努力と能力で平等に競争に参加できる社会です。ゆとり世代のみなさんには、ゆとり世代のみなさんには、競争して勝つんだ、成功するんだ、金持ちになるんだ、この職業を一生の仕事にするんだ、というモチベーションと努力、具体的な人生経験の積み上げが足りません。働いて働いておっかさんに楽な暮らしをさせるんだ、いいもの食わすんだとか考えたことない世代はものが豊かなのに心が貧しいと断ぜざるをえません

2010/12/30(木) 午後 11:28 [ やまだ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事