過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

放射線被ばく

 
イメージ 1
 
 
パリに住む私の姪は幼い頃、チェリノブイリ原発の事故で飛散した放射線をあびて甲状腺にダメージを受けました。
 
幸い、症状は軽く、普通の人に比べると疲労し易い程度ではあります。
 
身内にそうした事例があるので、我が家では1ヶ月前から放射線線量(主にガンマ線)を測定しています。
 
これまでの結果は、、我が家の庭先地上1mで0.09〜0.26μSv/h、屋内では0.02〜0.09μSv/hで、ここ数日上昇傾向です。
 
仮に、0.26μSv/hの野外で半日、0.09μSv/hの屋内で半日生活すると、単純計算で、年間の累積被ばく線量は1.5mSvになり、現行の法的年間基準値1mSvを上回るレベルになります。
 
したがって、我が家では屋外:0.26μSv/h、屋内:0.1μSv/h 辺りの数値を危険数値?と認識しています。
 
因みに、地表付近はこの2倍です。
 
なので、砂場で子供を遊ばせるのは避けたほうがよいレベルです。
 
50歳を越えた高齢者には余り気にする数値ではありませんが、傾向として上昇している事には危機感を持っています。
 
 
追記 ・・・我が家の所在地は神奈川県県央です。
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事