医療・健康・美容

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 
インフルエンザが猛威をふるっている、、報道がしきりです。
 
私の処に来るお客さんにも感染した人が何人かいます。
 
勿論、、治ってから来ていますが。
 
そんな今、「マスク、手洗い、うがい」 がインフルエンザ予防3大対策です。
 
 
私は何年も前から 《鼻洗浄》 をやってきた経験で、3大対策に加えて鼻も清潔にした方が良いのではないか、と思っています。
 
そこで、一昨日ドラッグストアで調べてみたら、有りました、、「鼻洗浄スプレー」です。
 
イメージ 1
 
 昔からやっている私のやり方は水道水を鼻から吸い上げるのですが、慣れないと鼻腔に強い痛みがあります。
 
ちょうど、水泳中に水を吸い込んだ時と同じです。
 
それも慣れればなんとも無くなり、鼻がスッキリして止められなくなります。
 
 
しかし、鼻腔に吸い込んでも痛みを感じないように処方したこの 「鼻洗浄スプレー」 はなかなか優れもので、、いきなり吸い込んでも殆んど違和感がありませんでした。
 
主成分は精製水に塩化ナトリウム(塩)を加えたものですのです。
 
これから先、花粉対策にも結構役立つかもしれません。
 
 
 
 
昨年9月下旬、人間ドックの受診に合わせてピロリ菌の有無を検査した結果、「陽性」 と判定されたことが、、そもそものスタートでした。
 
医師からは、『ピロリ菌を保有していても胃潰瘍や胃がんに罹るわけではないが、罹るリスクは大きい。 また、胃潰瘍や胃がんの患者さんは殆どピロリ菌保有者なので、胃潰瘍や胃がんの治療には真っ先にピロリ菌を除菌する』、、などの説明を受けました。
 
要は、、除菌しておけば将来潰瘍や癌になるリスクは減る、、という。
 
1ヶ月考えた末、除菌を決意。
 
しかし、、この除菌、最初の処方を開始してから、決着が着くまで長い時間かかりました。
 
◇平成22年10月21日・・・・第一回目の除菌開始。
 《投薬/1週間》
 タケプロン錠D30(胃酸分泌抑制剤):2錠/日
 サワキシンカプセル250(抗生物質):6錠/日
 クラリス錠200(抗生物質):2錠/日
 ⇒1ヶ月後、尿素呼気テストで「除菌失敗
 
◇平成22年12月8日・・・・第二回目の除菌開始。
 《投薬/1週間》
 タケプロン錠D30(胃酸分泌抑制剤):2錠/日
 サワキシンカプセル250(抗生物質):6錠/日
 フラジール内服錠250mg(抗生物質):2錠/日
 ⇒1ヶ月後、尿素呼気テストで「除菌成功
 
投薬は抗生物質の服用が続くため、体調を崩す例もあるようですが、私は全く変化はありませんでした。
 
そして昨日、「除菌成功」の検診を受けた時、医師から意外なことを聞きました。
『除菌後も再感染する可能性があります。それは、内視鏡(胃カメラ)の洗浄不良から、使いまわしで保菌者から無菌者にピロリ菌が感染することがあります。 5、6年前までは内視鏡は5分程度の洗浄でピロリ菌が殺菌されるとされていたのですが、その後、40分以上洗浄をしないと殺菌されないことが判明しました。 したがって、胃カメラや内視鏡を受診するとき、完全殺菌がされるシステムになっているか否かを事前確認する必要があります』
 
昨今、胃カメラはポピュラーになっていますから、十分な注意が必要ですね。
 
 
 
私にとって、毎年この時期やってくるもの、、「インフルエンザ」 と 「確定申告」 です。
 
もっとも、私はインフルエンザに罹ったことはありませんが、来客の中には 『インフルエンザに罹って 2、3日前まで寝ていた』 と言う人が毎年何人かいらっしゃいます。
 
それが本当なら、周りの人の為にも、もう数日外に出ないほうが良いのですが、、、。
 
イメージ 1
 
もうひとつの確定申告は、、今朝 e-Tax で処理を終え、厄介な事をひとつクリアーしました。
 

美顔グッズ

 
突然ですが、、私の仕事場には数々のダイレクトメールや電話、ファックスが入ります。
 
殆んどが健康食品や健康グッズのセールスです。
 
中には、ご丁寧な集客研修会や運用資金貸出しのお誘い、、、など。
 
そして、こうしたお誘いは必要ないので、100%断ってきました。
 
 
が、最近驚かされたのがエステ、、と言うか、美顔グッズです。
 イメージ 1
私が見たことがある資料によれば、数千円のローラーから純金製ローラー+コンピュータ付きで2百数十万円のエステローラーまであります。
 
選ぶとなったら、「投資対効果」を考えますよね?
 
仮に効果バツグンでも、200万円などと聞くと庶民の選択範囲外でしょう。
 
、、いや、それでも効けばお買いになる?
 
「女性の美への探求心は普遍」 だと、不肖わたくしは理解していますが、それに応えるメーカーも頑張っているなぁ、、と思う昨今です。 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
数日前、眼の定期健診の為に近所の 「眼科医院」 に出かけると、同じ建物内の内科受診者で溢れていました。
 
殆んどの人が風邪かインフルエンザです。
 
風邪とインフルエンザは全く違う病気ですが、症状が似ているので風邪とインフルエンザは似た病気だと誤解されています。
 
まぁ、、それは別として、この時期の乾燥した空気では風邪が流行るのはある程度仕方がありません。
 
 
 そこで、これは私の経験ですが、『風邪かなぁ、、?』 と思った時は背中側の首の付け根を暖めると予防効果があるようです。
 
この位置は風邪の予防に効くツボが幾つかあります。
 
チョット憶えていただいて、気になるときに活かしてみて下さい。
 
 
 
出典:日本整体施術協同組合
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事