TY-S125Fであそぼ

こいつと一緒なら、熊でも平気です。

全体表示

[ リスト ]

薪切り出しの初日

イメージ 1ニコルソンというやすりです。
 
この、一見変哲の無いやすりですが、普通同じサイズで800円くらいのがこれは
1500円近くしました。
 
なにが違うかというと、目が粗そうなのに、
削り面が非常に滑らかに仕上がるのですね。
 
つまり、チェーンソーの刃付けに最適なのです。
 
普通は丸やすりで研ぐのですが、平型だと、刃先角度が、きっちり計算どおりに仕上げられることになり、あいまいさを排除できるのです。
イメージ 2
 
これが、今回の切り出しのチェーンソーの切りくず。
 
これでも、悪くは無いかたちです。
 
安物のチェーンソーでも、きちんと刃先が研げていれば、まったく問題なく切れます。
 
ホームセンターで25000円で買った日立のバー350ミリの安物ですが、40センチクラスの丸太でも、すんなり切断できます。
 
 
そりゃ、排気量が大きければ馬力も刃のサイズも大きいので、楽なのは当然ですけど、
取り回しの軽いのが、おいらの使い勝手としては、ベストですね。
イメージ 3
 
ここが、切り出しの雑木林。あんまり気が多くは無いですが、葉っぱが茂るとこれでも鬱蒼としてしまいます。
 
適当に間伐すると、下まで陽が射して、
下枝にまで葉っぱが増えるので、残った木の生長が早まることで、
ある程度の継続的な薪生産が可能になるらしい。
 
まあ、今年から、しばらく山仕事しながら
注意深く観察していこうかと考えています。
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事