茂木大輔:もぎ議録

クラシック音楽は理解して聴けば感動100倍!が活動のモットー。まずは自分が理解しよう・・・(笑)

全体表示

[ リスト ]

のだめ10話

放送に先立ち、フジテレビのHPにある時間限定で先日のスタッフ出演が公開されてましたね。
9話の副操縦士は清水さん(プロデューサー)で、悪代官は若松さん(同じく)でした。
ふたりともホントに優秀で、いい方で、熱心で情熱的で誠実で根性のある、しかも忍耐強いお方でした。
清水さんは西宮のコンサートにもサエコさんと来てくれました。

今日も実はスタッフ出演あったのですが、さてどれでしょう。もぎぎが気付いたのは助監督さんのおひとりでした。現場の助監督さんは本当に大変で、ベト7スコアにドイツ語の書き込みを頼まれたときには、全部を日本語訳して意味を聴かれ、それを助監督さんが保管してました。
やっぱりこいういう名作にはちょっと自分の姿を残したいと思うものなんでしょうね。もぎぎもリード映って満足しております。
今回は台本上もさることながら、ドゥーンの台詞やコンクールのディテールをかなり監修して直していただきました。結果発表のありかた、マスコミの数や誰が言い渡すのかなど、やはり実物を見る機会がなかなかないものなので、細かいことですがかなり直しています。今日の料理シーン、マンガそのもので感動。音楽もとてもうまくできていた。

唯一、ここまでは監修及ばず、だったのはベト7のエディションだった。そもそもスコアが新版ブライトになっていることには前からちょっと危険は感じていた。ミルヒーの持ち込みスコアが新版だとすると、ここ数年の楽譜ということになり、そこにはそんな細かい勉強が書いて合っては不自然だからだ。なので、ミルヒーのした設定のドイツ語の書き込みは、実はちょっと哲学的で神秘的なことにしてある。普通の、初心者がするような指揮勉強の書き込みなどを何千回も振ってきた老人がするのはおかしいからだ。
その新版のスコアで振る千秋だが、みんながにこにこ出したのはブライト旧版のパート譜だった。
これは、とりあえずすべりこみセーフ。というのは、お互いに「ベト7をやる」ことを申し合わせていなかった設定だからで、RSのメンバーは取り急ぎ学校の図書館あたりからこのパート譜を借りたのだろうな。千秋とはエディションの打ち合わせもなかったということになるからだ。とはいえ冷や汗だった。とかなんとか言っているが、今度の名古屋も振るのは新版なので、パート譜は旧版のため旧版スコアを取り寄せて相違点対照をしてある。練習番号や小節番号などが同じなのは安心。ベーレンライターと旧版ブライトでは、繰り返しのときに小節番号も違っていることなどがあるからな。


さて今回、実はのだめ演奏中の途中入場などが撮影段階ではあったそうなのですが、学園祭の演奏ならともかく、人生を左右するコンクールではあり得ないことでカットしていただきました。これについて撮影エキストラに行った方からもご連絡をいただいておりました。感謝します。撮影終了後にお話ししたために現場は非常に苦労されたそうですが、勇気と努力で直して下さったことにまたしても感謝します。

今日はオケ演奏全然なく、最終回への期待が高まります。昨日までN響で大阪、佐賀。これで会社は仕事納め。佐賀宿泊組は少なくて、バンドジャーナル「もぎぎ塾」の熱心な読者の方たちと佐賀牛を食ってゆっくり勉強して寝て、朝すばらしい天候でずっと地上が見えているフライトで帰京。富士山がくっきり見えていた。もうすぐ振りに行く名古屋上空を、マ・メール・ロワイユのスコアを読みながら通過した。その名古屋には放送終了後にもかかわらず、メインキャストのなかからお二人ものサプライズゲストの登場が決まった。また、原作にはもぎぎなど比較にならないほどの協力をされているあの方も、舞台でお話しをして頂けることになりました。スコアの勉強をもっと、スライドをもっと、詰めたいことがいっぱいある。あと数日。千秋にはかなわないが、体調を整えてがんばろう。

閉じる コメント(20)

顔アイコン

もぎぎ先生、強行スケジュールお疲れ様でした。今年も後2週間を切り ましたが、お風邪には気を付けて下さい。 こちらのレクイエムも、何とか終和音まで辿り着けました。ご助言戴き 誠に有難うございました。この場を借りてお礼申し上げます。

2006/12/19(火) 午前 4:17 [ 七魅堂隠居 ]

顔アイコン

レクイエム素晴らしい名演であったと伺っております。おめでとうございます。自分もいつかはこの曲を扱ってみたいものですが、昨今の緊縮財政の折から金管入り合唱入りはたぶん生涯振れないのではないかと思っています。ハイドンのスターバト・マーテルや調和福音書によるイエスの十字架上の7つの言葉、ベートーヴェンのカンタータ(ボン時代の2つ、オリブ山のキリスト)人の一番不幸なことはする仕事がないことだそうですが、したい仕事があるのにできないことにも同じような不幸を感じる日々です。ここに自分がいても誰もそれを必要としない。人気。才能。集客。予算。指揮者の一極集中、多忙、勉強のありかた、自分には足りないものばかりです。自分が理想と現実の間で分裂していきます。 そんなマイナーな自分が三鷹(カンタータ)や新潟(英雄)でやらせていただていることに感謝を感じています。

2006/12/19(火) 午前 10:36 [ 茂木大輔 ]

顔アイコン

モギギ先生こんにちわ。先日のだめ最終回の収録へサントリーホールへ行って参りました。とても緊張感のある演奏。そして千秋役の玉木さんの熱のこもった演技に圧倒されました。普段テレビからでは見えない細かいディテールが見れたこと、とても貴重な経験だと感じております。残りあと1話を残すのみですが、このドラマを通じて少しでもクラシックfanが増えたのではないか・・・と感じております。年末へ向けてクラッシクの露出度も高くなっていく季節ですね。モギギ先生もお体に気を付けて良いお年をお迎えください。

2006/12/19(火) 午前 11:05 [ ミニ ]

顔アイコン

10話のスタッフ出演は”今日の料理”の着メロの人でしょうか?? N響仕事納めだったのですね。お疲れ様でした!!私は23日のN響第九に行きます。茂木さん降り番なのが残念ですが、楽しんできます〜!先日フィルハーモニーを見ていたら、N響の団員さんの中にも双子さんがいらっしゃることに(遅ればせながら…)気付きました。

2006/12/19(火) 午前 11:52 [ wmy*m3* ]

顔アイコン

26日のサプライズゲストにメインキャストお二人も来ていただけるのですか?だって、その日は打ち上げの日って。。。お二人は当日までのお楽しみということになるのですよね〜〜???裏話もお聞きできるみたいで、あまりの楽しみで小さな子供みたいに緊張して熱を出したりしないように気をつけます。ちまたではノロウィルスなるものも流行っているようなので先生もお気をつけくださいませ。

2006/12/19(火) 午後 5:43 [ smi*el*700* ]

顔アイコン

もぎぎ先生初めまして。私もサントリーホールに行きました。オケシーンエキストラは全部制覇して見守りました(笑)。最後のサントリーホールでは、収録前にエキストラのために生演奏を披露してくれて大感激でした。さすがに指揮はプロの方だろうと思ったら、千秋さまでびっくり。向かい側に拍だし(って言うんですよね?)をされている方がいらっしゃいましたが、どなただったのでしょうか?ドラマのおかげでクラシックのすばらしさに目覚め、これからの人生が豊かになると思っています。ほんとうにありがとうございました。

2006/12/19(火) 午後 5:56 [ pizz. ]

顔アイコン

サプライズゲスト、どなたなんでしょう? すっごく楽しみです。 最終回の予告で玉木宏さんが目に涙ためてるのを見て、こちらまでじわぁ〜っときてしましました。 来週の月曜の最終回、そして火曜のコンサートが楽しみでわくわくしています。 茂木さん、お体気をつけてくださいね。

2006/12/19(火) 午後 8:27 [ fuj*i40* ]

はじめまして…。『のだめ』にすっかりハマッテしまい、辿り着いたらココ『もぎぎ先生のブログ』に来てました。幼少からピアノをして、今でも趣味では弾いてますが、訳あって音大の道に進まなかった事、『のだめ』を見て今更ながら後悔してます。26日はバルトーク好きな小6の息子と(夜の部しかとれなかった…)音楽を楽しみたいと思います。サプライズゲストは、もしかしたら私の同級生の『O先生』かしら…??

2006/12/19(火) 午後 10:47 [ CHARO ]

顔アイコン

もぎぎ様、体調が回復されたとのこと、安心いたしました。おいしいものは体を癒すのですね。来年も西へ東への忙しさだと思いますが、「もぎぎ塾」の単行本化、のんびりお待ちしております。26日ののだめコンサートの大反響も楽しみにしています。

2006/12/19(火) 午後 11:54 [ てんねんまま ]

顔アイコン

サントリーホールに行けた人うらやまし〜っ!!のだめCD買ったら、応募券入っていたのですが、サントリーホールには簡単に行けない(泣)ナマ千秋様を見たかったです。のだめ最終回を楽しみにしておきます。名古屋のコンサートも、最終回熱覚めやらぬ日だし、大盛況なこと確信です(^0^)オーボエ奏者としても、めっちゃ努力されているのに、指揮者や執筆など精力的に活動されている茂木さんは千秋様に勝る人物ですっ!!「くわしっく名曲ガイド」店頭で見つからなくて、注文しました。今週中には届くようで、楽しみに待ってます。

2006/12/20(水) 午前 9:17 [ 笛吹きタヌキ ]

顔アイコン

はじめまして。のだめの本選の撮影に参加しました。月曜の放映をみて、あ、峰&真澄&さくらちゃんが座っててびっくり。演奏中に「間に合ったぁ〜」と駆け込んでくるシーンがない。監修の段階でカットされてたんですね。違和感がなくなってとても良かったです。 のだめの「今日の料理」の撮影でも、演出の方に「ここは笑ってください」って指示されて笑いましたが・・実際のコンクールの雰囲気だと、驚いてあ然とはすると思いますが、笑うことはできなそうです。放送でみると笑いの中でのだめの一生懸命さが引き立って良かったですね。

2006/12/20(水) 午後 11:09 [ まこっち ]

顔アイコン

サントリーホール等々のエキストラ行けた方々、うらやましいです!!私はハズレてしまいました。。サントリーホールのコンサートでは福士さんは実際に吹かれたとか?!短期間でオーボエを吹けるようになるなんて、さすが豪華指導員陣デスね!!

2006/12/21(木) 午前 8:53 [ tororou ]

顔アイコン

Mini様、収録お疲れさまでした。「アマデウス」が流行していたときにその波及効果についてとても考えさせられましたが、少なくとも「レクイエム」という名作や「グラン・パルティータ」小さなト短調交響曲がみなさんの耳に残るようになったことだけでも、とても素晴らしいことだと思います。僕は、なんとかしてコンサート・トークで「あの映画でおなじみの・・」とお話ししない限り寝ている聴衆が関心をもたない、という状況は避けたいと思います。クラシック音楽にも、二ノ宮先生を魅了した魅力があったから、ああいう描き方をしてくれたんだ、という、原点に帰って、自分が魅了されている音楽本来の魅力をちゃんと伝える演奏、企画、お話し、文章などで活動していきたいと思っています。ほかのジャンルの成功に依存しなくてはならないほど音楽自体は弱いものではないと思っているのです。?むやむさま!大当たり!助監督さんでしたよ。真面目でいい方でした。すまいるりー7000様、体調復活に努めています。裏話・・・それ専門で生きて行こうかな。

2006/12/21(木) 午後 0:33 [ 茂木大輔 ]

顔アイコン

まこっち様、実は同じ収録行かれたかたからご連絡あり、急きょお願いしてセーフになりました。感謝しています。客席、いつも静かですからねえ・・・とろろう様、よかったらサントリーで普通の演奏会に行かれてみて下さいね。福士さんすごく才能ありましたよ。

2006/12/21(木) 午後 0:42 [ 茂木大輔 ]

顔アイコン

はじめまして。 >千秋の涙は原作になく、いろいろ思うところがございます。 脚本と玉木さんの演技力で第8話まで造形されてきた雄々しい千秋像が、第9話から崩れてきた印象です。「なんでオレが指揮しながら泣かなくちゃいけないんですか」と言って欲しいですよ。最終回は〈カルメン幻想曲〉だけ楽しみにします。まさか「カルメン」から泣いてないですよね!? 原作にはありませんが、個人的な趣味では玉木千秋がブルックナーを振る姿を見てみたいです。

2006/12/21(木) 午後 8:52 [ ose*_9* ]

顔アイコン

Pizzさま、収録お疲れさまでした。拍だしは多分天才指揮学生のみなさんではなかったかと思います。長身なら松井君、がっちりは和田君です。ベンガルは梅田先生です。ドラマが終ってもたまにはクラシック聴いて下さいね。ふじい401さん、名古屋準備大変ですが頑張っています。どうぞお楽しみに。かろっぴはっぴ様、バルトーク素晴らしいですよね。短い時間ですが勉強大変でした。覚えないと触れない。あれを全曲振りたいが一生無理でしょうね。(人気*仕事ないから・・)同級生のかたもお越しですよ。てんねんまま様、コンサトはマンガをベースに作るので、ドラマ熱とうまくシンクロするか不安です。タヌキ様、ありがとう。僕の本はほとんど書店にはなく、お宮の参道で叩き売りになっているのでご利用下さい。?僕が千秋に勝るとすれば体重ですね。読んだら御感想聞かせて下さい。

2006/12/21(木) 午後 9:19 [ 茂木大輔 ]

顔アイコン

おせん99さま、あまりそこが話題になるのも・・と思い、修正しましたゴメンナサイ。ブルックナー得意かもしれないですね。

2006/12/21(木) 午後 9:21 [ 茂木大輔 ]

顔アイコン

こんばんは。ドラマ、本当にお疲れさまでした。音楽屋がドラマを観ていて違和感がないのはこうした裏方の(語弊がありましたらスミマセン)努力の賜物だったんですね。スゴイなぁ。本当にスゴイ! 本当に月並みな言葉で申し訳ないのデスが、スゴ過ぎます。楽譜の版ところとか。ピアノの私が見ても気付かないでしょうけど、オケの人なら絶対気付くポイントですね。あと、コンクルの駆け込み、止めていただいて本当に感謝です。もし本当に演奏中に駆け込んできたら、きっとゲンナリですもん。あーあー、やっぱドラマかぁ、みたいな(笑) 名古屋も、もう来週ですね。本当に行けなくてこの上なく残念ですが、ステキなコンサトになるようお祈りしておりマス。今年もあと少しですがまだまだお忙しいご様子、体調にお気を付けてご自愛ください♪

2006/12/22(金) 午前 1:26 [ klavierchan ]

顔アイコン

はじめまして。↑のklavierさんのBlogに出没する「どさんこ」と申します。 その昔、吹奏楽をかじったことがあることもあり、「のだめ」に完全にはまっています。 普通のドラマにはない、「本物の音楽」に出会って、毎週月曜日は帰宅を早めてTVの前に陣取っています。 さらに、もぎぎ様の記事を読んで、「のだめ」を支えているプロの方たちの奮闘振りにも、さらなる感動をいただいています。 残念ながら、来週フィナーレですが、クラシックがとても身近になりましたので、久しぶりにコンサートに足を運んでみたくなりました。

2006/12/23(土) 午前 10:59 [ dosanko*5*4 ]

顔アイコン

佐賀にようこそでした。 お疲れ様でした。 また是非いらしてくださいませ。 佐賀牛、呼子のイカ、こしひかりがおまちしております(なんのこっちゃ)

2006/12/26(火) 午後 2:29 [ Henry ]

開く トラックバック(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事