もぐら

昭和レトロに思いをよせ・・ 古き良き時代を振り返り・・

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2


千葉県の古豪、千葉商業を中退し、1962年(昭和37年)に大洋ホエールズに入団。
2年間は芽が出ず、一時は整理対象選手になりかかるも、183cm 87kgという恵まれた体格から投げ込む重い速球に目を付けた別所毅彦(当時コーチ)に見いだされ、1964年(昭和39年)に一軍デビュー。
38試合に登板し、34先発 17勝 11敗 154奪三振 防御率2.77 という好成績を挙げ、新人王を獲得した幸運の投手が高橋重行です。

まだバッティングマシーンが開発されていない当時は、速球こそが最大の武器であり、速球投手の場合、球種は2〜3種もあれば十分。 
高橋も例外ではなく、武器も縦割れのカーブとシュートのみ。 それでいて2年目は59試合に登板し、21勝 17敗 173奪三振 防御率2.40 と、時代によってはタイトル総ナメといった数字を残すのですから、いかに凄い投手だったかわかります。

この頃の大洋は、プロとは名ばかりの選手も多く、弱小球団ゆえに好投しても勝ち星に恵まれない投手が多々いました。 そのような中、1967年にも12勝 9敗 防御率2.74 と活躍。 更に翌1968年も12勝を挙げ、大洋の主力投手としての地位を築きます。 (68年は15敗していますが、防御率は3.70と合格点であり、大洋打線や守備の弱さが負け越した原因かと思われます。)

残念だったのが、一軍デビューを果たした1964年〜1968年の5年間において、4回もシーズン200イニング以上を投げ、先発・中継ぎ・抑え と酷使を受けた事。
結果、1969年(昭和44年)以降は球威に欠けるようになり、並の投手として1980年まで現役を続行。 
引退後は阪神キラーだった事から、情報を漏らしたくない阪神がコーチとして採用。 1985年(昭和60年)の日本一にも貢献しました。

2010年、心不全を起こし64歳の若さで永眠。 プロ野球選手に短命者が多い(死因の多くは心不全等の内臓疾患)のは、若き日に無理をし過ぎているからだという声もある程です。

 = 通算成績 =
 121勝  135敗  0ホールド  8セーブ  1363奪三振  防御率3.41
 新人王

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事