趣味の玉手箱パート1

水分・栄養補給と休養をとり熱中症にならないように注意しましょう!

全体表示

[ リスト ]

オペラ「椿姫」

2015年9月4日(金)19時〜21時46分
東劇
METライブビューイングアンコール:オペラ「椿姫」
19世紀半ばのパリ。高級娼婦のヴィオレッタは、パトロンのお金で贅沢な暮らしを楽しんでいるが、自堕落な生活がたたって結核を病んでいた。田舎出の青年アルフレードは、そんな彼女に一途な愛を捧げ、夜の世界から足を洗うよう口説く。情熱に負け、アルフレードと愛の生活に入るヴィオレッタ。だが息子が娼婦に騙されていると思いこんだアルフレードの父ジェルモンは、黙って身を引くようヴィオレッタに迫るのだった・・・。
「オペラで泣ける」をはじめて可能にした作品。《椿姫》を一言で表せばそうなる。「声」の美学が優先されていた19世紀のイタリア・オペラを、歌とドラマがひとつになった劇的オペラへと導いたヴェルディが、美しい旋律で人物の感情やドラマをくまなくとらえた名作中の名作だ。ヒロインの悲しい運命に寄り添うカタルシスを味わわせてくれるのは、現代最高の歌う女優、N.デセイ。天下の名作に、不世出の歌手。映画館に、ハンカチを。

指揮:ファビオ・ルイージ 
演出:ヴィリー・デッカー
出演:ナタリー・デセイ
        マシュー・ポレンザーニ
        ディミトリ・ホヴォロストフスキー

先行映像


ジョージ・キューカーが監督、グレタ・ガルボロバート・テイラーが主演した映画の「椿姫」は素晴らしかった。オペラではどうかと思って見てきた次第だが、正直期待が大きすぎてややがっかり。ナタリー・デセイの歌など素晴らしかったが、ストーリーは映画の方がはるかによかった。背景はツバキ一色でそれなりに工夫が凝らされていた。。全体的に地味な印象お受けた。生の舞台さながらに、映画館の観客から拍手とブラボーの歓声があったが、これはMETオペラで初めて。







この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事