趣味の玉手箱パート1

体調を崩さぬようにお過ごしください

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

村田製作所(6981)4-12月40%増益、車載電子部品が伸びる
 電子部品大手では日本電産など19年3月期の業績予想の下方修正が相次いでいる。こうした中で業績予想を維持できたのは高級スマホの売れ行きを保守的に見るなどもともと慎重な予想だったうえ、受注残高がつみあがっているため。


日東電工(6988)の2019年3月期の連結純利益が前期比16%減の730憶円になる見通し。
2/1の終値:前日比149円安の5991円。


東京エレクトロン(8035)の2/1終値:15405円(前日比230円安)
2018年4-12月期の連結決算は純利益が40%増と好調。
だが、米中貿易摩擦を背景にした中国の半導体投資の減速懸念が広がる。先行きは懸念。

ファナック(6954)
     売上高  経常益 利益 1株利益 
17.4-12  5359  185618 136314 703.2
18.4-12  4961  150537 128751 664.2 

19.3予定 6269  164000 141900  732.1
ファナックの収益環境が厳しさを増している。
31日に発表した2018年10-12月期の連結営業利益が357億円と42%減った。
FA(工場自動化)関連は国内では堅調だが、中国企業からの受注が急減。売上高の約2割を占める中国の回復時期は依然見通せず、20年3月期も低い利益水準が続くとの懸念が高まっている。
  (日経新聞2月1日の朝刊)


2/1株価  16725円(前日比1305円高)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事