全体表示

[ リスト ]

その9 持田屋旅館

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

出雲の宿泊地は持田屋旅館である。
ここをインターネットで見つけて、山陰旅行が確定したといっても言い過ぎではない。

素泊まり、アウトバス・トイレは当たり前だが
それにしても二人で一泊4000円というのは、安すぎである。
エッセでのくるまたびをしてから、
格安宿を利用してきているので狭い古い汚いは承知の上のこと、
どんなところかと期待して楽しんでいる。

辿り着たいた持田屋旅館は古かった。
もう30年以上前に常宿としていた長野は白馬のスキー民宿に似ていた。

部屋和室で襖でとなりと仕切られているだけ。
建具も古い。しかし部屋に入って関心したことがあった。古いけど掃除が行き届いているのだ。
部屋のすみにはありがちなゴミがないのである。かび臭いにおいもない。
シーツや枕カバーは清潔である。また今年の夏の暑さは異常である。
しかし部屋にはエアコンがあるので、寝付けないことはない。
古い上、設備が整っていなく、隣の客ともプライバシーが守られないが、

こういうのが、いやでない人にとっては最良な旅館である。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事