Club SKRAM 〜もはねの小部屋〜

ブログしっこしの前に、せめてコメント9900件は達成したい・・・

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

こちら、中央快速線のE233系です。
101系や201系の初投入線区が中央快速線であるのは皆さんもよくご存じのことかと思いますけど、E233系もまた、初投入が中央快速線だというのも皆さんの知るところだったりします。

最近になって、中央快速線に変化が訪れようとしています。
まず 「グリーン車を連結する」 ということ。
一部に大月行きがあるものの、基本的には東京−高尾間50km少々の通勤路線である中央線快速に何故グリーン車? と今もなお、疑念が湧き起こるのですが、それで常磐線緩行で活躍していた209系1000番代が中央線にコンバートされたんですよね。でも、グリーン車だけでは済まず、ついには 「トイレも付けろ」 と言ってるらしいじゃないですか。ここまで来ると 「我が儘」 としか言い様がないのですが、今更の結果論でしか無いことを承知の上で論じるのですが・・・

イメージ 2

何故、最初から 「近郊タイプ」 を投入しようと思わなかったのか? ということです。
勿論、E233系は最初から 「近郊タイプ」 があったわけではなく、後々、東海道線や宇都宮・高崎線に投入の際に、必要に迫られてボックスシート・トイレ付きやグリーン車といった 「近郊タイプ」 をラインナップに組み込んだわけですけど、あらためて申しますれば、中央快速線にグリーン車は要らないでしょう。

そしたら、京浜東北線の利用者や総武線の利用者だって黙ってないでしょう。でも、京浜東北線には東海道線や宇都宮・高崎線が、総武線には同快速がありますから、そう簡単には話は進みません。でも、中央線快速にはそういった、上野東京ラインや総武線快速に相当する列車が無いので、この話 (グリーン車やトイレ) が浮上したのでしょうね。
「タラレバ」 ですけどもし、今でも中央東線の都心乗り入れがあったとしたら、E231系やE233系の近郊タイプが投入されて、それこそグリーン車やトイレ付き車両が快速用車両とは別に投入されたんでしょうし、黄色い総武線直通車との兼ね合いからグリーン車連結やトイレ取り付けが浮上したとも考えられますけど、だったら余計に 「最初から 「近郊タイプ」 で製造せいっ!」 と言いたくなりますよね。

妙な 「ムダ」 が気になる昨今のJR東日本だったりします・・・。

閉じる コメント(2)[NEW]

顔アイコン

JR東日本のHPを見ますと、常磐線等にグリーン車が導入された時、「着席サービス」と謳っていましたが、570円〜1240円を徴収し、普通車を二両減らして大半をロングシート化したどこがサービスなのかと関西人の私は思ってしまいます。

もちろん京阪神と首都圏の交通事情は全く異なり、比較は出来ませんが、普通車の混雑を醸し出し、定期券との併用を可能にした事で多くのグリーン車利用客を取り込み、増収につなげたJR東伊日本の経営手法には脱帽しますが・・・

中央線は幸いにして増結により、グリーン車を連結するようですが、早朝深夜は緩行線を走る事や青梅線の有効長や付属編成の扱い等どうするのか、気になるところです。

2019/6/16(日) 午前 9:33 [ かっちゃん ] 返信する

顔アイコン

私は中央線にはグリーン車は必要ないと思っているクチですが、ただでさえ、朝のラッシュ時には2分少々の運転間隔で、乗降時間に手間取り、遅延の温床にならないか、そっちが心配です。

2019/6/16(日) 午前 11:15 [ 茂羽寝 五八三 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事