全体表示

[ リスト ]

今日は勝間和代氏と山田真哉氏のお金セミナーに参加してきました。
170人の募集に1700人程の応募があったとの事です。
なんてラッキーなんでしょうね。
最近、就活してて思うのですが、ラッキーが多いです。

今回は光文社主催ですので、お二人が光文社から出している以下の書籍の販売も行っておりました(発行部数はうろ覚えです)。「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?(100万部以上?)」「食い逃げされてもバイトは雇うな(35万部)」「食い逃げされてもバイトは雇うななんて大間違い(?部)」「お金は銀行に預けるな(32万部)」の4冊。山田氏はサイン会も開いてくれました。山田氏の著書には少し興味があったので、せっかくだから購入してみました。目次をみて「食い逃げされてもバイトは雇うな」を選び、サイン&握手してくださいました。「生物やってるのに会計に興味があるなんて、素晴らしいですね」と誉められてしまいました。少し嬉しかったです(笑)。著者の人柄に触れる機会というのは貴重ですね。下にも書きますが、著作では見えてこなかった人間性や人柄を感じる事が出来、著作への印象も大きく変わります。読者が本を読む時点で、既に著作は著者の手元から読者へと移り、無意識のうちに読者が自分なりのバイアスを持って本を読み、内容を自分流の解釈で受け入れてしまうものなのでしょうね(良いも悪いも)。

それにしても本当に楽しいセミナーでした。
いわれた事を早速実行しなければ、と強く感じました。

以下、セミナーの内容のメモです。
自分の為にとったメモなので、読んでもわけ判んないかもしれません(笑)。

聴衆における、二人の著作を読んでいる人のだいたいの割合
「さおだけ」:50%、「食い逃げ(上)」:20%、「食い逃げ(下)」10%、「お金を銀行に」:30%、4冊全部:3%

金融はコミュニケーション:お金=感謝の表れ

銀行にお金を預けるな。銀行だって潰れるリスクがある。
資産運用:自分のお金を自分でコントロールする事

年金は最低限の生活費程度しか見込めない。
それまでに資産を作っておく事が大切。

長時間労働したら儲かるというものではない
長時間労働を強いる会社=もうかっていない会社

山田氏:現在は「工業化」の時代から「情報化」の時代への過渡期。
(シフトしきっていないという考えは意外だったが、その根拠は「石油等の地下資源に頼っているから」との事。納得。)
工業化社会の「効率化」「計画」という概念は廃れ、モノが溢れ、モノに付加価値を与える「広告」が中心になってくる。

近年の統計分析の発展により、リスクを予測する事が可能になった。
リスク=分散の大きさ
今後は、リスクを自分で管理する事が大事

リスクは自分の直感である程度予想する事が出来る。
例えば、為替相場の上下変動の場合、海外へ行った際に感じる物価の格差分を是正する様に、為替が長期的に変動する事が予想される。

エネルギー保存の法則は情報にも当てはまる。
インプットした分だけアウトプットできる。
アイデアの量もインプットした情報量に依存する。
勘=無意識のアウトプット

短期間で金が倍に成る方法はない。(あったとしても、ハイリスク)
そういった成功体験は、大抵まぐれ。真に受けすぎない事。
『まぐれ』は名著
本当の金持ちとは、常に一定の収入があり、長期的に見て収入が大きい人のことを指す。

環境が人を創る。
稼げない所にいても稼ぐ事は出来ない。

勝間氏:次は消費の仕方に関する本を書きたい
Chabo ( charity book program )
今年の4月から始動するプロジェクト
ロイヤルティの20%を発展途上国の支援に充てる

お金は自由度を上げてくれる
お金=感謝 → 恩を売ればお金になって返ってくる( GIve5乗の法則 )

成功本の共通点
 利他:相手の利益があって、リターンが生まれる
 行動力:実行した人が成功する。動かない人間にチャンスはこない。

行動のサイクルが早い方が良い。失敗のリカバリーチャンスも増える。

勝間氏の2つの重要ポイント
1)三毒追放運動 (おこらない、ねたまない、ぐちらない)
2)セレンディピティ(偶然の中で全力を尽くし、必然にする/必然になる)

質問コーナー
Q:情報収集方法は?
山田氏:特になし。但し、読み取り方が違う。例えば、お笑いは世相の逆を示唆する。
勝間氏:人との会話がメイン(ランチやディナー)。人の体験談、ブログから考え方や習慣を学ぶ。その会話の前提となる知識、基本情報となる知識を仕入れるための読書。
(山田氏によると、ドラッガーも同じ事を言っていたとの事)

Q:20代でやっておくことは?
勝間氏:リスクを選択する習慣を身に付ける事。迷ったらリスクの高い方を選択する。失敗したら失敗から学ぶ。若いうちはやり直しがきく。
山田氏:極端な事は若いうちしか出来ない。極端な事をした方が、人間の幅が広がる。

Q:今の成功に繋がる失敗談は?
勝間氏:失敗だらけ。すべて、仕組みを知らないでお金を払っていた事が原因で、お金を損した(生命保険、車etc)。お金を払う時はよーーく勉強すべき。失敗は大切。重要な事は、次の手を打ち、実行する事。

Q:質の高いスーツを買うべきか、身の丈にあった安いスーツを買うべきか?
山田氏:自分にとってスーツが資産(残るもの)なのか、費用(消耗品)なのか考える。前者なら高級品を購入しても良いし、後者なら安い物でも構わない。
勝間氏:費用と維持費を使用頻度で割って、スーツが1日あたり何円の価値になるか算出する。それが妥当だと思えば購入すれば良い。

Q:最大の転機は?
勝間氏:出産。マネジメントの必要性に迫られた。
山田氏:阪神大震災。家全壊。人のもろさ、強さを知った。人を見る目が変わった。外観に惑わされない様に気をつけるようになった。

Q:メンターとの出会いは?
勝間氏:メンターは神格化してはいけない。メンターは色んな人のハイブリッド
山田氏:予備校の社長と糸井重里氏。哲学的な人。普通の事に対して常に疑問を抱く。視点が違う。

Q:30歳になってやっておくことは?
山田氏:30歳で人生を固める必要はない。自分が培ってきた物を、世の中の変化に併せて変化させ、進化させ続けるべき。
勝間氏:体力作り。体力がなく、生活習慣の悪い人は35歳から生産性が落ちる。体力作りを最優先事項に掲げ、そこから仕事時間を逆算する。35歳を超えてからトレーニングを開始しても手遅れ。体力=集中力、集中力=成果
山田氏:仕事の成果のミラミッドは、下から順に、体力、やる気、能力。

Q:最後に
勝間氏:1)利他、三毒追放運動、2)金=感謝。金を好きになれ、3)体力作り
山田氏:1)既存概念に捕われない、2)周囲に左右されない、3)人の話を素直に聞く。
山田氏:NHK (BS?) 日曜8:00am- テレビの司会やってる。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

はじめまして!

セミナーメモ、とてもタメになりました!
ありがとうございます!!

メモだけでもこんなに強いメッセージを受け取れるんだから、
実際に聞いたって事は、もっと吸収できたんでしょうね☆

2010/5/26(水) 午後 0:36 [ ちえもん ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事