ここから本文です
日々の徒然
毎日が奇跡の連続!

書庫全体表示

記事検索
検索

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

簡単な開運方法

パワースポットに出かけたり、

パワーグッズを身につけたりせずとも

簡単に開運する方法があります。

胸を開くことです。

腕を広げて胸を開くだけです。

簡単でしょ?

この記事に

開くトラックバック(0)

不調には原因があります。

その原因を解析することで不調に振り回されることがなくなります。

いつもの自分と何かが違う。

ささいなことで気分が落ち込む(思い当たる原因がないのに気分が落ち込む)。

不安がつのる。

将来のことが心配でならない。

イライラしてどうにもならない。

…などなど、不調が少しでも自覚された時は様々な観点で解析することをオススメします。

①時間の観点
・暇過ぎる
人間は暇になるとロクなことを考えません。
暇すぎる場合、不安や心配がつのることがあります。
意識して忙しくすることもときには有効です。

・忙し過ぎる
忙し過ぎたり、焦ったりする状況が続くと
体からSOSが出るのは自然なことです。
意識してゆっくりする時間を作る必要があります。
例えば、マッサージやエステを受けるのも有効です。

②中医学の観点
体質診断で体質チェックをして、何が問題なのかを知ることは有効です。
女性は生理・妊娠・出産・授乳などから「血虚・気虚」になりやすいのです。
その状態が続くと、感情面でのトラブルが噴出するケースをたくさん見てきました。

③ホルモンバランスの観点
生理前・排卵前は特に不調になる傾向があります。
生理日・排卵日を知ることにより、
「今の不調はホルモンバランスの乱れが原因なんだ」と気づくことができます。
不調の原因が分かると冷静になれたりします。

④ストレスの観点
ストレスの影響はだいたい三カ月遅れでやってきます。
「今」の状態は三カ月前のストレスの影響が反映しています。
三カ月前に何があったっけ?と考えるだけでも、不調にとらわれることがなくなります。
「あの出来事(ストレス要因)があったから、今は不調なんだ」と気づくだけでいいのです。
そして「今」のストレスが三カ月後に影響します。
程よいストレスがいいですね!

⑤霊的な観点
経験上、むやみやたらに気分が落ち込む場合、生霊にとりつかれているケースが少なくありませんでした。
生霊の相手が分かっている場合は、連絡をとってみるのもアリです。
誤解があって、それが原因で生霊となっている場合は誤解を解くことが有効です。
ただの嫉妬の場合はなかなか厳しい。
相手が他に関心を向けない限りはしんどい状態が続きます。
が、生霊と分かれば、それにとらわれないように意識することも重要です。
自分の意識レベル・人間性を高めれば生霊の影響が消えるでしょう。
とはいえ、生きている人間が一番恐ろしいので、誰にでもできる
「生霊払い」ノウハウを開発中です。

⑥ノイズの観点
生きていれば、様々なノイズの影響を受けます。
ノイズとは騒音・悪臭・疲労・憑依・人間関係などなど多岐にわたるネガティブエネルギーのことです。
慢性的にノイズの影響を脳が強く受けていると、
認知症などの脳機能障害や脳疾患などの発生リスクと相関が高い印象です。
自分なりの浄化法を見つけ、浄化を徹底することでノイズの影響をチャラにすることができます。

⑦医療の観点
何をやっても不調が続く場合は、重篤な病気が隠れている場合もあります。
病院に行って医師の診察を受けることをオススメします。
検査をして何の問題もなければ、安心できます。
病名がはっきりすれば、あとは治療するだけなので、それも安心材料の一つになります。

他にもいろいろな観点があります。
不調に限らず、起こった現象やあらゆる関係性などをメタ認知的に
解析・分析することが癖づけられていくと、いろんなことが見えてきて
面白くなってきます。

この記事に

開くトラックバック(0)

覚醒前が面白い

年末年始は映画を観る絶好のチャンス。

何度見ても飽きないマトリックスをセレクト。

私にとっての一番の見どころは

ネオが覚醒するプロセスと、覚醒直後。

ネオに限らず、人間はチャンスとその気があれば覚醒する。

覚醒するまでの過程と覚醒した時、覚醒からしばらくの間に

ご一緒させていただいたことが何度もある。

この期間のわくわくったらありゃしない。

で、覚醒状態に慣れると、わくわくは急激に減少。

それはマトリックスの三部作を観ていても同じだった。

覚醒するプロセスを味わって! 楽しんで!

その後は「それが当たり前」になってしまうんだもん。

この記事に

開くトラックバック(0)

もう18歳になる娘は小さい頃、本当によく泣きました。

大泣きして発散しているようでした。

小さな体には収まり切らないほどのエネルギーでパンパンだったのかもしれません。

娘、4歳の頃かなぁ…

その日もなんか気に入らないことがあったのでしょう。

娘は大泣きしながら、

「お父さんとお母さんの子供でいられるのは今しかない。

生まれ変わったら、会えないことも分かってる。

でも、イライラしちゃうんだよー」

そっか…生まれ変わったら会えないのかぁ。

残念だけど、しょうがない。

生まれ変わりがあったとしても今の自分でいられるのは今だけ。

生まれ変わって会えたとしても、過去性の記憶がないから、

感動的な再会!とはならない。

やっぱり、今の私として精一杯生きるしかないのよね。

肉体が滅んでも魂は続く…理屈では分かるんだけど、

感情では、「それがなにか?」って感じだなぁ。

「今の私」と「今のあなた」の関係は肉体があるうちの関係なんだよね。

肉体から離れたら、すべてが統合しているんだと気づくんだろうね。

でも、そんなこと誰も証明できない。

やっぱり、そーゆーこともあるみたいだけど、地に足つけて肉体をもった

人間として、ベストを尽くすしかないんだな。

この記事に

開くトラックバック(0)

人は人についつい期待してしまう。

それは悪いことではなく、自然なことなのかもしれない。

でも、期待をして、その期待に応えてもらえられないときに

裏切られたと反応してしまう。

結果、大きなストレスを抱え、被害者意識を増大させることになる。

最初から誰にも期待しないと変なストレスは発生しない。

期待するくらいなら、言葉にして依頼をすればいい。

例えば、

疲れているので、休ませてください。

とても忙しいので、手伝ってください。

すごく悲しいので、慰めてください。

とか。

共感力の高い人は期待以上の反応をしてくれる。

だからこそ、共感力が高い人が集団の中に多ければ多いほど、円満な集団となる。

人に期待をしないで、共感力を高めたら多くの人間関係の問題はなくなるだろう。

この記事に

開くトラックバック(0)

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事